ちょっと気になっていたパイナップルハウスに行ってみた

Share on TumblrShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

表参道にできた隈研吾設計のパイナップルハウス、建築しているときから前を通る度に気になっていた。

これ。
出来てから訪れてみたけれどオープン前で入れず。
オープンして1週間、遅ればせながら 再挑戦。

台湾のパイナップルケーキ屋さん Sunny Hills.
漢字にすると微熱山丘。
太陽どこ行った。

入って階段を上がると席に案内してくれて、お茶とお店の旗艦商品パイナップルケーキを出してくれる。

カフェのつもりで行ったのだけれど、これは試食。
お茶のおかわりも勧めて頂ながらゆっくり座ってケーキ食べる。
レジもあって、そこで5個入りか10個入りの箱を購入することも出来る。
1つ300円。
商品はこれだけ。

店内もモザイク。

レジのお客向けUIがiPad miniのWebアプリ。
アドレスバーがばっちり見えてるSafari上で動いているのが男らしい。
半角数字のフォントがちょっとカッコ良かったので「フォントかっこいいですね」といったら苦笑されました。平凡なフォントだったのかなぁ。

着席での試食付けて1つ300円のケーキを売ってこの表参道にこの建物が建つんだから、不思議だなぁ、と思いました。

Share on TumblrShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

Comments

comments