刀鍛冶

Share on TumblrShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

受託といっても、企画から入っていくお仕事を多くいただいて、UIデザインしたりシステム実装したり運用・運営をお手伝いしたり。
昔からやっている会社も、新しい会社も。

作っているのはシステムやツールなのでそれ単体では成立せず。
お客さんやユーザがそれをどう使うか考えて作るのが楽しくて大変。
ツールが目立つことや使うテクノロジが新しいことはそのための多数の検討項目の1つ。

私が刀鍛冶だと考えると。
私が作りたい(作るべき)と考えているのは
・会う人会う人に見せびらかしたい純金製のカタナ
・ロールプレイングゲームのポスターに出てくる、”どうやってこれで戦うの/切るの”と思うようなデコデコカタナ
ではなく
・その人の体や戦況に合った、その人の身を守りスマートに戦うためのカタナ
なのだろう。

当然、お客さんにも「あなたが必要としているのは金のカタナですか、それともいつも脇差しに差しておけるカタナですか」
と聞いて理解してもらわなければならない。

と、昨夜コーディングしながら考えつつ、比喩が解りづらいので適切な比喩を募集します。
ときめくものがあったら明日から使わせていただきます。

Share on TumblrShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

Comments

comments