Amazonのレビューの名寄せがひどい

Share on TumblrShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

青空文庫POD

をAmazonで眺めていて、いくつかおかしなレビューがついているのに気付いた。
先週発売したばかり(そしてなぜか予約中の物ばかり)なのに、レビューが2桁付いているような物がたくさん。

斜陽 (青空文庫POD(大活字版)) [オンデマンド (ペーパーバック)] 太宰治
Amazon_co_jp:_斜陽__青空文庫POD_大活字版____太宰治__本
何年も前のレビューも含まれている。

そしてフォーマットを見ていると、いろいろと。
Amazon_co_jp:_斜陽__青空文庫POD_大活字版____太宰治__本-2

単行本は駝社という別の出版社の、文庫は角川文庫にリンク。
Screen_Shot_2014-03-02_at_17_39_56-2

Screen_Shot_2014-03-02_at_17_39_58-2

オーディオは「アイ文庫」なる朗読。
Screen_Shot_2014-03-02_at_17_43_15-2

これ全部が評価が混ざってしまっている。

商品によってはフォーマットに列挙されないマンガ(タイトルは同じ)のレビューも混ざってる。
といって、各社の文庫本が全て網羅されているわけでもなく。

どこまで意図的なのかは分からないけれど、かなりぐちゃぐちゃ。
もはやレビューが全く意味がない。

楽天は小さなお店の集まるショッピングモールだから商品名寄せできない
amazonは何でも売っている大きなストアなので名寄せできる、というのは古典的に言われてきたけれど、全然そういうことではないようだ。

Share on TumblrShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

Comments

comments