tenori-on advance

先日のtenori-onイベントで話していたらtenori-onのadvance モードが意外に知られていないようなので、ご紹介。
tenori-on、L1とL5ボタンを押しながら起動するとadvanceモードに入る。
起動時のディスプレイにも advance ?の文字が。
tenori-on advanced
何が出来るかというと、各レイヤのモードを自由に設定できる。
つまり
1-7 Scoreモード、8-11 randomモード、12-13 drawモード・・・
となってるデフォルトを変更できる。
メニューの layerに Mode という設定が増えている。
tenori-on advanced
ここで、レイヤごとにモードを設定することができる
tenori-on advanced
全レイヤrandomモードにするとか、bounceモードをダブらせるとかも出来るように。
全部randomモードで操作していると全然カウントできなくなって不思議な気分になる。
いわゆる一つの裏モード、というやつかな。
wikipediaに書いてあるくらいなのでここに書いても問題ないだろう、と。
ただ、楽器の制約を外してしまうのも善し悪しなので自己責任でどうぞ。
advanceにした機体を戻す方法はわからない。
ちなみに、wikipediaには他の起動オプションも沢山のってる。

Read More

中秋の名月と低音と

先々週tenori-onを弾いていたら「bmはここのところずっとtenori-onばっかりでBass弾かなくなったよね」といわれてドキッとした。
いわれてみれば確かに。
鳴らしたい音と自分の技術とがひどく乖離するBassより、コンポーズに神経を割けるtenori-onについてが伸びる。
コンポーズといっても、無神経のうちにtenori-onの絵を思い浮かべてその制約にのって考えている。
おしりに強引に32分を押し込む、みたいなことは全く考えない。
ここのところ低空飛行なのとのとあほみたいに仕事が降ってきて仕事に飽きてきたので久しぶりにBassに手を伸ばす。
Bassをちゃんと弾くのはPefumeのコピーバンドの最後の練習以来、半年近くぶり。
やっぱり手が全然動かない。開放弦をきれいに鳴らせない。
中指でのpullが引っかかる。
そして指がつる。
何とか3時間くらい練習して少し暖まったら、アンプと一緒に近くの公園へ。
空には中秋の満月。
perfumeとビートルズ(メロディ)とファンクベースと。曲のレパートリーがめちゃくちゃだ。
ほとんど誰も聞いてないが、やっぱり野外で弾くと気持ちいい。
とはいえだいぶ練習不足だ。
明日のストリートはtenori-onオンリーにしよう。
惜しむらくは、新宿は明るくていまいち満月がきれいでないこと。
夜くらい暗くなればいいのに。

Read More

tenori-on duo

2日の渋谷 はすとばら でのイベント playtime2008 では、友達と2人でtenori-onをプレイ。
playtime2008_tenori-on.jpg
写真はPhotoShareより拝借。(てのりおーん – Big Canvas PhotoShare)
iPhoneのカメラ、特に暗いところで画質はヒドイが、PhotoShareとの組み合わせたときのこういう機動力は現在最強。
30分の演奏、ちょっと中だるみ感が出てしまったので考えねば。
実はKaossPad KP3も持っていたのだけれど、電源を忘れて(すっかりバッテリ駆動だと勘違いしてた)ナシでやったのも反省点。
プレイ後には「2人じゃ寂しいね、次回は3人で」と言葉を頂いたのでもう一人、募集。
あーちゃんの立ち位置をあけて待ってます。
活動範囲は大体都内。
もしくはさらに一人ついかしてtenori-on版Kraftwerk を目指すのも面白い。
無表情の練習せねば。
20日はtenori-onライブのハシゴなのでそこまでまた練習。

Read More

playtime 2008 (12/2)

いきなり明日のイベントの告知を。
去年もやったplaytime、今年もやります。
12/2 20:00から2:00まで。
場所は渋谷の「はすとばら」。
DJありVJありチンドンんどパフォーマンスありのゆったりしたイベントです。
ゆっくりとおしゃべりできる雰囲気で。
VJは光学姉妹。
bmはtenori-onと CG-8持って参加します。
今回は友達のtenori-onプレイヤーと連弾(?)します。
平日の夜なのですが、ご都合のつく方、ちょっと早めの忘年会に是非どうぞ。
フライヤーのデータが来たら、アップデートします。
追記:
詳細が来たのでアップ。
……………………………………………………
CCA Kitakyusyu presents
PLAY TIME 2008
2008年12月2日(火)20:00〜02:00
@渋谷はすとばら
http://hasutobara.exblog.jp/i8/
03-3436-5240
渋谷区道玄坂1-16-8 常磐ビル2F
(渋谷駅南口東急プラザから、246を池尻大橋方面へ坂を登っていきます。
右手にカラオケ歌広場やampmなどをみながら進み、坂を上がり切ると、
ESP/エムアイ・ジャパンという音楽専門学校の赤い看板が見えてきます。
その先のビルの2階です。)
entrance FREE !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
……………………………………………………
VJs :
光学姉妹
http://www.opticalsisters.com/ver4.html
VJ CYCLE
http://www.geocities.jp/vj_cycle/
bm
DJs :
T-AK (HOSPITAL RECORDS)
http://www.myspace.com/takfso
manatsu*i
double.r
…and more
LIVE performance :
USAGIYA(chin-don)
http://chindon-usagiya.com/
bm(tenori-on)
…and more
……………………………………………………

Read More

マチボウケ

今日はミーティング2つ連続でキャンセル。
19:00に代官山のカフェのイベントの下見を頼まれるも、依頼者が現れず。
30分くらい待って寒いので退散。
次のミーティングが正確な時間と場所がわからないのでカフェで待機していたら22時過ぎに終了したという連絡が。
うーむ、ツイてない。
3時間、延々とDS-10を2台並べて遊んでいた。
というときに
STD1_F8Z274.jpg
Belkin : RockStar for iPod and MP3 Players
が便利。
6つ口があって、入力と出力を自由に組み合わせられる。
tenori-onのストリートライブの時にtenori-onやkaossilator、共演する人の音源をアンプに繋ぐのに使っているのだけれど、2台のDSの出力をヘッドホンにマージするのにもつかえる。
DSi、なんだかんだ叩かれているけど結構バッテリ持つ。
十分実用に耐えると思う。
クラブで一晩まるまる演奏、とか言うのにはつらいけど。
今日も夕方、渋谷の公園でtenori-onを弾いていたのだけれどこれで今年の屋外演奏は最後にします。
寒くて指が動かない。
取りあえず今から帰ります。

Read More

tenori-ons++

日曜日の夕方、代々木公園でtenori-onを演奏してきた。
というのはいつものことなのだけれど、今回はゲストも。
tenori-on_081019_1.jpg
もう一人テノリオン。そして
tenori-on_081019_2.jpg
パーカッション。
見づらいけれど、コンガとカホンです。
最近ちょこちょこと一緒に活動しているサウンドクリエータの友達と、中学の同級生。
どう考えても繋がらない2人が会わせてみたら実は共演暦があった、という不思議な縁。
なかなか人様のtenori-on演奏を見るという機会が少ないので参考に。
もう一人のtenori-onはさすがサウンドクリエイタ、というかんじで効果音に近い音をどんどん作っていく。そうか、ゲームのサウンドってこうやって作っているんだ、とマニアックな世界を垣間見ることが出来た。エフェクトや波形いじりまくって作っている(デザインしている)のかと思いきや、割と単純な組み合わせと極端に振ってみることで面白い音が産まれたりして面白い。
それがtenori-onの上で可視化されていく、というのも。
アコースティックと会わせる難しさについても考える。
誰がリズムキーブするんだとかどう絡んでいくんだとか難しい。
tenori-onのサウンドに合うパーカッションというのは考えるべき所だ。
tenori-on側でどの音を抜くかとか、試行錯誤必要。
渋谷でやっていて面白いのは、ちょっと怖いめだったるチャライ見た目でいつもだったら絶対話さないような人が食いついてきてくれること。そしてそのうちの何人かは結構この辺の知識がかなりあって話が合う。彼らは実はダンサーだったりイベンターだったりすることもあって繋がっていったりする。
単純に、いきなり踊り出す人もラップを歌い出す人もいて楽しい。
こういう人は、tenori-onよりKAOSSILATORの方が食いつきがいいが。
「これ、テノリオンですよね」と声をかけてきてくれた人がプロでtenori-on弾いている人だったりチョット面白い出来事もあった。

Read More

晴天すら信用できない

基本的に性善説、人は極限まで信用するポリシーで生きているつもりだけれど昨今は晴天すら信用できない。
晴れているのに直後に見たこともない土砂降りに。
バイク生活者にはツライ。
一端停めてレインギア来ている間にずぶ濡れ。
というわけで
rainy_tenori-on.jpg
今日もライブ出来ず。
写真に写ってないkaossilatorも出る幕無し。

Read More

tenori-on アプリ on iPhone

そのうち作ろうと思っていたアプリ、iPhoneの開発環境にとまどっているうちにすっかり先を越されました。
PaklSound1: a music buttonpad / sequencer for iPhone/iPod Touch
PaklSound1.jpg
2日ほど遊んでみたところ、機能はかなり少く、シンプルながらなかなか良くできてる。
基本的な操作はtenori-onそのまま。
ドラム・ベースなどレイヤーごとに既に音が割り当ててあってtenori-onほど柔軟ではないがその分、後から迷子にならなくて良いかな。tenori-onの液晶に相当する部分がないから。
願わくば、現在アクティブなレイヤー番号だけでもどこかに書いてあると大分やりやすくなると思うのだけれど。
$1なので、iPhoneユーザは買ってみてください。
結構楽しいですよ。

Read More

ザッハーテノリオン

なんだかゲリラテノリオンライブ日記になっているけれど、いまだウイーンにて。

夜、ザッハトルテが産まれたウイーンの高級ホテルザッハー前にてストリート。
sacher_tenorion.jpg

23時すぎで人通りが少なかったのだけれど、前を通る人は「なんだコリャ」的にテノリオンに注目していた。
重ねすぎて光と音がリンクしているのが分かりづらかったようで、反省。

ちなみに、背中側も立派な建物。

sacher_tenorion2.jpg

昼間、ホテルザッハーのカフェにも行ったけれどものすごい甘そうで負ける危険を感じたのでザッハトルテを注文せず。サラダを食べました、とさ。

Read More