神前tenori-on

ウイーン、学会の合間に足で観光。
観光の合間に学会に行っているわけではない、たぶん。
それでも1日3万歩はあるいているかな。
見所はごく小さい範囲に集まっているので、足で充分回れる。地下鉄やトラムにのってもいいけれど。
ちなみに、こっちの鉄道系は事実上無料とのこと。
日が長くて夜9時くらいでも日本の17時過ぎくらい明るいので気がついたら深夜時間帯。
うらやましい。日本でもこれくらい日が長かったらもっと働けると思うのに。

日本では教会なんて足を踏み入れないところだけれど、こちらでいくつか訪問。
日曜日のミサにもちょっと参加してみたり。
手順がワカラナイので最後列にいたのだけれど。

教会は面白い形をした石造りの空間なので音の反響が独特。
パイプオルガンがよく響く様に設計されているのだろうけれど入ると足音からハコにコインを入れる音から全てがゆっくり反響していくので独特の雰囲気になる。「独特の雰囲気」が宗教的な効果を高めているんだなぁ。

とおもったので、ある教会で、英語の分かる教会の方にお願いして、tenori-onを演奏させてもらった。
tenorioninfrontofgot.jpg
(一応、クロスを取り入れてみつつ。)
これが楽器であることを説明するのは難しかったが理解して貰ったら面白い、とすんなりOKしてくれた。
単三電池4つで動く小さなアンプしか持っていなかったのだけれどこれでも充分なくらいよく響いた。

観光客も10人ほど集まってきて、ミニライブっぽくなりつつ。
教会だから誰も大きな声を出したりはしないもののtenori-onに見入っていた。
大人しい感じのママ終わるように80bpmを維持しつつ、15分くらいで終了。
tenori-onのデフォルトのサウンドphotonがぴったりあう。サウンドの減衰と教会の反響がうまく融合されてとても気持ちよい音色に。
丁度Xactiのバッテリが切れてしまっていたのが残念。

演奏が終わったら、プレイをOKしてくれた方(いまだに神父様なのか牧師様なのか普通のスタッフの方なのかわからず)も喜んでくれたようで一安心。
クラブなど以外にも、こういうところでもイベントやったらファン増えると思います。いかがでしょう? > YAMAHAさま
ポータブルのアンプ持ち込むだけでできるし。

その後、木陰でも演奏。
tenorionundertheviennatree.jpg
これでも20時過ぎ。明るい。
こっちはミニアンプでは音不足。
おばちゃんや子供達がぼけーっと眺めていた。

ちなみにこっちはVISAカードが弱い。
アメリカほどどこでもクレジットカードが使えるわけではない上にVISAがNGなところが多い。
マスターカード強し。
bmはvisaがメインなのだけれどそれをアテにして3万円分しかEuroにしなかったのが失敗。

Read More

tenori-ons

tenori-onではなくてtenori-ons、複数形ですよ。

日本リテラシーラボ創立者にしてショートカット同好会長の「しい」さんにお電話を頂いて急遽青山の笑々へ。
以前、うちらのパジャマパーティーにも来てくださったYAMAHAのtenori-on開発者の方がいらっしゃってbmのtenori-onと彼のtenori-onがコンニチハ。ついでに持って行ったKAOSSILATORもコンニチハ。
アンプスピーカを1つしか持って行かなかったので合奏、とまでは行かなかったけれどBPMあわせて2つ並んで光っている姿はやっぱり美しい。僅差でうちの子の方がさらに美しい(親バカ)。
そしてさわってもらうコーナー。

tenorions_warawara.jpg

と言う姿を初音ミクの父親が見守っている(写真では切れちゃってるけど)、という一幕でした。
ちゃんちゃん。

Read More

パジャマパーティー無事終了

以前のエントリで書いたパジャマパーティー@六本木SuperDeluxが昨日無事終了。
今回は浜田山の美容院kadu-arkスポンサード。
なのに約半年放置しているボサボサの髪で出て行ってしまうのは気にしない方向で。
そこの美容院お客さんが沢山いらっしゃったので、今回は19:00から24:00と時間は短かったのだけれどいつも会わない感じの人と沢山会えてたのしかった。日頃、そんなに洒落た感じの若い女性達としゃべることなんてほとんどないので。

bmは映像とテノリオンプレイが担当だったんだけれど両方いっぺんはやっぱり忙しい。
時々、映像が投げっぱなしになってしまったのが反省。
去年おこなわれた前回のこのパーティーのときより確実にテノリオンの知名度は上がっているようで、会場でも以前ほど「ナンダコレハ?」という感じではなく聞いてもらえたのとライブのあと、いろいろ声をかけてもらった。全階より少しはうまくなったの、わかってもらえたかなぁ。。
(一人に、「確実に買う!」と決心させたよ! YAMAHAの回し者ではないけれど。)

イベント終了間際に来ていた白人さんがテノリオンに反応したので触ってみます?と差し出したら、”私、テノリオンの音をつくってました。ドラム系はほとんど私がデザインしたんだよ”というサウンドクリエイタとも出会った。思わず握手してしまった。地道に活動していると面白い出会いもあるモノだ!後から聞いたら「テノリオンの演奏は何時からですか?」と電話で問い合わせてから来てくださったお客様もいたらしい。テノリオン、注目度高し。

前回は楽器をデスクにおいてまっすぐ上からDVカメラで写すようにしてプロジェクタに出したけれど今回は荷物が多すぎて書見台を持って行けなかったので三脚で固定したカメラにテノリオンを手を突き出すようにして写した。これの方がライブ感が出て良い。
上から写すとどうしてもメーカーのデモ映像・説明映像のようになってしまう。
手に持ってカメラに近づけたり遠ざけたり、回したりフォーカスをずらしたりしていろいろ遊んだ方が面白い絵になった、と思う。

パーティー中に誘われて、今日横浜のライブハウスにテノリオンで乗り込むつもりだったけれど荷物の搬出の時に痛めてしまった腰がどうにも治らず断念。現在、歩くのもへっぴり腰中。

パジャマで参加すると美容院のカット券がもらえたらしいのだけれどもらい忘れた。ザンネン。終わったときに、Kadu-arcの方にシャンプーセットを頂いた。

kaduark_shampoo.jpg
シャンプーとその後のコンディショナと頭を乾かしてから付けるコンディショナと、らしい。世の中の洗髪というのは3段階もあるのか。シャンプーで洗ってその後ドライアすらかけないでほっぽっておくbm、そんなに髪に気を遣ったことないよ。けど、折角だからやってみよう

superdeluxの階段に、こんな掲示が。
superdelux_guitarevent.jpg
今井和雄と灰野敬二がいっぺんに見られるのか!危険だなー。
ものすごい見たいけれどこの日(6/29)、日本にいない。ザンネン。

今回の反省としては、前日にはこのblogでリマインダをちゃんとする、ということ。
直前直後に話していたら、「わすれていた!」というひと多数。
失敗失敗。

Read More

プチ予告

今まで誰にも言わず地味に活動してきましたが、リクエストいただいているのでプチ予告。

明日、晴れたら、夕方から代々木公園のどこかのどかそうな所でテノリオン演奏します。
今回は中学の時の同級生のカホンと共演です。
以前はチョッパーベースとツインペダルバスドラムで遊んでいた2人ですがお互い、年取って落ち着きました。
あわせたことないのでどうなるかわかりません。

お互い、雨に弱い楽器なので雨降ったら躊躇なく延期の方向で。
・・・でも、雨降りそうなんだよなぁ。。

カホンってフラメンコのイメージが強いのでスペインの楽器だとばかり思っていたけれど、実はペルー発祥なんですね。
へー。

Read More

パジャマパーティー 再び

に行かれなかった皆様こんばんは。

というわけで5/17に六本木SuperDeluxeでイベントします。
気がついたらとっくに情報解禁してました。乗り遅れた。

コムスメ社長の経営日誌: 5/17(土)☆パーティやるで@六本木

rikomania嬢主催のパジャマパーティー、再び。
今回は美容室kadu-arkの店長さんの30歳のバースデイ・イベント。

パジャマパーティー20080517

パジャマパーティー20080517

今回は12時終了の完全健全イベント。
中身はあんまり健全ではないか。
bmは「VJとtenori-onのライブとあとなんか」をします。
ライブは飛び込み歓迎。
現在、CG-8とtenori-onを繋ぐ実験中。面白いネタが思いついたら、当日やってみます。

大画面プロジェクタでやりたいWiiのゲーム、何ですか?
やっぱり今だとマリオカート?

Read More

tenori-on 国内発売

すっかりタイミングを逃してしまったので、月が変わったタイミングで。

4/25に、tenori-on国内発売が発表。
TENORI-ON | ヤマハ株式会社

ラウンチイベント、招待していただいていたんだけれど直前に福井ロケが入ってしまって行かれず。残念すぎる。

これをみてるとたのしかったんだろうな。

価格が121000円、と。
私がイギリスから買ったときは送料別で15万弱だったから一般販売時に量産型になるともう少し値段が下がるのかなと思ったんだけど、相変わらず手作りのままでいく、ということなのかな。この楽器はそこら中にあるべき楽器でもないと思うので、その路線は良いのではないかと個人的に思う。

最近、人が少ないところで一人ぼそぼそとテノリオンのストリートライブしてます。
新宿周辺中心に。
わざと人がいないところ選んでいるわけではないんだけれど、あの楽器は暗いところでうつくしいので夜まぶしくないところを探すと自ずと人通りの少ないところになってしまう。
2bars、と名乗って(ウソ、名前は付けたけれど名乗るチャンス無し)気まぐれに。
名前の由来は使っている楽器tenori-onとkaossilatorがともに2小節しか演奏できない楽器なので、その2小節でそのミニマリズムを楽しむ、というそれだけのことです。
とはいえtenori-onは過去になく演奏する者と聞く者の会話を誘発する楽器のようで、時間の半分くらいは誰かとしゃべっているかもしれない。
ミキサーが4chあるので、将来的にはエレクトロプランクトンDS-10も参加させたい。
人手が足りないな。
アコースティック楽器とのジョイントも計画中。

「へたっぴ」と指摘されて以来このblogで映像を流すのをやめてしまったけれど、また復活させようか迷い中。

Read More

tenori-onでセッション

音楽系の仲間の家に行ってきた。

tenori-onに大きな興味を持っていたので、持参。
芸大の博士のピアニストとN天堂のサウンドクリエイタに軽く説明しながら渡す。

サウンドクリエイタ
「思ったより深い。欲しい。」

芸大博士
「黒鍵はーー?」

ということで、かなり違う反応。
もちろんもっといろいろ話したけれど、これがファーストコンタクト。

tenorion_maiakagi.jpg

その後、いろいろ話して、エレピとセッション。
聞いていた1名中約1名、睡魔に負ける。
空間系の音を使いすぎたか。
でも、ピアノの鍵盤とtenori-onの光り方を見ていると空間系の音を使いたくなってしまうのだ。

セッションと言っても自分の音を作るのに精一杯で、ピアノを聞いてそれに反応すると言うのがなかなかできなかった。
何となくコードを取るくらい。
練習せねば。
でも、「何か決まった形らしい形」をめざしてtenori-onを演奏するのと、他の人とセッションしながらなんとなーく緩やかな流れを作っていきながら音を作っていくのはだいぶ違う。
生楽器でのアドリブとも違う、作曲と言う行為が演奏という行為の中にとけ込んでいる(いいすぎ?)tenori-onならではの、面白い感覚だった。

ループ系楽器(といっていいのか?)と演奏することにも興味を持ったようで何よりでした。
マリオのサウンドメイクのヒミツなども聞けてこれもまた面白い。

Read More

tenori-on 1201

キョウノテノリオン

タイトル「大王のテーマ」

タイトルの理由はなんてことはない、パーカッションの1トラック以外はすべてDiode(ダイオード)という音のみを使った、というだけのことでした。
この音、8bit的な音がしておもしろいのでちょっと遊んでみた。

ネタを思いついてから2日間、tenori-onを手にどうしたものかと悩みつつ。本日3日目。
RandomモードをDrawモードのように使って音階をシフトしていくと言うのをやってみた。
3日目の割に、ミスしまくり。なかなか難しい。
爪切らないとダメかな。

コンピュータが楽器になって、「音を奏でる」ことが音を「発生させる」ための物理制約から解放されて、楽器が弾けないひとにも演奏者の門戸が開かれた。
中学からもうちょっと後くらいまでいろいろ試してみた。いわゆる”DTM”を。SC-55mk II -> SC-88という世代。
でも、なんとなくそれがbmにはしっくり来なかった。
結局エレベの弦をはじく方向に戻ってしまった。

「物理的制約」と同時に「身体性」まで取り払った”電子楽器”に、ひさびさ他の真似でない「身体性」を復活させてくれたのがtenori-on。
触れる、見られる、ときに「チクショウ」と投げ出したくなる、それで数日触らずに放っておくとナゼか出来なかったフレーズ(?)が出来るようになっている、でもそのまま放っておくとできなくなってしまう、あたり。

というダサいことを思わず演奏中に寝オチしてtenori-onと添い寝してしまったりしながらいまさらながら考えている今日この頃。

(さらに…)

Read More

tenori-on 1124

キョウノテノリオン

今日は揺らぎ実験。
ぴろろろろろろろろろろろ・・・
と言う一定のトラックがバックの音によって一定に聞こえない、という。
1回目はリズムトラック無し
2回目はリズムトラック有り。

というカンタンな認知実験に使われてしまうtenori-on。
それはシーケンサでやれってば、と言う話だけれどtenori-onだと見た目でやっていることが分かって、”実は変な小細工してない”ことがわかって良いかなと。

ウワサによると、tenori-on売り上げ順調により、日本で発売されることがほぼ決まったらしい。
パチパチ。
Björkが5つも買ったおかげ?
石橋楽器の電子楽器コーナーに高々とtenori-onが掲げられる日は近いかな。(勝手なイメージ)

日本で発売されたらAC電源、買おう。
今の子についていたのは(当然)英国仕様(BFタイプ240V)なので、現在は自作して利用中。
あんまり困ってないけど。
個人的には、本体側のコネクタが現在はストレートタイプだけれどL型のほうが操作の時に抜けにくいし邪魔にならなくて嬉しい。

Read More

tenori-on 1118

キョウノテノリオン

このあとハウリングっぽい音でもう少し遊んだのだけれど失敗しまくったのでばっさり切りました。
へたっぴ過ぎる・・・

今日の所感
バッテリーは早めに交換した方がいい。
液晶のバッテリ残量表示がxになるとすぐに音が割れて、操作すると音が小さくなる現象に陥る。
あわてて電源刺すと再起動してしまってデータが消えて悲しい思いをする。
ゲージが少なくなってきたら頃合いを見計らって早めにバッテリ交換。
これ重要。

youtubeに上げると絵と音がずれるのはナゼだ。

Read More