朝食会 に参加してみた

Share on TumblrShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

世間で流行っている(もう古いか)朝食勉強会に初めて参加してみた。
参加してみたのは”クーリエ・ジャポンDE朝食会”。
クーリエジャポンの読者のギャザリング。

B003MAQI2E COURRiER Japon (クーリエ ジャポン) 2010年 07月号 [雑誌]
講談社 2010-05-25

by G-Tools

日本発の「世界標準マガジン」|クーリエ・ジャポン
最新刊を読んだメンバで集まりましょう、と。
場所は西新宿 野村ビルのスタバ。
mixiのコミュニティがあり、いつもはそこでメンバ募集をして定期開催しているらしい。
今回はtwitterでも募集していたのでエントリー。
参加者は30人ほどで層は20代後半から30代、男女半々くらい。
伺った範囲では広告系や社会貢献的な仕事または仕事以外の活動をしているような方が多かった。
新創刊したタイミングで新しい編集長などからお話を伺う会だと思っていたのだけれど、勘違いだった。
最新刊を読んでいることを前提に、雑誌片手にテーブルごとに感想やポイントを話し合う。
最新刊の特集がapple & iPadだったので、その話にはついて行けた。
電子カルテの矛盾など、その業界の方からカジュアルに話を聞けるのはおもしろい。
また雑誌の性質上、話は海外話や組織論的な話になりやすい。
様々な活動している方の話を聞くと海外居住してなくても、いろいろな”海外経験”があるのだな、と。
最後に編集者の方に挨拶をさせて頂いたら学環のOBでびっくり。
iPadネタで盛り上がる。bmが暖めているプロジェクトの話もさせて頂いて、これから面白いことが出来そうだぞ、と。
主催者さんはクーリエジャポンの関係者ではなく、出版関係者でもなく、イチ読者さんとのこと。
この会を通じて編集者とも知り合いになったとか。
好きな雑誌のために毎月イベントを開いてそこに編集者・編集長が来るようになるってすごい行動力だなぁ、と尊敬した。
全体的に緩い感じでそれを維持するのも大変だろうな、と。

Share on TumblrShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

Comments

comments