印鑑

Share on TumblrShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

三文判は別として、印鑑の軸は四角い方がまっすぐ押せて良いと思うのに、なんでそろいもそろって丸い(というか印のかたちそのまま)の物ばかりなんだろう
とずいぶん前に思ったのを

中途採用の書類選考中なう。印鑑を斜めに押してる人、写真を貼ってない人、貼ってあっても、まっすぐに切れてない人。。。この人たちは、本当に採用して欲しいと思ってるんだろうか??

Twitter / 松尾琢磨(まつおたくま): 中途採用の書類選考中なう。印鑑を斜めに押してる人、写 …
コレをみて思いだした。

Share on TumblrShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

Comments

comments

One thought on “印鑑

  1. 印鑑は単なるスタンプではありません。重要な書類、
    不動産の譲渡、売買ほか保証人としての当人の権利を
    すべて、この印鑑で対応するわけですから、あえて、
    印の背にしるしをつけず、いざ、押印(捺印)する時
    に、「押すべきか、押さざるべきか?」を熟慮する際
    に、まっすぐ押すというしぐさで、その一瞬、時間を
    与えられていると考えてはいかがですか。「印相学」
    という理念もあるのはご存知ですか?円を宇宙とみな
    しその八方位(印面を中心から45°に8分割した方
    位)に姓名(生命)の運勢が込められているとしてい
    るのです。またその持ち主の画数のよしあしをできる
    限り吉になるべく円(淵)との接点の増加で1点を
    1画増加できると考えます。
    いろいろと申し上げること多々なれど、私のURL
    http://www.kissouin.comを 一度覗いて下さい。
    てんとくさん ameblo でも画数の解説しています。
    また、その紙面でお会いできたら嬉しく思います。
    髭爺 てんとくさんより。

Comments are closed.