Ringの装飾を検討する

Share on TumblrShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

Ring,外観シンプルなのが良いところなのだけれど、それにしてもシンプル。
全てのRingが全て同じ見た目。

つや消しの亜鉛。
着けていると存在感もかなりあるものだし、自分のRingに目印となるような何かちょっとした装飾を付けたい。
同じ思いでMacBookProにはデカールを貼っているけれど、さすがにこのサイズにでカール貼ってもすぐに剥がれそう。

というわけで、レーザーカッターで模様を描くのはどうかと思っていくつかレーザーカッターを使わせて貰えるところに問い合わせた。
試させて貰えそうな反応をもらえたcoromozaさんにAIファイルを握りしめながら行ってきた。

原宿のcondomaniaの裏にある古いマンションの一室。
fabcafeのような空間を想像しながら入って見ると、どちらかといえば縫製屋さんのようなところだった。
coromozaは衣座、と書くようで。
なるほど。

目当てのレーザーカッターや、布地用のプリンタなども忙しく動いている。

お目当てのレーザーカッター
laser1-1420x700

実際にRingを見せながらお話を聞くと、曲面には模様が描けないらしい。
おそらく凹凸にあわせて焦点距離を調整できない、と言うことだろう。
表面の凹凸を検知してレーザーの焦点距離を調整してくれるのかと思っていたが、そういう機能はないようだ。
残念。

側面の平たい部分なら、と思って聞いてみたら、そこであればできるかもしれない、とのことだったので試してもらおうとRingを差し出した。
が、しばらくレーザーカッターが空かないと言うことで出直すことに。

うちならできるよ、と言うかた、いらっしゃったらご連絡下さい!

Share on TumblrShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

Comments

comments