RubyによるMac OS Xデスクトップアプリケーション開発入門 ~Ruby×RubyCocoa/MacRuby×HotCocoa~

Share on TumblrShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

どうも余裕がなくなると読書メモをサボる癖が。
久しぶりの読書メモ。

483993178X RubyによるMac OS Xデスクトップアプリケーション開発入門 ~Ruby×RubyCocoa/MacRuby×HotCocoa~
木村 渡
毎日コミュニケーションズ 2009-09-25

by G-Tools

RubyCocoa と MacRubyの解説書。
Xcodeの使い方からして手取り足取りとても丁寧に書いてあって非常にわかりやすい。
RubyCocoaは遊んでみたことがあるがMacRubyは初体験。
Objective-C・CocoaとRubyをこんなにうまくマージしてあるとは。
RubyCocoaのような妥協感というかやっつけ感がなく、Rubyとして素直にスクリプティングすることができそうだ。
さすがRuby。
HotCocoaはかつての大失敗作HotJavaを連想させる名前だがこちらは便利に作られていて期待が持てる、かな。こっちはまだ未着手。
Macのアプリが本格的に手軽に作れるようになってきた。
GCのないObjectice-Cで泣きそうになりながらソフト書いていたあの日々は何だったのか。
RubyCocoaとMacRubyの違いは書かれていたが使い分け方がいまいちよくわからなかった。
MacRubyがまともに使えるようになるまでとりあえずRubyCocoaで、という理解でいいのかな。
この本があれば

1934356190 Programming Cocoa with Ruby: Create Compelling Mac Apps Using RubyCocoa (The Facets of Ruby Series)
Pragmatic Bookshelf 2009-08

by G-Tools

この本はいらないかも。
こちらはRubyCocoaオンリー。前書きで「MacRubyはまだ使い物にならないからね!」といいわけしてた。
ところでsnow leopardではMacRuby0.4のバイナリはインストールできるが起動するとクラッシュする。自前で0.5をコンパイルする必要があり。
iCoreTech Research Labs ? Having fun with MacRuby on Snow Leopard
ここを参考に。本当にllvmのインストールが必要だったのかは謎。
そしてXcode(3.2)でMacRubyを書こうとするとプロジェクトテンプレートはできているが新規ファイルのテンプレートがインストールされないので本書227ページで止まる。
こちらは対応策検討中。
xcode32_macruby.png

Share on TumblrShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

Comments

comments

5 thoughts on “RubyによるMac OS Xデスクトップアプリケーション開発入門 ~Ruby×RubyCocoa/MacRuby×HotCocoa~

  1. RHC本著者の高尾宏治です。本書のご購入、大変ありがとうございます。Mac OS X 10.6へのMacRubyのインストールについては、サポートページにて情報を提供しております。お手数をおかけしますが、以下のURLをご覧いただけますでしょうか。
    http://www.takao7.net/rhcbk/reference/install-recent-macruby/
    なお、上記の手順でMacRubyをインストールした場合でかつ、インストール前に/usr/local/binフォルダが作成されていなかった場合、/usr/local/binフォルダに不正なパーミッションが設定されてしまいます。原因の調査中ですが、本家の対応が完了するまではMacRubyのインストール後、以下のコマンドを実行してください。
    $ sudo chown root /usr/local/bin
    $ sudo chmod 755 /usr/local/bin
    Mac OS X 10.6への対応が十分ではないこと、この場でお詫びいたします。引き続き、Mac OS X 10.6対応は本書のサポートページにて情報を提供いたします。今後ともよろしくお願いいたします。

  2. 高尾さま
    アドバイス、ありがとうございます
    nightly buildを27日のインストールしたのですが、やはり新規ファイルのテンプレートは表示されませんでした。
    となるとOSというより私個人の環境の問題かもしれないですね・・・
    /usr/local/binはもとよりroot:wheel 755で存在していました。
    もう一つ環境作って試してみようと思います。

  3. 新規ファイルのテンプレートがないのですね。勘違いです、失礼しました。
    そちらはRubyCocoaが配布しています。以下のURLを参考にして、RubyCocoaのテンプレートをインストールしてみてください。
    http://www.takao7.net/rhcbk/reference/200-install-rubycocoa-template-to-snow-leopard/
    MacRubyをインストールしたときに新規ファイルのテンプレートもインストールされるべきだと思いますので、手が空いたときにMacRubyの本家に要望を出しますね。(先日は、nightly buildのインストールパッケージの日本語化を手伝わせてもらいました。)
    このたびはお手数をおかけしました。今後とも、よろしくお願いします。

  4. 高尾さま
    いただいたURLからテンプレートをダウンロードしてインストールしたら無事にXcodeにRubyの新規ファイルテンプレートが選択できるようになりました。
    このテンプレートはrubycocoaと共通なのですね。initializeなどのやり方が異なるので、別物だとばかり思い込んでいました。
    どうもありがとうございました。
    MacRuby、かなり期待して進化を楽しみにしています。

  5. 解決できましたようで、ほっとしています。Xcode 3.2にRubyやRubyCocoaのテンプレートを追加してもらえるように働きかける必要があると感じました。がんばります。

Comments are closed.