3Dプリンタの進捗をリモートから覗く

3Dプリントは時間がかかる。
そしてプリンタキューがない、、というより物理的に連続印刷が出来ないのでまとめて印刷をかけておくことが出来ない。
1つずつ造形しては取り出しまた造形しては取り出し。
その上、たまに失敗するので完全に手放しというわけにもいかない。
ネットワークにつながっていて小さなマイコンがついていれば10%進捗するたびにSlackに通知させる、とかできそうだけれども、FlashForge Creator ProにはUSBはついていてもRJ45はついてない。

ならばせめて、目で確認できるようにとカメラをつけよう。
PCとDVカメラでは場所をとるのでマイコンで。

Raspberry PI3とWebcamでなんとかなるかな、ととりあえず購入。

購入時は電源もお忘れなく。
microUSB給電なのに2.5Aも食うので結構しっかりした電源アダプタが必要。

LOGICOOL ウェブカム HD画質 120万画素 C270
ロジクール (2010-08-20)
売り上げランキング: 58

WebcamはHDでも1000円で買えるのか。
と思ったら、買って気づいた720pだった。
IMG_1004
まぁ監視用途には十分か。

家に転がっていた8GのmicroSDにraspbian+PIXELをインストール。
Introducing PIXEL – Raspberry Pi

サーバ運用は面倒なのでYoutube Liveもしくはustreamに飛ばそうと思ったが、ここに来て適当にWebcamを買ったのが失敗。
raspberryのカメラモジュールを使えばraspvid コマンドと avconvコマンドで一発で行くらしいのだが、USB接続のWebcamは(当然)これでは認識せず。
Live Stream to YouTube With a Raspberry Pi

こんなことなら純正カメラモジュールを買えば良かった。

Raspberry Pi カメラモジュール Raspberry Pi Camera Board
Yegoo
売り上げランキング: 16,896

お安いし。

試行錯誤して、Webcamでストリーミングにはffmpegをつかうことに。
libx264等のライブラリとともにffmpegを自前コンパイル。
今回音声は不要なのでalsa等の音声周りのライブラリは不要。
Installing FFMPEG for Raspberry Pi – Jeff Thompson

Webcamをつないでffmpegで映像送出すると、Youtube Liveではなぜか動作せず(サーバはデータ認識するが配信が開始されない)。

ustreamにチャンネルを作って送出すると無事に配信が開始された。

送出コマンドは以下の通り。

% ffmpeg -f v4l2 -i /dev/video0 -s 1280×720 -vcodec h264 -pix_fmt yuv420p -g 50 -vb 3000k -profile:v baseline -r 30 -f flv [RTMP URL]/[Stream key]

[RTMP URL]と[Stream key]はustreamのマイページで生成されたもの。

これをユーザの~/.zshrcの末尾に突っ込んで完了。

カメラはプリンタの内側上部に設置。
ベルクロで固定しようと思ったが上手い具合に構図を作れないので下駄を出力。
端切れ材探してくるより作った方が早い。
IMG_1014
これを噛ませて固定。
IMG_1017

やはり3Dプリンタを使うための3Dプリンティングは続く。

いざストリーミングしてみるとかなりボケてる。
Webcamが固定フォーカスで、対象がカメラから近すぎて焦点合わず。
安いWebcamを適当に買った後悔再び。

Webcam買い直すのも悔しいしなぁ、とWebcamを開けてみたらどうやら焦点を動かせそう。
IMG_1026
このレンズの周りの歯車がフォーカスリング。
矢印の部分に接着剤がついて固定されているのでマイナスドライバで接着剤を剥がしてフォーカスリングを回すと近距離でピントが合うようになった。

ふと思って調べてみると同じことを考える人はいて、同じWebcam(c270)の焦点調整が紹介されていた。

とてもわかりやすい。

馬鹿の試行錯誤より先にgoogle先生。
これ今日の最重要ポイント。

組み立てて再度3Dプリンタにインストールしたらフォーカスが合って何やってるかは数秒のタイムラグでわかるようになった。

USTREAM__printer__flshforge_creator_pro_

自宅では20fps強出たが、オフィスのネットワークの問題か10fps強しか出ない。
とはいえ、とりあえず進捗監視できる目はなったか。

2分で作った三角柱出力した以外は3Dプリンティングあまり関係ないエントリーになってしまった。

Read More

日本賞のセッションをustream配信

毎年NHKが主催する教育コンテンツのコンテスト「日本賞」。
今年も時期がやってきた。
1週間、渋谷のNHK放送センターのあちこちでイベントやらが開かれる。
JAPAN PRIZE International Contest For Educational Media -日本賞-

10月20日、昨年に続いてIPCEM(教育コンテンツ世界制作社会議)のセッションを現場からustreamで配信してきた。
日本賞 「ゲーミフィケーション~教育の21世紀モデル~」

配信したのは「ゲーミフィケーション~教育の21世紀モデル~」。
登壇者はGameDesk CEOのLucien Vattel。
GameDeskはこの界隈では全員知っているゲーム教材クリエイタ−集団。
GameDesk

“RockStar”と紹介されて登壇したLucienは2年前のTEDxでの講演も面白い。

スライドの面白い部分はこのときからあまり変わってないないのだな。

彼らのゲーム・・ではなかった教材は教材然としていない。
見た目がcool。
日本賞 「ゲーミフィケーション~教育の21世紀モデル~」

バイタルセンサ(血圧計かな)を組み合わせて、冷静にならないと先に進めないシナリオゲーム(EQ)、というのがなるほど、と。
日本賞 「ゲーミフィケーション~教育の21世紀モデル~」

教材はdigitalからphysicalに転移をさせることに気を使っている。
デジタルの世界で理解した物を現実の物理現象でテストし、理解を深める。

いっぽうでphysicalにはむずかしいシミュレーションをdigitalの世界で繰り返すことで理解をしていくという教材も。
シミュレーションや可視化によって今までより若い年齢で無理なく理解できるようになると言うのはなるほど、とおもう。
数学を折り紙で可視化して、というのは古来よりやられてきたけれども。

アメリカでの高い転職の頻度をあげ、俊敏性が求められる世界で自発的に考えることができる学生を育てる。
めまぐるしい環境変化に対応し、はじめて出会う問題に対処できる学生をつくる。
そのためには「大脳辺縁系、前頭皮質に働きかける教材」であることが肝であるらしい。
日本賞 「ゲーミフィケーション~教育の21世紀モデル~」

これらをプレポストで長期的かつ継続的な効果を確認ながら教員のトレーニングを通して一緒にカリキュラムもつくっていく。
カリキュラムとコンテンツがお互いにフィードバックしながら作り上げられていくというダイナミクスが彼らの強みののだろう。
同時に不登校の問題も解決しつつある、と。
教材が楽しみで学校に行くようになるって本当にそんなことあるのだろうか、と素朴に疑問には思うけれども。

Lucienは、今がモバイル環境のスタートラインだ、とも。
タブレットやLTEがその第1波。
モバイルにより学校と自宅がはっきり区別されなくなってくる、メディアがパーソナライズ化される、これから10年の大きな教育の変革がおきている、その先に仕事に情熱を持つ人がうまれてくる、という予言には説得力があった。

GameDeskはテクノロジに頼りきらず、既存のゲームに寄りかからず、テクノロジとゲーム性のバランス感覚が際立つ人たち。
実際には「感覚」ではなく、ものすごい緻密な研究がされているのだろうけれど。

マーケティングの世界では”ゲーミフィケーション”はもはやかれたバズワードになっていて、「はいはいポイントね」「バッジね」で小さく退屈にまとまっている。ページビュー増やします、再訪率を上げます、コンテンツを上げさせます、の施策としての”ゲーミフィケーション”は食傷気味。

けれどもユーザの体験を通して(システム上のポイントやバッジでなく)ユーザの成長とエンゲージメントを高めていく、という、上の”ゲーミフィケーション”に失われた本来のゲームの楽しさがGameDeskには見えた。
ポイントやバッジ(リワード)だけでなく、このシステムを上手く使えるようになったら、別の場所でその経験を活用できるとか、後から振り返りになるとか。
日本人は、こういうの得意だと思うんだけどなぁ。
「教育」っていうお題目が重すぎて去勢されてしまうのだろうか。

OLPSやら激安タブレットやら。
教育の名目でパフォーマンスの低いコンピュータを配るのではなく、彼らのようなコンテンツを再生できる程度の力は持っているべきだよなぁ、と思った。
(ターゲットが違うのは承知なのだけれど)

10月はIT系のイベントが多い時期。
週末はDIGITAL CONTENT EXPOに行こう(こっちは単純に見学に)。
DIGITAL CONTENT EXPO

Read More

芸能花伝舎さんのこどもの日イベント”芸術体験ひろば”をustreamディレクタとしてサポートしました

昨日5月5日こどもの日、西新宿の芸能花伝舎さんで行われたイベント「芸能ひろば」のお手伝いをしてきました。

photo

ビルの隙間にある廃校となった小学校の跡地。

朝、現場入りすると(おそらく)近くのおみせがいろいろな出店を出していてとてもアットホームな雰囲気。
裏を返せばローカルお祭り感が出ていてちょっと身構えてしまった。
ustream、見てもらえるだろうか、と。

落語、声楽、三味線、マジック、キャンドルジュン・・・というプログラム。
メインアクトはGAKU-MC。

photophotophoto

さすが芸団協。
予想を裏切ってどのプログラムもしっかりとしたクオリティだった。
とくにGAKU−MCの観客、とりわけ子供を取り込んでいくステージは「うまいなぁ」と。
いつも通りの口調(優しくせず)でしっかり子供を取り込んでいく。

ustreamは2カメとPAさんからもらった音ををV-4 EXに入れて配信。
V-4 EXが手に馴染んできた。フェーダーアタッチメント再販されないかしら。
カメラと映像のスイッチングと配信クオリティのチェックと音のレベル調整を1人でやるにはまだ熟練が足りず。
子供向けの色が強いイベントなので子供の目線を意識してスイッチング。これもまた難しい。
マジックは手品自体に映像が荷担していると思われるとNGかと思いほぼ固定。(どんなマジックが行われるのか知らなかったこともあり。)
そして15mのHDMIケーブルはやや鬼門。?SDIコンバータ用意していくべきだった。

後半はキャンドル・ジュン氏のLOVE FOR NIPPONイベント。
彼のイベントを配信するのは2度目。3.11直後にもやりました。

来年もあるであろうイベントなのでお近くの方は是非どうぞ。
ゆったりと楽しめますよ。

Read More