Youtuber,ニコ生主向けワイヤレスタリーシステム

先日、友達のニコ生配信を冷やかしに。

配信スタッフが少ないので、進行役もタイムキーパーも、(カメラのスイッチング以外の)何もかもを出演者本人がやらないといけない。

3カメ、打ち返しモニターあり、視聴者からのコメントモニターありだと大変だしどうしても目が泳いでしまうのでタリー(どのカメラが現在配信中なのかがわかるようにアクティブなカメラの近くで光るライト)があったら良いのに、と思ったので日曜工作。

タリーがあればとはいえ、ただでさえ太いHDMIで混沌とするケーブル地獄を悪化はさせたくないのでワイヤレスで。

以前作ったATEM switcherの10キーインタフェースのプログラムをタリーを光らせるように改造。


(本来、ライトは出演者に向かって光るけれどビデオでは逆に付けている)

ケースはカメラのシューにはまるように足を付けた。
おそらくこの位置がカメラで自然に目線を拾いやすい。
今回、各タリーは単4電池2本駆動で作ったけれどボタン電池で駆動出来るようならもっとスマートには出来るだろう。

タイムラグは0.5秒以下なので実用には問題ない。
カメラは最大65534台まで(理論値/そんなswitcher持ってないので試したことはない)。
なんてことはないLEDが光るだけだけれど試験運用してみたところ案外便利。
Youtuber、ニコ生など低予算/少スタッフでの配信には役に立つかな。

ビデオスイッチャとビデオカメラ以外のコストは
システム本体 約9000円 (Raspberry PI含む/初期型でも可)
タリー カメラ1台あたり約3000円

Raspberry PI Zeroが手に入ったらそれでやろうと思っていたのだけれど、まだ入手できないので古いRaspberry PIで。
Zeroなら本体コスト1500円くらいかな
ホットな話題に乗れてない。

Read More

29分59秒の「壁」

良く説明するデジカメ30分以上撮れない問題、ここに書かれていた。
あほらしいから早く何とかして欲しい。?

?

朝日新聞デジタル:プロも絶賛、一眼レフ動画 大きなセンサー、「ぼけ味」独特 ドラマ・CM・AKB…

===以下、転載

プロも絶賛、一眼レフ動画 大きなセンサー、「ぼけ味」独特 ドラマ・CM・AKB…

紙面写真・図版

動画用にモニターやバッテリーを取り付けたニコンの一眼レフ「D800」でモデルを撮影する村上拓カメラマン(右)=ニコン提供

紙面写真・図版

2011年秋に放映された資生堂の化粧品「インテグレート」のテレビCM。キヤノンの一眼レフ「EOS7D」で撮影された=資生堂提供

 デジタル一眼レフカメラで撮ったハリウッド映画やプロモーションビデオ(PV)が急増している。魅力はグラビア写真のように「ぼけ」を使った表現。プロのカメラマンも「1台数十万円なのに、1千万円以上の業務用ビデオカメラにも撮れない映像だ」と評価している。

?

 「映画みたいなトーンの映像が撮れた。いけると思った」。こう話すのは、凸版印刷の高橋栄樹ディレクターだ。

 村上拓カメラマンとのコンビで、メジャーデビュー3枚目のシングルからAKB48のPVを手掛けている。2008年12月、キヤノンが売り出したばかりの「EOS5D Mark2」で11枚目のシングル「10年桜」のPVを撮影、プロが動画撮影に一眼レフを使う流れをつくった。

?

 ◆グラビアのよう

 当時のAKBは駆け出しで、撮影費も使える機材も限られていた。村上さんの発案で一眼レフの動画機能を使ってみたところ、「グラビア写真が動いているような表現力に驚いた。結局、すべて一眼レフで撮りきってしまった」(高橋さん)。

 AKBの人気が出始めるとPVが注目を集め、NHKの連続テレビ小説「カーネーション」やハリウッド映画「ブラックスワン」の一部など、国内外で一眼レフの使用が広がった。スウェーデンではテレビの生放送番組がニコンの「D800」で撮られているという。

?

 ◆登場4年で普及

 動画が撮れる初の一眼レフは、ニコンが08年9月に発売した「D90」。わずか4年で、ほとんどの動画カメラマンが使うようになった。映像製作大手オムニバス・ジャパンの石田滋紀撮影センター副部長は「デフレで制作費が削られていることも、1台数十万円で買える一眼レフに追い風だ」とみる。

?

 一眼レフの動画の秘密は、光を電気信号に変換する「画像センサー」の大きさにある。画像センサーの面積は、家庭用ビデオカメラの約11倍、映画撮影用のビデオカメラと比べても2倍以上と圧倒的に大きい。

 画像センサーが大きいほど、画面の一部だけにピントを合わせ、周囲をぼかした映像を撮りやすくなる。グラビア写真などで多用される「ぼけ味(あじ)」と呼ばれる手法で、芸術的な写真を撮ろうとするカメラファンが一眼レフにあこがれるのも、これが理由だ。

 写真の手法が動画の世界に広がったことになり、キヤノンの笠松厚雄・担当部長は「ハリウッドで使われる数千万円のビデオカメラでも撮れなかった映像が、簡単に撮れるようになった」と胸を張る。

?

 ◆29分59秒の「壁」

 ただ、ニュース映像のように画面全体をわかりやすく映すのは苦手だ。手ぶれで画像が揺れるのを防ぐ機能もビデオカメラより劣るため、一般の人が一眼レフをビデオカメラ代わりに使うには三脚が欠かせない。

 もう一つの「壁」が、撮影時間。一眼レフが一度に撮れる動画は、長い機種でも29分59秒までだ。欧州連合(EU)の関税を決める「関税品目分類委員会」が、連続で30分以上の動画を撮れるカメラをビデオカメラに分類し、より高い関税をかけることを決めているためという。(福山亜希)

Read More