ウェブアプリケーションのためのユニバーサルデザイン

Share on TumblrShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter
4873114322 ウェブアプリケーションのためのユニバーサルデザイン
水野 貴明
オライリージャパン 2009-12-19

by G-Tools

一つ前のデザイニング・ウェブインターフェース ―リッチなウェブアプリケーションを実現する原則とパターンがオフェンシブなWebデザインの書籍だとすれば、本書はディフェンシブなWebデザインの書籍と言える。
そのため、内容はどちらかと言えば地味だ。
本書のベースとなっているのはW3Cが定めるアクセシビリティガイドラインであるWCAG 2.0
WCAG 2.0(W3C勧告)日本語訳 [原題:Web Content Accessibility Guidelines (WCAG) 2.0]
ディフェンシブとは言え、AjaxやRIAなど最近事情を反映したユニバーサル実装の解説もしっかり書かれているので読み応えアリ。
bmが日頃、「iPhoneでWeb見るってことは盲目(blind)になるのと同じなんです」と言っている意味がこの本読むとわかります。なかなかうまく納得してもらえないのだけれど、こういうちゃんとした本が書いてくれると説得力が増す、かな。
さて、何か作り替えてみたくなるな。


2008年7月11日に発売されたのはiPhone3GSじゃなくて3Gですよ!
とツッコんでみる。
bmも徹夜で並んだ一人ですから。

Share on TumblrShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

Comments

comments