EOS Mでustreamの実験

Share on TumblrShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

昨日のエントリの続きで、EOS Mをustream配信のカメラに使う実験。
まだやっていないけれど、ニコニコも同じで行けるはず。

そもそもEOS Mを買った最大の動機がこれ。
綺麗な絵で配信がしたい

Canonの一眼、 EOS 7Dをもっているのだけれど、これは映像の撮影には使えても配信には使えない。
配信をするためには、 カメラが取り込んだ画像をそのままHDMIなりアナログ映像出力なりに出力してくれる(スルーアウト、と言う)必要がある。
多くの一眼やミラーレスには外部映像出力端子として上のどちらかか、もしくは両方が装備されている。
しかし、大概の機種ではこれはライブビュー(本体の液晶)と同じ映像を出力するので電池残量やらモードのアイコンやらフォーカスの位置やらのUIまで一緒に出力されてしまう。
これを取り込むとそれごと配信してしまうのでものすごく格好悪いので使えない。
ustream with EOS M
こんな感じ。
カメラに取り込まれた映像だけ、素直に出力して欲しいのに。?

というわけでそこらのカメラ、映像出力端子がついていれば何でも配信に使えるわけではない。むしろ、ほとんどの機種は使えない。
7Dも同じ理由で使えず。(裏技はあるんだけど。)
せっかく圧倒的な描画性能があるのにもったいない。?
PanasonicのGHシリーズにはスルーアウト(UIを消して出力)できる裏モード(?)があるので 、これをやりたい人たちはこぞってGH2を買っている。
中古で安いし。

?とはいえ手元にある(と言ってもそれほどもっているわけではないけれど)EFレンズをあきらめきれず、m3/4のレンズを集め始めてレンズ沼にはまるのに躊躇していたところにEOS M登場。(実はNEX5にEFマウンタつけてみたりもしていたのだけれど)
?EFマウンタが付けられると読んだのでスルーアウトできるかどうかだけが気になって発売日まで悶々と待っていた。
買って実験してみたところ、ままうまく行けそうなので現在の所をご報告。

photo

機材はこの通り。
キャプチャはBlackMagicDesignのUltra Studio Express。thunderboltでMacに接続。?
Ultra Studio の設定は 1080i 59.94で。

EOS Mはアナログ映像出力とHDMImini端子をもっている(でもケーブルが本体には同梱されていないので注意!)が、基本的にはUI含めて出力する。
まぁ、液晶を大写しにするのが目的だから当然だけれども。?

INFOボタンをポチポチ押したりメニューいじったりして試行錯誤していると、ほとんどのUIを消すことができた。
が、映像の中にでん、とフォーカスの枠だけが残ってしまう。
そしてメニューからフォーカスをマニュアルに変更したら、すべてのUIが消えた!

ustream with EOS M
(タイムコードの表示はクライアントのアプリが出してるだけなので、実際に取り込まれた映像には含まれていない。)

ただ、どうしても映像が全画面に出ずに黒い枠が出てしまう。
今のところ、これの解消の仕方が不明。

それなら、 というわけでFlash Media Live Encoderで上下左右を切って絵を作る。

ustream with EOS M

このサイズで切ると丁度よく枠だけ切れる。
上85px, 下80px, 左右150px 。?

ustream with EOS M
左が取り込んだ映像、右が枠を削った映像。?

どうせそもそもがustreamでFULL HD配信なんてほとんどできない(配信してもそのまま見られる人がいない)ので、これで問題なし。
?実際に566×320で配信してみたところ、綺麗に出たので満足。
ustream with EOS M?
(これキャプチャしたのが実験終了間近だったので、バッテリーアラートが出てしまっているのはお気になさらず。)?
これでEOS M、Ultra Studio 3D、Macの最小構成で配信できる目処が立った。
ただしEOS M、音はちょっと癖のあるかんじなのでカジュアルな配信の時もマイクは別途必要かも。?

配信時にカメラで撮影もしておこうとすると赤い録画マークが出てしまう。ustream with EOS M

その分大きく周囲を削るか、カメラでの収録をあきらめるか、悩みどころ。
録画しながらの収録でない場合はオートスリープの設定を切るのをお忘れ無く。

“UIを完全に消すモード”ではなくて、”たまたまUIが表示されていない状態を取り込んでいる”ので上の録画マークやバッテリーアラートの他にもシャッターボタン半押しするとUIが表示されてしまうなど注意点はいくつかあるが、そこを気をつければEFレンズを使って配信ができそうだ。

EOS M 1カメならうえでほぼ解決だが、複数のカメラをスイッチングして配信する場合、同じカメラだったら問題ないのだけれど他のカメラと混ぜて使う場合は黒枠問題画がつきまとう。

  • ミキサーで削る
  • Flash Media Live Encoderで削る

後者は他のカメラで削られる範囲を把握して絵づくりをしないといけないので構図が動き回る撮影には慣れが必要そう。
別カメのファインダの周りの部分(削られる場所)をテープで隠してしまうかな。?
HDのスイッチャもっていないので遊べず。
誰か一緒に遊んでくださーい。?

Share on TumblrShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

Comments

comments