FC2 レンタルサーバへWordPressをインストールする VOL.2

FC2レンタルサーバLiteで借りたレンタルサーバにWordPress3.5をインストールする手順について説明します。
FC2以外のサーバについてもインストール方法は概ね同じです。

  1. wordpress3.5をダウンロードする
    wordpressの日本語サイトからwordpressのプログラム一式をダウンロードします
    WordPress | 日本語 ?http://ja.wordpress.org/
    install2FC2_1
    山吹色で囲んである部分をクリックしてwordpress-3.5.x-ja.zp(xは任意のリビジョン番号)ファイルをダウンロードします
  2. ダウンロードしたファイルを解凍する
    ダウンロードしたファイルは複数のファイルを1つにまとめたアーカイブファイルです。
    エクスプローラ(Macの場合はファインダ)でダブルクリックして解凍(まとめる前の状態に戻す)します。
    install2FC2_2
    wordpressという名前のフォルダが作成されたと思います。
  3. FTPソフトウエアでレンタルサーバに接続する
    解凍して出来たフォルダをレンタルサーバにアップロードするためにFTPソフトで接続します。
    FTPソフトは任意の物を使うことが出来ますが、WindowsであればFFFTP、MacであればTransmitといったソフトウエアが使いやすいです。windows/macともに動作するFileZillaというフリーソフトもあります
    FFFTP ?http://sourceforge.jp/projects/ffftp/
    TRANSMIT?http://panic.com/transmit/
    FileZilla?http://filezilla-project.org/
    サーバ名、ユーザ名、パスワードはレンタルサーバを契約するときに決めた物をそれぞれ入力します。
    install2FC2_4
  4. フォルダをアップロードする
    2で作成されたフォルダをFTPソフトを使ってアップロードします。
    アップロード先はサーバのpublic_htmlフォルダの中になります。
    install2FC2_6
    アップロードには数十秒から数分かかります
  5. フォルダのパーミッション(アクセス権限)を設定する
    アップロードしたwordpressフォルダのパーミッションを設定します。
    wordpressフォルダはWordPressのインストールの過程でプログラムからファイルを書き込みする必要があるために、パーミッションの設定を行います。
    wordpressフォルダの権限を777 (すべてのユーザが読み取り、書き取り可能)にします。
    設定の方法はFTPソフトによって異なります。
    install2FC2_11
    (Transmitの例)
  6. 管理画面にアクセスする
    InternetExplorerやSafariなどのWebブラウザで管理画面にアクセスします
    URLは
    http://[レンタルサーバのサーバ名]/wordpress/wp-admin/
    になります。
    install2FC2_7
    このような画面が表示されれば、とりあえずインストール成功です

次のページではwordpressの初期設定を行います。