WordPressのアップデート

WordPressのアップデート

先日、WordPressの新しいバージョン3.5.1がリリースされました

WordPress | 日本語 ? WordPress 3.5.1 メンテナンス & セキュリティリリース

本書は3.5.0を対象に書かれています。
3.5.1は「メンテナンス&セキュリティリリース」と書かれているとおり、新しい機能の追加などはなく細かなバグの修正とセキュリティの強化が目的のリリースのようです。
特段の理由がない限り、3.5.1へのバージョンアップをお勧めします。

バージョンアップの方法(本書1章にも書かれています)

  1. データをバックアップする
    万が一バージョンアップに失敗した場合(心配しないで下さい、正しい手順を踏んでバージョンアップすれば、めったに失敗しません)にサイトを復旧することができるようにデータをバックアップしましょう。
    update_351_0
    左側のメニューの「ツール」にマウスカーソルを合わせ、表示された中から「エクスポート」をクリック。
  2. データのエクスポート
    update_351_01.png
    「エクスポートする内容を選択」から「すべてのコンテンツ」を選択し、「エクスポートファイルをダウンロード」をクリック。
    xmlファイルがダウンロードされるので、アップデートが無事に完了するまでとっておいて下さい。
  3. バージョンアップの開始
    wordpressのダッシュボード上部に、新しいバージョンがリリースされたことが表示されます。update_351
    「更新してください」のリンクをクリック。
  4. インストールするバージョンを選択する
    「WordPressの新しいバージョンがあります」と書かれた下に
    WordPess 3.5.1-ja と WordPress 3.5.1-en_US の2つのバージョンが表示されています。前者が日本語版、後者が英語版です。どちらへのバージョンアップも可能ですが、日本語を選んでおくのが無難です。
    update_353.png
    WordPress3.5.1-jaの「いますぐ更新」と書かれたボタンをクリック。
  5. 接続情報の入力
    バージョンアップのために、WordPressがインストールされているWebサーバのFTPの接続情報が必要になります。
    update_351_5
    ホスト名、FTPユーザ名、FTPパスワードを入力します。
    ロリポップいWordPressをインストールしている場合は、レンタルサーバの契約時に来たメールにFTPの情報が書かれています。
    メールボックスを探してみて下さい。
    入力が完了したら、「開始」ボタンをクリック。
  6. 更新作業完了
    更新には数十秒から数分程度、時間がかかります。
    完了すると「WordPress3.5.1へようこそ」と書かれたページが表示されます。
    update_351_6

以上でバージョンアップは完了です。
文字で読むよりやってみる方が簡単です。

バージョンアップをすると、ダッシュボードの左側のメニューに「リンク」や「お問い合わせ」などの項目が追加される場合があります。