ふつうのひとだから

大学のころから
一緒に舞台を作ったり、ストリップ見に行って振り付け考えたり、
それこそ何日も泊まりがけで、衣裳を作って、
私にものすごく影響を与えてくれた親友がいる。
今でも、定期的にランチをして、たまに泊まって、電話で話してる。
どっから見ても悪魔ッ気バツグンの彼女で、
肩から毒キノコを生やして、蜘蛛の巣張ってるような小悪魔(もはや小さくない)。
ものすごいモテっぷりで、私は彼女の毒っぷりがダイスキなんだけど、
先日、衝撃のヒトコトが・・・・

「私ね、結婚することにした」

ほう~

「3月に結納して引越しするの」

はっ!?

そういう意味の「結婚する」なわけ?
もう、びっくりしすぎて、どうなってんだかさっぱりで。
なんでまた、急にそんなこと決心できたの?と聞くと、

「ふつうのひとだから」
だって。

なるほどね。なんだかスゴク納得した。
彼女の恋愛暦は、いつもハンパじゃなく飛びぬけたところに相手がいて、
毎回、すごいな・・・って人と恋をしてきたんだよね。
(そりゃ、私も人のこと言えた立場じゃないと言われるけどさ)
だから、彼女が感じた「ふつうの人」ってのが収まったんだって。
まぁ、デコボコってのは凸凹だから、両方凸凸だと、ぶつかりあうのかもね。
尖った人同士は、うまく結婚で求めるものを合わせないと、
ずっとぶつかっちゃうしなぁ。
それをこの先40年とか続けるわけだからね。
大体、まだ20うん年しか生きていない自分が、相手と後50年生きる覚悟なんて、
しかも他人・・・そうそう簡単にできるもんじゃないよな。
だって、親だってずっと一緒なのに喧嘩するじゃない。
解かりあえないことがあるじゃない?
それを、世の多くの人たちができてるっていうことがなんかスゴイと思った。

あぁ・・・考えてたら、色々面倒臭くなってきちゃった。
昨日、妹とも話して、二人揃ってゾゾ気がしたけど、
「40過ぎたら、ランチでする会話は健康のことばかりらしいよ」
「色恋の話は30までなんだって」
「この調子で、気付いたら40歳くらいになっていそうだよね」

「やめてくれ・・・」と、こうなった。


しかし、本当によかった。
同じ歳だし、人の心配してる場合じゃないと言われるけど、
彼女は「できるかしら・・・」と正直思っていたから、
よかった。なんか嬉しい。
結婚式、派手そう・・・

日本でやってくれるとありがたい。

トラックバックURL

このエントリのトラックバックURL:

コメントする‹

半角英数文字のみのコメントは書き込みできません。日本語の文字を含めてください。

Recent Entries
Categories
Monthly Archives
Search this site