我が家の水問題

住む家のクオリティとかで随分違いはありそうだけど、
イギリスの家事情は日本に比べてシンプルになった。
ただ、格別に不便になった水問題を書いておきます。

まずは、お湯問題。
きっと、お風呂好きの日本人は泣けるはず。
というのも、1Flat(アパートのうちの一件)ごとにお湯を作るタンクがあり、
そのお湯は湯船を一杯にすると、体を洗うだけのシャワー分がない。
なので、、、
髪と体を洗う時にカウントダウンしながら使用。
今日は、シャワーを浴びるか湯船に浸かるか。
2時間待って両方こなすか。。。
という選択肢に迫られることになっている。
せっかく2つお風呂が付いていたのに、全然使いこなせない。

次に、トイレの水。
一度入って流すと暫く使えない。これは日本にもたまにあるよね。
ただ、こっちは一度目に流す水流が、、、乏しい。
従って、トイレで手をあらい髪を整えそれでも待ってから流すため、
とっても長い間こもっていなくてはならない。

そして水道水全般。
これはよく知られているけど、水道水は超硬水。
したがってライムスケール(石灰)とやらが固まってガリガリに。
水で洗った鍋とかフライパンもちゃんと吹かないとつブツブツに。
ケトルポットもゆすぐ度にサララ〜と石灰が出てくる。
お風呂のお湯を張る時には蛇口を洗わないと、
湯船には固まったスケールがカラカラと出てくる。
髪の毛がキシッと音を立ててくれる程、油分を取るので、乾燥肌には厳しいだろうな。
ま、メリットとしてはカルシウムが摂取できることと、
紅茶がめっちゃまろやか美味くなること。
お肉の灰汁がよく取れる!
お腹の調子がすごく良い。(水道水飲んじゃうからかしら?)
と、色々あるので憎めないんだけど。
初めは結構ショックを受けた。

水というか蛇口はすこぶる調子が悪く、
洗面所は熱湯(左)と水(右)を調節してお湯を出すけれど、
蛇口の出口が離れているので、手のひらで混ぜるため、
残念ながら熱湯を避けられず、多少のやけどを覚悟。。。

また、キッチンはだだっ広いのにも関わらず、
シンクがエラい小さい。深い。
さらに蛇口の調子も悪いので、水がはねまくる。
洗い物をする際はエプロンしないと服がびっしょりになります。
日本の美しきキッチンデザインを見せてあげたい。。。。
(ビジネスチャンス?)

さて、そんなこんなで水には苦労しているけど、
ようやく生活が落ち着いて来て、クリスマスモードのロンドンはすっっごい寒い。
けれど、心がホッコリする明るさで賑わってます。

DSC02159-homeview.jpg

家からの眺め。夜景が綺麗★

トラックバックURL

このエントリのトラックバックURL:

コメントする‹

半角英数文字のみのコメントは書き込みできません。日本語の文字を含めてください。

Recent Entries
Categories
Monthly Archives
Search this site