Top Page: メイン
Previous Archive: 2005年4月
Next Archive: 2005年6月

舞台

15年ぶりに湘南平へ行ってきました〜。
夜中の2時位なのにカップルとか沢山来ててビックリ!なんだよっ全くさ・・・。
山の頂上にテレビ塔があって、景色を見れるのだけど、
高所恐怖症のyayaには、網目状の階段と下がやや見えるのに弱い。
景色を見ている時は良いのだけど、歩くと足下がすごく怖かった。
でも、とても気持ちよくてキレイでした〜
見下ろす街は音もなくチカチカ光り、夜空の雲は滑るように流れては去っていく
東側の空にはまだ昇ったばかりの半月が控えめに山を照らす。
5月の風は少し冷たく首にかかる髪をすり抜けていた。

昼間はオフィス☆怪人社の舞台を見に中野へ行ってきました〜
テンションの高さと、テンポの早さが凄まじかった。
しかも、全員キャラ濃すぎて舞台が濃いくて熱い!!
笑いました・・・。面白かった〜☆
あぁ、yayaもまた舞台作りたくなってきたー
舞台の製作中は「もう〜いやだ!!二度とやらん。」って思うけど、
公演が始まると既に、「次の作品どうしようかな」なんて考えている。
どうせやめる気がないから、最近「二度とやらん!」とは思わなくなった。
舞台って麻薬みたいなもの。
でも、yayaは一生「舞台依存症」でいたいな。

geo.jpg

camera:minoltaα7 film:fuji iso 800

客席の照明が少しずつ落ち、後ろで流れる曲が次第に大きくなってくる。
手のひらに少し汗をかき、冷たくなっている。
耳下の両頬にザワリと音を立てて鳥肌が立つのを感じる。
体中に電気がはしり、さらにポーズの姿勢は伸びる。
場内の明かりは完全に消え、場内はシン・・・と静まりかえる。
ただ、音楽だけが大音量でなり続け緊張感が張りつめる。
幕内の照明が手のひらの汗を照らしてキラキラと光る。
音が盛り上がったと同時に、幕が一気に開く。
オペラカーテンを持ち上げるためのリングがシャンシャンシャンと音をたてる。
この瞬間が大好きで、全身の毛が逆立つような感覚になる。
私が舞台で一番好きな瞬間。

Recent Entries
Categories
Monthly Archives
Search this site