Top Page: メイン
Previous Archive: 2005年8月
Next Archive: 2005年10月

自分を見ることって・・・

いやぁ、長いこと更新をさぼってしまったな。
それにしてもグアムは気持ちよくて、天国だったな〜〜
青い海、燦々と降り注ぐ太陽、満天の☆。
とても良い休暇でした。


な〜んて、うっそーん。
つまんないね・・・・

今日は一段落(いろんなことが)ついて、
ちょと早めに仕事も終えて帰宅。
帰宅途中に紀伊国屋書店で自分の出ているCMが放送開始したので、
早速見に行く事にした。
紀伊国屋書店って、横浜そごうの7階にあるのね。
(初めて知った)

書店の入り口に大きな壁掛けのモニタが2つあって、
本のランキングなんかを流している。
この合間に流れるらしい「文芸社」のCMを待つ。

最初はちょと離れたところから。
・・・でてこない
近くにある本棚へ移動して横目でチラチラ
・・・・まだらしい
結局数分待っても流れてこない。
イライライラ。。。

ここで流れるんじゃないのかな、本店だけで放送なのかな?
色んなことが頭をよぎりながらも
結局モニタの真下まで来てみた。

数分後、
ピョコピョコって聞き覚えのある音楽が・・・
目の前を見るとハイビジョンで自分とご対面!
いや、まじでドキドキした。
あまりに驚いて、すかさず適当な本を持って、
「私、今本に熱中しています!」(誰も見てないんだけどさ)
って感じを装って帽子の隙間からモニタを凝視していた。
私のセリフ「売れました!!」
おわった〜
いやー30秒って長いもんだね。
緊張するぅー

CMが終わって汗ばんだ手もとを見てビックリ!
「ペ・ヨンジュDVD・写真集」
うわっ・・・・・
・・・・・・・・
しかも透明の袋に包まれてって開けないじゃん!
「ペ」こっち見て微笑んでるよ〜〜〜
「いや、違うんです。ファンな訳ではないんです」
ってオロオロしていると、
隣でモニタを見ていた男子高校生2人と目が合ってしまった。

あっ!気が付いたかな?それとも「ぺ」の方ですかね?
なんて表情をしたまま数秒経過。
もちろん男子高校生は無言で私の前を去ったわけだが。
ここで話が終わらない。

耳ダンボの私に聞こえてきた次の言葉が、
左の高校生「あの人かわいくね?」
えっ?私?気付かなかったんだ・・・(軽いショック)
でも、うれしいかも。
高校生にかわいいって言われちゃった☆
で、次の瞬間。

右の男子高校生「お前、相変わらずブス線だよな〜〜〜」
・・・・・・・。
あっ、そう。

久々の更新なのに、オチばっかじゃないのさ。

ちなみにこの間受けたオーディションに受かったという連絡が、
その直後事務所からかかってきた。
OLの役なんだけど、
「うんこか??」
って聞かれる役なんだ。
なんでシモネタなんかな。
でも、こうやって地道に階段進めばいつかはさ、
「うんこか?」
って聞く役になれるかもしれない!!
さぁ、がんばれ!
世の中のブス線を私は大事にするわ。

ユメいっぱい!

今日は久々のお休みで鎌倉にいた。
妹も実家に帰ってきたので一緒に逗子の漁港へ!
ゆうき食堂っていう食堂があるんだけど、
ココで生しらす定食を食べてご満悦。
生しらすにワカメのスープ、どんぶりご飯なんだけど、
この食堂はサラダの代わりにトマトが出てくる。
しかもお椀の中にまるまる一個入っているんだわ。
妹と二人でボリボリかじって平らげた。

今日はすっごく天気もよくて、
漁港で昼寝までしてきました。
フナムシがすごいんだけどね。平気平気!
海にはエイが泳いでいて、
その横でおっちゃんが夕食をかけた釣りをしていた。
なんかいいよねー

逗子マリーナの海岸沿いを歩いていたら、
中で結婚の披露宴をしている所を発見。
興味津々で防波堤から背伸びして見ていた(怪しい)
丁度、新郎新婦の紹介をしているところ。
「杉田ナオトさんは高校卒業後自衛隊に入隊現在は・・・」
「渡邉サチコさんは看護専門学校へ入学し、現在は介護の・・・」
なるほどなるほど。それで?
「お二人の出会いは」
来た来た!合コンかぁ?(やや荒んだ姉妹)
「サチコさんがハンドバックを落とした所、
親切なナオトさんが拾ってあげたことがきっかけで、
おつきあいが始まりました。」
まじで〜〜〜〜???
「そんな優しいナオトさんに惹かれたサチコさん」
ほんとかい?
「ゴールイン!」

ってそんなもんなの?すごいーーー
「うわっ、ハンドバック落とさなきゃ!」
と妹と大盛り上がり。

ex
[おっ!あの人ベンツの鍵持ってる]
そ〜れ!(バッグを投げる)
女「きゃぁぁ〜バッグが落ちちゃったわ〜!ないない〜」
男「お嬢さん!ハンドバッグ落としましたよ」
女「ありがとう!素敵な方」
男「大丈夫ですか?中身はなくなっていませんか?」
女「ええ、それよりお礼にお茶でもいかがかしらっ」
・・・・
ゴールイン☆(作戦成功)

こんな感じかな。
って、ボーリングじゃぁないんだから・・・・。
「でもこんなんで人の出会いはあるんだから、
世の中分からないもんだねーまったく!」
「どこで出会って結婚するかなんて分からんよぉ〜」
「だっからよね〜」
「でーじよ」
なんて姉妹で久々の方言トークをして盛り上がった。
こんな会話してっから、バッグ落としたってだめなんだよね。
そもそもさ、バッグなんて落とす?
ありえないよねー

今日は吉報がひとつ!
弟が現在高校三年なんだけど、大学が決まった。
まさかの指定校推薦とれたんだって!
受験で大学に入った私的にはうらやましい限りなんだけど。
でも、京都の大学らしいんだよねー
姉妹「やたっ!大学説明会に入学式は行くから」
という訳で、京都に泊まり先ができた。
嵐山で満開の枝垂桜を見たいもの。
なんて素敵なことだろう。

めでたいので海で乾杯してきました!
でもさ、大学かーいいね!
大学は楽しいもんなー
また行きたいな。

手術

一昨日、愛犬miffyの嫌な予感がする夢をみた。
なんだか気掛かりで、朝早くに目が覚めて、
昨日は一日気にしてmiffyの行動を見ることにした。
やっぱりヘン・・・・
水を飲む量が増えて、ご飯をあまり食べていない。
人恋しい目で私たち家族を見ている(気がする)。
昨夜、立ち上がろうとして立てなくなった。
腰が落っこちて、足が開いちゃう。
やっぱりおかしい・・・・
心配だったので、夜中に病院へ連れて行って検査をした結果。
子宮蓄膿症(子宮と卵巣に水か膿みがたまってしまう病気らしい)
の可能性が高いことが分かって、入院することになった。

今朝、会いに行ってきたけど、
見た目は元気そのものなんだけど、
やっぱり検査の結果は変わらなかった。
子宮蓄膿症は、早く対処しないと手遅れになるからと、
今日のお昼から子宮の手術をすることになった。
取ってしまえば、問題ないらしいんだけど、
彼女の場合、年齢が11歳だから、術後の体力が心配なんだって。
久々に落ちこんじゃってるよ・・・。

弟の大学が決まって、家を出ることになったこと。
私が都内へ引っ越しをすることが決まったこと。
父の勤め先が変わって家になかなか戻れないこと。
miffyはそんな家族の変化に気付いたのかな。
考えたくないけど、動物ってそういう時の変化を感じ取って、
本能的に「引き際」を感じるものなかのかな。
そんな気がした。

私が中学の時にお家にやって来て、
弟が家を出る今まで家族を楽しませてくれている家族の一員。
だけど、動物は基本的に人より長生きはしないものだし、
必ず「死」には直面しなくてはいけない日が来る。
「もっと遊んであげれば良かった」ってこんなことになってから
真剣に考えるんだから、全く勝手だよね。
動物はさ、口が聞けないから、
夢の中で「気付いて!」って助けを出したり、
目で訴えて、密かにアピールしているんだろうな。
もっと見てあげなくっちゃいけないよね。

すごく勝手だけど、
だからこそ気付いてあげた今から、
もう何年か後の寿命がくるまでは、
miffyの存在を感じて過ごしたい。
この11年、楽しませてくれたお礼もできてないまま、
いなくなっちゃったら、悔いが残るよ。
そう思っているけど、これまた自分勝手な考えだな。

とにかく、
miffyの体力に賭けるしかない。
今から手術がはじまる。

手術終了

miffyの緊急手術が終了した。
12時〜14時半と意外に長くかかっていた。
家に電話があり、手術は無事終了。
17時に麻酔が覚めるので会いにいくことにした。

病院についてmiffyと面会・・・
すごく穏やかで嬉しそうに迎えてくれたけど、
やっぱり麻酔のせいか朦朧として、元気はなかった。。。
生きている姿に会えて嬉しいんだけど、
私たちを精一杯にお迎えしていて、気の毒なんだもん。
なんだか無性に悲しくなっちゃった。

病状を聞いて、摘出した子宮と卵巣も見せていただいた。
「子宮蓄膿症と卵巣脳腫」
通常大型犬の子宮の幅は女性の小指くらいの太さで、
卵巣もビービー弾1個分くらいの小さなもの。
でも、miffyの場合は子宮が半径1センチ位に腫れ上がって、
まるで腸でも見ているみたいだった。
「相当ヒドい状態でしたね、気が付いてよかったです」と言われた。

もしも夢を見ていなかったら、病院へ連れていかなかったら、
あと1週間も待たずに突然死んでいただろうって。

本当はわたし、10月放送のTBSの番組のリハーサルだった。
でも昨日電話があって、
「明日は中継先のリハで、あなたはスタジオだからばらしね」
と言われて突然仕事が休みになった。

色々な「たまたま」が重なって、miffyは助かった。
不思議なもんだ。

あと2〜3日は感染症や発熱の恐れがあるらしいので、
まだ安心はできないけれど、
一先ず手術が無事に終了してよかった。
早く退院できて、海岸を一緒に歩きたい・・・。

驚異の回復力

2回にわたって、miffyの病気について話してきたけれど、
その後の経過を話すことにしようと思う。

手術が終わってからも、感染症の危険もあるので、
2〜3日は入院の予定だったんだけど、
「ご飯も全く食べずに、トイレもいかない、眠らない」と
次の日の朝に病院から電話がかかってきてしまった。
・・・ということで、
急きょ退院。
お腹を切ったばかりだから、立つのが大変!
それでも一所懸命に私たちの輪に入ろうとして、
必死で立とうとする姿は涙ぐましい。

次の日。
「この犬、本当に病気でした?」と言わんばかりの回復。
自力で立てるし、歩ける。
散歩も行けるし、ご飯も良く食べる。
12歳の老犬が寝たきりにならない為には、
リハビリをしなくてはなりませんと言われていたけど、
既に余裕である。

miffyの場合、何が生きる活力になったのだろうか?
それは「いやしさ」から来ていると思う。
家に帰ってきて一番はじめに立ちあがった理由は、
弟が食べているアイスが欲しかったからだ。
これは良いリハビリ方法かも!
弟の向かいに私がおやつを持って呼ぶ。
私の方にくる。
これを繰り返すと、miffyは行ったり来たり・・・
最終的には相当フクれ面していたけど、
何度も立ち上がっては歩いてくれている。
「いやしさ」からとはいえ、凄い回復力だよね!
実にyaya家らしいリハビリ法である。
おかげで、miffyは食べ物に異常に敏感になり、
一層「いやしさ」が増している。

何はともあれ、無事手術も成功して、
順調に回復しているので安心している。
一緒に海を散歩する日も遠くはなさそうだ。

これは寿司?

miffyの抜糸も終わり、だいぶ心配が減ってきたので、
最近ずっとblogに書こうと思っていることをちょっと。

この前、弟と寿司屋へ行った。
とにかくお腹が空いていたけど、夜も遅い時間。
鎌倉の消灯時間は異様に早いから、
夜も8時を過ぎればスーパーと居酒屋以外真っ暗。
仕方なしに通りかかりの寿司屋へ入った。
そう、回転してるやつだよ・・・

店内はすごく混んでいて、ちょっとビックリ。
しかも「となりのトトロ」に似た曲がずっと流れている。(でも違う曲)
上の段と下の段でにレールがあって、グルグル回っている。
上の段にはお湯飲みが回ってきてセルフサービスになっている。
まぁ、ここまではありえる話だよね。

さぁ、寿司を食べよう!!
と言っても殆どネタが流れてこない・・・
流れてきても、同じネタが4つ位同時に流れてくるし、
とにかくガラガラだ。
赤い厚底のお皿に寿司ネタが流れてきたので取ると、
弟に「ダメだ!」と叱られ戻すことに。

話を聞くと、ここは「タッチパネル注文」式の回転寿司で、
席の斜め上に設置されたモニタで注文をする。
頼んだ寿司は赤い厚底の皿に乗ってやってきて、
席の近くにくると、それを知らせる為にビービー音を立てるのだ。
だから、自分が頼んでいた寿司以外はお手つきになるし、
頼んだお寿司を見逃してしまった時なんか悲惨だ!
言うまでもなく、そのシステムが分からなかった私は、
穴子を一つ見逃してしまった。

さらに驚いたのがネタだ!
シャリの上に肉がのっていたりする。
焼き肉にぎり・コーン巻・ネギ豚肉にぎり・スイートポテト・パフェ・・・
なんなんだ、これは。
しかも、食べたお皿は回転レール脇のお皿入れに入れると、
滑り台の様なレールをスーっと滑っていって、
下に着くとお皿の数がカウントされてモニタに表示されるのだ。
さらにゲームがついていて、注文をすると自動的に釣りゲームが行われる。
当たると"ガチャガチャ"の景品みたいなものが、
上段お茶レールの上からコロコロと出てくる。

店員さんは入り口で席の案内と、
帰りに会計をするだけ!
だってぜ~んぶ自動でやってくれちゃうんだもんさ。
人なんて用ナシだよね。
ねぇ!最近の回転寿司屋さんってこんなにハイテクなの?

注文した寿司は見張らなきゃいけないし、
人の寿司を間違えて取ったら嫌~な目で見られるし、
信じられないネタが流れているし、
ゲームは当たってビービー鳴るし、景品ショボイし・・・
おちおち寿司の味なんて味わってられない。
というか、食事なのかこれ?

何が言いたいかって、
人の手でやった方が良いことって沢山あると思うってこと。
食事は美味しく食べなくちゃツラすぎるわ!
ここに初めてくる外国人や子どもはさ、
「こういうのがお寿司なんだ!」ってきっと思う筈よね。

帰りに「となりのトトロ」のDVDをレンタルしてしまった。
あの曲、絶対に違ったんだけどさ・・・・
なんなんだ。

電車観察

新しい歯磨き粉にしたら調子いい。
今CMしているアクアフレッシュのオレンジ色したクリーミーなやつ!
この前、渋谷駅でクリーミーな泡の帽子をつけたお姉さんが、
「新商品です☆」と配っていたの。
しかも、「かわいい女性限定です!」って言ってた。
そんなの鵜呑みにする自分はアホだと思うけど、
この歯磨き粉は、歯を磨きたくなるほど心地よい!

今日は鎌倉-渋谷での電車の出来事を観察してみた。

☆8:04am鎌倉(横須賀線)☆
今日も日曜なので収録の日!
私はいつもの電車を待って鎌倉駅で待ってたら、
チャンカチャンカチャララン(電車が来る合図のつもり)
「まもなく、2番線に~品川、東京方面、成田空港行きがまいります・・・」
なんかね、いつもと女の人のアナウンスが違うの。
これは、機械で設定された音声が流れているけど、
声がね、滑らかでなんとも優しさがこもった。
やっぱり、観光地だから優しい声にしたんかな。
それにしても、何で声が変わったんだろう。
来週駅に寄ったら聞いてみようかな~

☆8:31am横浜駅(東急東横線)☆
ウンコりんかい線のせいで、乗り継ぎが悪くなった東横線。
でも、こっちの特急は速く渋谷に着くから仕方なく使用。
並んでいると、エスカレーターから一人の女性が降りてきた。
白い七部袖のシャツにカーキーのミニスカート。
ちょっと暑そうなロングブーツ。
でもね、黒いマフラー巻いてるんだわ!
まだ9月です。番組のスタッフの2人は今日も半袖でした。
しかも、顔が赤らんでちょっと汗ばんでいた。
オシャレとはいえさ、季節を間違えすぎちゃヘンだね。
今ごろ首には汗疹(あせも)がブッチブチな筈よ・・・・

☆0:23am横浜駅(横須賀線)☆
電車のホームには結婚式帰りの男女がワラワラといた。
すぐに来た電車に乗ると、
そのうちの男女2人が乗ってきて向かいに座った。
女性は酔っていて、フラフラしている。
彼女の格好は、黒いミニのスリップドレスにストール、
そしてハイソックス丈の黒い網タイツ。(これが色気でまくり!)
10センチ近い黒いヒールを履いていて、キレイな人。

乗車した2人は何やら話をして女性が身をおこした。
「じゃぁ、大変!降りて!!」
そう、男性はこの電車に乗る方向ではないのだが、
女性が酔って帰りに寝過ごしてしまうだろうからと、
駅まで送って起こすと言っているのだ。
しかも、話を聞くと久々に会った友人であり恋人同士ではない。

可哀想かな、男性は彼女に惹かれているのだろうが、
ぶちゃいく君、女性もその気ゼロ!
彼女は電車が発車する前に、必死で彼を降ろそうとしてる。
もう酔いも覚めている様子。

女「明日仕事でしょ?私はもう酔ってないから大丈夫よ」
男「平気だよ。朝4時にもなれば始発もあるから。」
女「でも、駅でどうするのよ!?」
男「駅前の吉野屋かなんかで時間潰すから平気平気」

こりゃ、女の人によっぽど惚れたんだろうね。
この間にドアーが閉まって2人は駅まで行くことに。

と!この瞬間!!見てしまった!!!
「うぅ~ん♪」と言って、女性は急にクネクネしだした。
で、彼の肩に首をもたれて手を握った。
網タイツ足を彼の足の下に入れて、
腕を組んでそのまま眠りだしたではないか!!!

すっご!
これが魔性か。こぇぇぇぇぇ・・・
男、嬉しそう~顔の筋肉ゆるんじゃってるよ。
だらしな~~。

きっとさ、彼女はこのまま駅を降りて、
彼を吉野屋へ置いて帰るに違いない。
間違いなく彼女は彼を家へは、連れて帰らないだろう。
だって、そういう目してたもん。
こういうの、感で分かる・・・

女には気を付けなくっちゃね。

電車はいろんな人がいて実にオモシロイ!


迷彩服

所属事務所で毎年恒例の年賀状撮影が行われる。
年賀状と言っても、所属タレントのプロフィールと集合写真の冊子ね。

私は入ったばかりのペェーペェーだから今年が初めての撮影!
この撮影は毎回洋服にテーマ柄やカラーがあるらしく、
去年の年賀状はみんな色々なチェックの洋服を着ている。
用意された衣裳を着る人もいるけど、私服も持ち寄る。

明日はその衣裳合わせの日なのだ。

今年のテーマは「迷彩柄」。
戦争映画みたいに機関銃とか片手に、
みんなで出兵の前集合写真もどきで撮影するのかしら?
はたまた「バトルロワイアル」みたいに学校戦争風とか??
集団ほふく前進!!とか???
って想像膨らましていたら、柄だって。(自衛隊が着てるやつかと・・・)

それにしても、
わたくし一着も持ってない。

今年は迷彩柄が流行っているみたいね~
渋谷のセンター街を歩いて感じた。
そこで私、秋服として迷彩柄の服を購入することにした。
若い子が集まる109(マルキュ~)へ行って洋服探し!
なんだか109って、clubに来たみたいね。
音楽の音量すっごいんだから!!
まぁー超ミニスカートやら、ダウンやら迷彩柄がわんさかあったよ。
でね、可愛いジャケットを発見!これなら普段も着れるわ。

試着したらサイズもよかったから買っちゃいました。
裾がえらい短いチマ・チョゴリみたいな丈のジャケット!
サイズもキュッと小さくて、スレンダ~に見えるんダ~

帰宅して家でもっかいファッションショー☆
母は、「ふん、いいんじゃん。でも私には分からん!」ってさ。
毎度の事なので腹も立ちません。

でもね、この後、いつも必ず言うのよ。
「ちょっと私も着てみようかしらっ?」
今日ももちろん言ってきた。
「こういうジャケットの下にはこういうタンクトップよね!」
ってママさん気合い入れて、下まで着替えちゃってるからね。
振り袖ふるわせて、何してんのさ。
コワイ、コワイ・・・

♪~試着終了~♪
今回はひどかった・・・・
「おばさん、ライフジャケット着てマリンスポーツですか?」
「あっ、釣りの浮きは胸のポケットに入れてね」
「いやぁ~洗濯すると縮んじゃうからね~」

感想はこれ位にしておかないと、痛い目に遭いそうだ。
あのさ、やっぱり若い子の服は適齢があるね。
彼女も自覚した方がよい。
今回ばっかりはフォローできんかった。ごめん。

ちなみに弟も着てみたけど、
なんか・・・・
「『赤紙』来ちゃいましたか?いよいよ出兵ですね(涙)」
って感じでした。
弟は韓流ブームに乗ればモテるかもしれない。
ブームに乗れればいいね。

Recent Entries
Categories
Monthly Archives
Search this site