Top Page: メイン
Previous Archive: 2005年10月
Next Archive: 2005年12月

演技って面白いのね!

「女優」になりたいんです!って言うのは簡単だけど、なれるのはほんの一握り。
そんな業界目指して、コツコツ稽古をしているわけだけど、しかもスタートが超遅い訳だけど。
最近本当に「演技すること」がとってもとっても楽しい☆面白いんだわ。

今週日曜日、日テレ「行列のできる法律相談所」の放送があった。
あの、なんとも下品なタイトルでキレて「訴える」役をやってたの。
びっくりしたことに、次の日にメールで「yayaちゃんウ○コでてた?」とか聞かれた。
しかもその日は次回(1月放送分)の撮影中だったから、「はっ?なんの話??」って状況。
・・・てか、聞き方考えてよ!って感じだ。
すごく久しぶりの友達のお母さんとかから電話来たり・・・。
一番笑えたのは、弟くんが学校の同級生に
「いやー(弟に)似てる人がテレビ出てたぞ!」って言われて帰ってきたこと。
「姉です。」って言うのに躊躇したらしい。
まったくヒドイ話だ。

しかし、
テレビってスゴイな。見てる人いるんだなー怖いわって思いました。
ちなみに、次回は最低な女の役!1月22日放送。
嫌~な女っぷりがちゃんと出ていますように☆

さて、こんな感じで小さな仕事をちょこちょこしながらも、
来年、新国立劇場で上演する作品のオーディションの2次が決まった。
また、李相日監督の新作も受けてきた。李監督は、韓国つながりがちょっと嬉しいし。
こういうのに受かっていくと嬉しいんだけどな~~~。
とにかく、仕事もっと欲しいなー演技したいねー
舞台やりたいねー。生!!

さぁ、今日は今から白石加代子さんの作品を見よっと。
この人やっぱしスゴイわ。(ちょと別のものが見えてる感がある・・・)

いやされてきたり

今日はほぼ一日OFF・オフ・おふ!!(しつこいが)だった。
朝から「ゲルマニウム温浴」へ行ってきた。
都内だと、通常20分で1500円とかなんだけど、
うちの近所は、入れるだけ入って1000円なのだ。(とはいえ、忍耐的に限りがあるが)
な~んて素晴らしいんでしょう!ってことで、チャリで浸かりに行ってきた。
しかも、ゲルマのおばちゃんに「若いうちから入ってたらいいよーあんた18、9(歳)でしょぅ??」
なんて言われてしまったので、超ご機嫌☆(ホント、これ聞いて不愉快にならないで下さい)。
もちろん否定したってば。
「いぇいぇ、もうちょっと上ですよん」って。
ちょっとという部分が図々しいと友人に言われた。

午後は馬喰町の問屋街でお買い物withかつらちゃん。
彼女は舞台女優さんなんだけど、今は少し時間があるので東大のお仕事を一緒にしてる。
それで、東大に行く前に問屋デートを企画したわけだ。
うちは母が洋服屋さんをしてるから、問屋で買い物ができるのだ!!
セーターを2着、ベロアのキャミ、ボレロを購入。

夕方からは、東大の研究室へ。
仕事というよりは、うちわ打ち上げ!をしてきた。
御徒町の和食屋さんで、串揚げ・さしみ・焼鳥・おでんなどを食べてご満悦~
個室に4人で入っていたのだけど、小さな窓があってそこから料理を出し入れする。
妖怪のようなおばちゃんが着物に割烹着で「おまたせー」って窓を開ける度にドキッとした。
こわい小説に出てきそうなお店だった。

そのまま、今度は代々木上原の洋食屋さん兼ジャズバーへ連れていって頂いた。
フォアグラのテリーヌは抜群で、とろけてまった。煮イチジクとの相性も最高!!
それから、個人的には乾燥イチジクの歯ごたえと味に感激。
イチジクっておいしいのね!
とまぁ、夕方から美味しいものを存分に食べさせてもらい、幸せ一杯だ~

帰りの電車では初めて「女性専用車両」に乗った。
ホントに女性ばっかりなのに、一人だけガタイの良いおいちゃんが乗り込んだ。
つり革に掴まりながら「文芸春秋」を熱心に読んでいた。
女性ばかりの車両って、すっごく違和感があるのにも関わらず、
そのおいちゃんは全く気がつくこと無く渋谷-菊名を乗車し続けた。
端から見て思ったけど、これ相当な顰蹙もんだよ・・・
男性のみなさん!「女性専用車両」は乗るもんじゃぁないです。
相当、周りの眼が怖いよぉぉぉ~違和感・威圧感たっぷりだしね。
私が言うのも難だけど、鈍感はよくない!

マダムチックな一日

今日は、お家でできる仕事だけだったので鎌倉にいた。
同じ高校だった友達と一緒にランチデート!
裏駅(鎌倉駅西口)にある「kura」という洋食屋さんへ行ってきた。
ここのスズキが美味しいんだよねー。雰囲気も良いし私は良く来るお店のひとつ。
でも、ここは鎌倉マダムの溜まり場!今日も昼時はマダムだらけだった。

友達は現役のサッカーの選手なんだけど、
今年までスペイン~ポルトガルにいたからか(関係ないか)洋食屋さんが良く似合う。
身長も高くて顔が小さくて整った顔は一目をひく格好よさ。
フォークやナイフの使い方も見習いたい程美しいし、一緒に食事をしてて心地良かったな。
食事も美味しく、ゆっくりランチは最高のひとときだったー

その後、私は舞台について調べたい戯曲があったから一緒に図書館へ!
なんか良いよねー昼間に図書館とか一緒に行っちゃってさ。
朗読テープで借りたいものがあったのでそれも一緒に借りることにした。
でも、帰ってきて思ったんだけど、
うちってカセットテープ聞けないじゃん・・・・。(あーぁ)
でも、都内の図書館にもなかった戯曲の本は余裕で見つかってGET!
古い書物はほぼ確実にあるのがすごいわ。

図書館で長居してから、またお茶をした。
ハワイアンカフェでゆっくり紅茶を堪能~
早くもクリスマスツリーにクリスマスの曲がかかっているのは腹ただしいけど、
雰囲気の良いカフェでした。
カフェの帰りには、取り置きしてもらっていたバッグを購入。

なんだかのんびりしてて、気分の良い一日だな。
こんな生活ってちょっと鎌倉の小マダムみたいじゃない??
本マダムになる日は遠い彼方の私。たまには小マダムしよっと!


お見合い

弟が京都の大学へ行くので、論文と物件探しの為、家族は京都へ・・・
私は明日オーディションあるし、仕事あるしでお留守番。相当いじけてる私。
(新幹線のチケットまで手に入れたってのにさ)

そんな自分を慰めるべく鎌倉駅へ繰り出して、気を紛らわした。
一昨日食べた乾燥イチジクに恋をしていたから、今日手に入れてきた。
いや、こりゃウマイ!というか歯ごたえがいいわー。ぐにょーってしてて、
食物繊維も摂取できるから、体にも良いし、良いことづくしだにっ!

お昼過ぎに韓国の友人調(チョウ)さんがいるお店へ行った。
ランチが美味しい洋食屋さんだからと思って行ったのだけど、
結局、調さんが作ったユッケジャンにキムチをごちそうになってしまった。
ここはいっつも行くと色んな食べもの出してくれて、私は商売の邪魔ばっかしてる。
調さんのこと私大好きなんだよね☆パワフルで面白くて、韓国語でも話しするから勉強になるのさ!

で、ここでちょっと嫌な予感話が・・・
調さんが目をキラキラ☆させて聞いてきた。
調「どうよ、最近カレシはいるの~??」(これいつもの口癖で、またかって感じ)
yaya「アニョ~、いないんだわー」(アニョ~は「いいえ」ってこと)
調「チンチャー?(本当に)」
yaya「チョンマリヤァ~!!(本当だってば!!)」
と、ここまではいつもの調子だった。
調「写真を持ってきなさい!」
yaya「???」
調「いい人紹介するから、今帰って取ってきなさい~」
yaya「はっ!?どういうことさ?」
調「yayaに紹介したい人がいるんだから!ね、さぁ帰って」
うちの家族もそうだけど、こういう時の事の早さは韓国っぽいなぁーと思う。

という訳で、半ば強制的に「いい人を紹介」されることとなった。もち韓国人男性だそうだ。
今日本では韓国人男性と結婚するために努力している女性が多いとかって話があるよね。
はたして私との会話成り立つのだろうか・・・。
というか、調さんは友人とはいえもう歳は40歳以上の女性なので合コンとかではない。
しかも韓国は日本と比べてもう少し「紹介」の意味合いが違うんだよね。ホンキモードってこと。
これって・・・・「お見合い」!!!
やばい、軽い気持ちで会話するんじゃなかった。
このままじゃ調さんのパワーに飲み込まれて危うく成立してしまうではないか!
やだよー、髪7/3分けに後ろ刈り上げしてる男性とか。(ってすんごい偏見)
赤いマフラーグルグル巻にしたメガネの貴公子とか。(相当勘違い)

写真を取りに帰っている間、調さんから電話が来た。
「ごめんー用事が入って今夜は会えないんだよー写真は次回ね」
うわーぉ!よかったー逃れたーアブナイアブナイ。
次会う時までに、何かしらの言い訳を考えねばならないな。
いっそのこと、イチカバチカ会ってみるか!?
でも私、「我が家の味キムチ」とかまだ作れないし・・・
うーん、うーん、うーん。どうしよう。

演出家の一言

来年<秋>公演される舞台のオーディションへ行ってきた。
なんてったって受けてみたい演出家の作品だし、絶対出たい!!意気揚々と家を出た。
劇場のリハーサル室で行われたんだけど、すごい人の数。
12人ずつゼッケンを付けてリハ室へ誘導されて入るんだけど、同じ歳くらいの子がゴロゴロいた。
隣の2人組がこんな会話をしていた
A「私、オーディションって始めてなんですけど、スゴイですね。」
B「私も緊張しちゃって・・・」
A「なんか、まわりの人達みんながスゴイ人に見えちゃって」
B「みんな出来る人ばっかりって感じですよね」
すごく良く分かる。
私もよくそう感じていたし、「うわー受かりそう・・・」って人が必ず2人位いるんだよね。
でも、これに惑わされてちゃダメダメ!!
そう言い聞かして会場へ向かった。

ちなみに、今回は服の指定があった。
肘・膝の見える服に、白い足袋・・・。さらにゼッケン。
夕べは普通に準備していたけど、これ集団で見ると相当オカシイ格好。
足袋ってやっぱり着物以外は似合わないんだね。すごくヘンだもん。
しかも、この格好で今東大で仕事をしている仲間2人にバッタリ遭遇。
同じ作品を受けてる人って多いから、おもしろいね。

オーディションはダンスを3曲(モダン系・クラッシック・和)、
台詞を2回(どう見てもおかしな格好で動きながら読みあげる)
水平にひたすら歩く。
最後に演出家が一言「和傘をもったことない人・ある人」を聞いた。
退場寸前に「持ったことない人、この世界は厳しいからねーもう帰っていいよ」だって。
目がこえぇぇぇぇぇぇー!!!!この一言超怖いー
これって用無しってことでしょうかね、やはり。

やっぱり厳しい世界。それに演出家って目の光り方が怖いー
とまぁ、こんな感じで状況把握をし難い状態のまま終了した。
どんな公演になるのだろうか。
12人全員が鳥肌に包まれながら会場を後にした。

こんなんじゃぁ~ダメだぁ!!

ここに書くかどうか悩んだけど、やっぱり書いておこっと。
オーディション、落ちてしまった。
うぅぅー最終面接を逃したのは痛い。(面接受けたかった)
新国立劇場は相当出たかったから、ホンキで悔しいわー。
しかも私は舞台に出たいんだけど、舞台のオーディションぼろぼろ落ちてるの。
こんなんじゃダメダメ!なんとかせねば。実力ないなぁー・・・。
今から努力できることを考えていかないとだな。
日々是前進っていうし、毎日コツコツやらなきゃダメだよね。

☆コツコツリスト~☆
・腹筋、背筋、ストレッチ
・ボイストレーニングと歌
・ダンス(バレエ・ジャズ・タップ・ストリート)
・体調管理(声の管理とかね)
・食事の管理(太い子は見てくれない事もあるからね)
・お肌の手入れ(肌が汚い人を好きな男性は一人といないって本に書いてあった)
・演技の練習
・滑舌練習(ドモルとイラつかれちゃうものね)
・舞台や映画など沢山の作品を観る
・本を読む
・人間観察

・・・・てかさ、これ全部やったら一日が終わりそうよね。
大竹しのぶさんとか、黒木瞳さんとか秋山奈津子とかさ。(私スキなんだけどー)
キレイで演技うまくて、歌も踊りもできる上に子供もいるけど、どんな生活してんだろか。
女優さんてさ、「優れた女性」って本当だね。
日々の生活や観察力そのものが演技につながる訳だし、サボると全てに反映されてバレるし・・・。

とりあえずやってることは「禁酒」。まだ続いてる~☆
もっと精神的に強くならんといかんな。
こんなんじゃぁ~ダメダメダメだぁー!!!

打たれろ!!もっと。

昨日は、早稲田大学へ行ってみた。
早大の小野記念講堂で「寺山修司」についての講演があって、
元「天井桟敷」のメンバーでyayaの恩師萩原朔美さんからのお誘いだった。
萩原朔美先生・九條今日子さん・安藤紘平先生の対談だった!
九條さんは寺山修司さんの奥様で、元松竹女優さん!
安藤先生は「天井桟敷」のメンバーで今は早稲田大学の教授。
凄く面白いお話で、寺山さんについてもっと知りたくなった。(裏話が面白かったー)

講演の後に、萩原先生・九條さん・安藤先生と、映画監督の山田武さんと夕食へ・・・。
またもや、打たれてきました!!
殻にこもってしまう自分と離れられないんだよね。
それをズバズバ~と見透かされていて(当たり前だけど)、
「そんなんだから、演技者になれないんだ!!」って言われてきた・・・・。
分かってるんだよーダメなことは。
でも、ダメなまんまなんだよね、まだ。やんなるわー
自分でも分かってて治したいことを、どうやって変えればいいのか分かんない。
殻を無くしたいよー!どしたらいいのさ。
どうしたらいいのさーーー!!!

意味分からなくなりながら「身毒丸」借りてきた。
寺山、蜷川マジックに洗脳されてこよっと。

「失恋ソング」

歌のレッスンで、「失恋ソング」というお題がでた。
これはつまり、自分の失恋した時のことなど思い出す歌であり、
聴いたり歌ったりする時に自分の感情を入れられるものをという指定だ。
さぁー困った困った。
「失恋ソング」ねー・・・。何がいいかな。(って程あっても困るが)
曲を考えていて思ったんだけど、失恋の苦しい、甘酸っぱい気持ちって、
なんか随分昔にしか味わっていない気が・・・・。
じっくり考えると、私が失恋ソングを思い出す時期って中学・高校なんだよね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『卒業式でもらった第三ボタン』
あれは、中三の冬。
A君は、バスケット部でとても人気のある男の子。
盲導犬の子犬を預かっていたので、私達は良く犬の話をしていた。
A君は、優秀で美人なB子の事がスキという噂があったけれど、
本人は「そんなことはない」と言ったので、私はひそかに想い続けていた。

そんなある日、ついに一緒に横浜へ遊びに行く約束を掴んだ!
学校で話して友達にバレるとマズイから、時間は電話で決めることになった。
前日にウキウキして服なんか考えながら彼に電話したら、
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」
電話の向こうで話しをしてくれない。そして、
「・・・ごめん、やっぱり一緒には行けない。オレ、B子のことがスキなんだ」って。

どうして?B子はそんなんじゃないって言ってたじゃん。
一緒に横浜で映画観て、中華街行こうって言ってくれたじゃん。
言いたい事は沢山あった筈なのに、一言も言葉にならなかった。

お先真っ暗になって、目の前がグラングラン揺れちゃって、
ショックすぎて声も出なくて、机に向かって泣き続けたっけ。
次の日が日曜日だったから腫れた目を見られないで済んだことも覚えている。
その後は学校で会っても気まずくて目も合わせられない日々。

それでも彼の事がスキで、忘れられなかった。そして想い続けた。

卒業式にA君がB子に告白したと知った。
でも、彼にもっかい告白したんだよね、わたし。
そしたら、「第2ボタンはあげられないけど、今までありがとう」って、
名札と学ランの第3ボタンをもらった。
その瞬間を思い出す曲がこれ!!

「君と出会った奇跡が、この胸にあふれてる。きっと今も、自由に空も飛べるはず・・・」
当時フジTVドラマ「白線流し」の主題歌、スピッツの「空も飛べるはず」が流れ続けた。

これが私の中学の失恋その2。(1はそのうち)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このノンフィクションストーリー、一番の悲劇は「第3ボタン」だ。
つまり、A君は第2ボタンをB子にあげたので、私には第3ボタンが来たわけだ。
なんてこった。
その後、高校の学区も違った彼とは一度も会うこともなく今に至る。
そして、その第3ボタンはこの前棚の中の宝石箱から出てきた。
さらにもう1つ。中学のボタンがあるが、この話は次回・・・。

「失恋ソング」はスピッツの「空も飛べるはず」に決定。
世代が出るな。
みんなはどんな「失恋ソング」を持っているのか?ある人は書いて欲しいデス。

「私の頭の中もケシゴム」

相変わらずちゃんと帰らない日々が続き、更新も停滞してたわ。
まず、日曜日は情報の収録アーンド、オーディションへ行ってきた。
収録そのものは14時からなんだけど、技打ちや準備があるのでスタッフは9時半スタート!
そして10時半に抜けだして渋谷の面接会場へGO!(近いからラッキー♪)
非常に短い面接を終えてNHKに帰宅。何食わぬ顔で作業を続行。
収録も淡々と進み、18時には終了~☆

またもや、出演の塩山みさこちゃんとタイ料理デートしてきた。
実は私、タイ料理だけのお店へ行ったのは人生初めて・・・。
韓国の混血とはいえ、辛いものがスキなくせに弱いんっすよね。(情けない)
でも、凄くおいしかった!!んで、サラダがむっちゃんこ辛かった。
女性2人の会話というのは、どうにも終わりがなく永遠に話してしまう。終電まで話しは続いた・・・。
ちなみに、会話の内容は少々寂しい女性なので、端おります。

さて、昨日は「私の頭の中のケシゴム」を観に行ってきた。
随分前に、事務所のマネージャーさんが、この原作本を借りて読んでいたので、
涙の準備はまぁまぁしていたんだけど。
これ、やば~~~い・・・。号泣!
普段は泣ける映画や、恋愛映画は観に行かないようにしているが、
今回は、マネージャーさん、社長さんと一緒に行くという話なだったので例外。
アルツハイマーにかかった27歳の女性の恋物語なんだけど、
もぉーさ、なんでこんな病気がこの世にあるの?
「精神の死が、肉体の死よりも早く訪れる」って残酷だよ。
タオルが鼻水と涙でシットリしてしまった。

そして今日は昼間、友人の家から渋谷のTSUTAYAへビデオとCDを返しに行った。
CDは延滞していたので、料金を払い、さっさと駅へ戻り、
東横線の特急が来ていたので、座ってのんびり、発車のベルが鳴ったその時・・・。
飛び降りたよ。
だってさ、「私、TSUTAYAでビデオ返却し忘れてる・・・・・」。
もうろうとした思考でお店へ返却しに戻ったんだけど、
私、アルツハイマーじゃないよな。本当に違うよね。
あんな映画を観た後だから、本気で不安になる。
私の頭の中にも、ケシゴムがあるっぽい。しかもMONOのでっかいやつ。

ラーメンがほしい

「無性~にラーメン食べたくなることない?」と良く聞かれるが、
私の場合、まず無い。
ラーメンは嫌いじゃないけど、"ソバ"はアレルギーだし"うどん"もキライだし、
"冷麺"なんて特にあのゴムっぽさにアゴが負けて疲れきってしまう・・・。
ということで、"パスタ"意外の麺類には非常に弱い。

しかし、今日。(いや、良く考えれば昨日の深夜から)
「超~~~ラーメンを食べたいの!!」「無性に」よ。
原因を探ればいかにも簡単。
昨日弟がデートで横浜にある「ラーメン博物館」へ行ってきたからである。
色々な地方のラーメンがぎゅっと一箇所に集まった博物館。
そのチラシを見てしまったの。何の気なしにね。
その時に、特に美味しそう!!ってラーメンを発見したわけでは無いのだけど、
とにかく今朝から「今夜はラーメン食べたい」と思ってしまったわけだ。

今夜会う予定の友人にもラーメンで合意してもらわねばと思いメール。
でも、そんな彼女から悲しいお知らせ。
「ごめんね、約束が入って終わんなくなっちゃったの」
そんな彼女にフラれちゃってから、ラーメン同行者を探し始めた。

でもさ・・・こんな時に限ってだんれも見つからないもんなんだよね。
しかも私自身仕事が終わらなくてワジワジしてきちゃったり。
そんなこんなで現在20時。
1人でラーメンを食べに行く勇気も出ないまま、まだ会社。
結局空腹のまんま自宅で残りのおでんとか食べることになりそう。
神様、1人でラーメン食べることのできる勇気を頂戴!

こういうとき、「友達・・・いないらしい」と暗くなってみたり、
素で落ち込んでみたりする。
あぁーもうお腹すいた。無理、限界!
おでんでも良くなってきた。

☆・・☆ラーメン叶う☆・・☆

朝っぱらから興味ない方に申し訳ない自己満足ブログなんだけど、
ラーメンを食べることができたー!!!!
昨夜、ブログを書いた後、諦め”おでんモード”で自宅にも
「今日、ゴハンお家で食べることになるから(不機嫌)・・・・」と話した直後、
つながらなかった友人から留守番電話。
携帯着信のランプが天国の光の様に感じられた。
速攻電話すると、「ラーメン食べたいんでしょ?連れてってあげる!」って☆

「はいー食えるならどこへでも行きます。わたくし。」って気分急上昇で、
早稲田にある「一風堂」へ連れて行ってもらった!
とんこつラーメンを食べたのが未だ数回しかない私には、これまた感激。
たらふく食べて、本当ーに満足でした。ごちそうさまでした~

しかも今日は「失恋ソング」を歌う日。
この後、「失恋ソング」練まで付き合わせてしまった!
更に、遠い彼方”鎌倉”まで送っていただいて・・・もぅ、本当に感謝でございました。
やっぱり、持つべきものは「友達」よね。あたし、幸せー
ラーメン一つでこんなに気分良くなる私って幸せモノー

大人の青春〜ER編〜

長かった。何がって昨日から今日・・・。
たった2日で3日分くらいの楽しさと、ハプニングと、一体感と感動を味わった。
11/26am5:00から一日が始まった。
東京大学「おやこdeサイエンス」ってプロジェクトに参加させて頂いていた私。
ワークショップ当日のMCをさせてもらった。だが東京は遠いので早起き!
ってか外、真っ暗だったよ。冬って日の出が本当に遅いんだねー
横浜駅に着いてやっと太陽が顔をだしたもの!
リハーサルを一通りしてお昼から本番スタート。
超ー!上がり症のyayaはオープニングで必ず頭真っ白になる・・・。今回も。
しかし、白くなってちょっと落ち着くと声が出るようになるんだよねー
参加者は120人なんだけど、こんなに一度に人が注目してくれることってないから、
すっごく良い緊張や嬉しさが常にこみあげて、アドレナリンばんばか出ちゃってた。
なんだかんだ言って、人に見られる時の窮屈さがスキみたいだわ☆
サイエンスということで、面白い実験を沢山するんだけど、私自身感動しちゃって、
脇で「おぉー!へぇー!!ほぉー」の連発。おかげで理科好きが増したわ。
ワークショップが終わってから、子供に「サインください」って言われたり、
「握手してください」って言われた時なんて、泣きそうだったもんね。・・・うれしひ。

さぁて!この後はお待ちかねの打ち上げ!(yayaの今日の楽しみの一つだった)
東大の近くの飲み屋さんで30人位がぎゅうぎゅう詰めに座って宴会♪
楽しいねー。色んなジャンル出身の方が集まるとこうなるんか!って感じで。
私は大学の頃にあまり飲み会とかなかったから、今が楽しいんだよね。新鮮で。
しかも、色んな大学の先生、学生さん、女優友達、アパレルと幅広いから話題が沢山!!
楽しさあまり、自宅の終電を蹴って2次会へ参加。

さて、2次会。
だいぶみんなもほろ酔いで、泥酔の人に気が付かず........
気付くと約1名、相当な酔いっぷりを発揮しているでないか???
うわぁーどぇらい飲んでるけど、平気かな。とは1次会の時から感じていたけど。
yayaの前にいたから眠る瞬間もしっかり見届けたんだけどさ。
寝てしまったのは、今日の昼間すっごく緊張してワークショップを見届けていた一人。
疲れていたんだろうな・・・
寝てしまった人が飲みの席にいるとどうなるか?
マジック購入ー。(しかもマッキー黒極太/赤)
もう、なんだか分からないけど落書きー☆やっぱりやるのが「肉」の字だよね。
「中」を加えておでこに「中肉」。(控えめ)
そして、カワイイおめめ☆(いや、一度でいいから思いっきりやってみたかった。)
でもね、目がどうもリアルですんごい怖いわけさ・・・つねに自分が見つめ返される恐怖。
この場を借りて、本当にすみませんでした。。。。

さて、帰りたいという時間だが、起きない。しかも具合悪そう。顔色真っ青。。。
みんなも酔ってるから、みんな異常に「大変だ!大変だ!!」ってなっている。
ひとまず運びましょうってことで、男性みんなで運び始めた。
が、酔っぱらいが人を運ぶとなんかみんなしてフラフラしてるのね。
しかも、事故現場から救急隊員が病院へ運ぶ時のような集中。
みんな持ち上げていられないからたまに道路とかにゴロッって寝かせちゃったりしてさ・・・
更に、yayaのバッグを別の友達が持ってくれて先に戻っちゃったから私は飲み屋のサンダルだし、
カランコロン・カランコロン響きわたっちゃって。

冷静な先生が「キャスターのついた椅子で運びましょう!」って、一度走って取りに行った。
「なんて頼もしい!」でも、何故か冬に半袖。
ちなみにこの間、とうの本人は道路に寝かされていた。
数分後、遠くから「.....ガラ..ガラガラ...」ときゃすたーの音が響きわたる。
でもって戻ってきたら、椅子なのさ!!あの、会社とかにあるやつ。
私は車イスか、救急隊員が運ぶタンカを想像していたんだけど、素晴らしく「椅子」そのものだった。
心の中でバカウケしている自分に「私、女優になりなさい!」と言い聞かせ。
終始真顔。

椅子に座らせて大通りをガラガラガラガラ・・・・ってどんな光景だよ。
しかも落書きしちゃったから、乗ってる人はまばたき一つしないんだよ。こえぇぇぇ〜!!
まぁ、無事?に搬送終了。
13人の仲間達?に見守られて眠る天使。
もしもの事を考えて本物の救急隊員を呼んだけど、それまで一人ずつ手とか握っちゃって、
今考えると、なんか学生時代の青春物語のようだ。
到着した救急隊員が冷静に診断をしながらぼそっと「あの、この目の黒いのは・・・・」
あぁぁーその話は触れないで〜!落ちなかったのよん。油性マッキーの極太は。

病院へ運ばれた天使を皆で見送って全員放心状態。
手術を終えた医師と助手みたいよね。
これぞERだわ!って盛り上がっていたけど、女優友達が一言「これってE氏リターン?のER。よね」
無事でなにより☆

今日はその(どの?)打ち上げでお寿司を食べに連れていってもらった。
もぅ、美味しい!幸せ。
お刺身のサバが特に美味しいねー冬っすよ。お魚が美味しい!
それから「白子焼き」。塩味の白子をアルミに乗せて焼いたもの。
本当にごちそうさまさまでしたー☆
さーてと!寝るぞ。

姉VS弟

弟くんの大学合格通知が正式に届いた。
推薦だから今さら不合格になった所で、彼は大学受験できる緊張感ではなかっただろうけど。
母よりメール「弟くん合格しました。帰りにケーキを買ってきて下さい。」
なんだよ、使いっ走りかい。
と思いつつも、相当嬉しい気持ちになった自分は、鼻歌なんか唄いながら、
事務所→NHKの帰りに渋谷の東急で永遠ケーキ探し!!
結局自分の大好きなイチゴがのったミルフィーユをホールで買って、
更に大好きなスパークリングワインを購入。いそいそと帰宅♪
ケーキには「合格オメデトウ!!」って書いてもらったんだ〜
久々に家族が揃って乾杯をした。
ミルフィーユを買ったのは間違いだね。包丁が通らなくてケーキはグニャグニャ・・・
見栄えは相当ひどかったけど、味は実によろしかった。

「かんぱーい!!」
解禁した酒はウマいね。特にスパークリングワイン最高。
両親がお酒を飲めない上、未成年の弟。という事は飲むのは私だけ。
ティファニーのシャンパングラスは友人の結婚式の引出物。
まさか、弟とペアのシャンパングラスを一番始めに使うことになるとはな。少々予定外。

ひたすら一人飲みふけり、あっと言う間に空っぽ!
気付いたらこたつで一人・・・そして私はただの酔っ払い。
どうやら家族全員はさっさとお風呂に入って寝てしまったらしい。
寂しくお風呂に入って一人考えごと。
大学かぁーしかも弟は京都の大学へ行くから一人暮らしになる。
いいなーハーレムだよね。男の一人暮らし@はんなり京都(with京女)しかも大学生。

しかし、うちの弟は子供の頃からスポーツ万能のしっかり者で羨ましいほど平和な奴。
自分とはかなり違う人生を歩んでいる。
さて、ここで私と弟の違いを考え直して箇条書きしてみよう。

<姉VS弟>
yaya:精神科へ連れて行くべきか親が悩んだ程の多動児。何にでもこだわるくせ者。
弟  :落ち着いた性格で賢い。姉を見て育ったので怒られない術を知っている。色白もち肌。
yaya:いじめられっ子だったが、態度がでかいのでそうは見られない。お勉強嫌い。
弟  :みんなのリーダー的存在で、頭も良く勉強もできる。中学受験をして私立へ進学。
yaya:一人でいる事を好むわりに寂しがりや。友人はなかなかできず・・・
弟  :常に人が彼を囲みたがる人気者。人に恵まれている。そして実に姉思いの優しい奴。
yaya:勉強で無理なら他で勝負。美大へ進学
弟  :着々と人生を見据える賢い人間。総合政策へ進学。
yaya:感覚派。なんとなく人生。
弟  :分析派。着実な人生。
yaya:右脳派、左利き
弟  :左脳派、右利き

さて、この様に対象的なyayaと弟くん。この先が楽しみだ!
そして、こんな私だが弟より優れた部分があった!!
酒に強い。弟より鼻が高い。(ほっほっほー)
そして、お家では弟は完全に私の管下にいるので、完全服従。
・・・ってか8つ下に対抗してどうするよ。あほか私。

でも、めでたい!家族の幸せ、特に兄弟の幸せは理由なんてなくひたすら嬉しい。

Recent Entries
Categories
Monthly Archives
Search this site