Top Page: メイン
Previous Archive: 2006年4月
Next Archive: 2006年6月

上京(その1)

で、家出をしてからずいぶん経ってしまった。
どうしているか?というと、まだ家出しているのよね・・・。
もはやプチではなくて、列記とした家出だわ。

早速、不動産へ足を運び、だまされかかって帰ってきた1日目。
怖かったわよ。
中に入るや否や、私の担当になったお兄さんは金髪、顔黒、金ネックレスで、
いかにも力では勝ち目はありません。と言わんばかりの体つき。
身長は勝っていたけれど・・・。
家を見に行くことになり、3件ピックアップしたので早速車を出してもらうことになった。
担当のお兄さんが来られないので代わりに来たのは、白くて細いお兄さん。
駐禁の黄色い札を付けられた車(彼のマイカー)で現地へ。
1件目は凄く立地条件はいいけれど、もの凄く狭い。そして高い。
しかし・・・1件しか見ていない私に、
白男「この物件、ぜったい1時間もしたらなくなるから決めた方がいいよ!!!」とゴリ押し。
yaya「でも、まだ他の見ていないのに。無理でしょ?」
白男「でもさ、オレはここが一番だと思うんだよね」
yaya「いや、次の物件見せて下さいよ!」
そこに黒男から電話がかかってきて説得の嵐。
黒男「いやね、次のお客さんが見たいって電話きちゃって、絶対決まっちゃうよ」
白男「じゃぁさ、とりあえず申し込みだけ書きに帰ろうか?」
yaya「いや、そんな急いでないし。次行ってくださいってば」
白黒「じゃぁ、決まってもいいんだね!」
・・・・。
こんなやり取りを1時間もなぜか車の中で取り行われて完全に不動産恐怖症。
しかも、帰りの車での会話とか
白男「浮気ってどう思います?」
yaya「は?」
白男「やっぱ、オレって絶対許せないんですよね。」
yaya「じゃぁ、自分はしないんだ?」
白男「いや、まだ若いからねー」
yaya「だめじゃん!」
白男「いや、男だし?」
yaya「ってか、自分もするなら相手も許せばいいじゃん?」
白男「yayaさんは許すの?」(ってかね、完全にタメ口だったよこの人)
yaya「100%バレないようにやるんだね。途中で浮気しちゃって・・・って話すならするな!」
白男「いや、でも悪いなーって思って話たくなっちゃうんですよ」
yaya「私なら、墓場まで持っていくね」
何故か白男の恋愛相談を受け続け、非常に疲れた。
やっぱさ、バレるなら浮気とかしちゃいかんよね。バレないようにしなくちゃダメだよ!!
なんか、間違っているかな?わたし。
ちなみに、どれも「どうなのさ?」という物件だったので、
二度とこの不動産へ足を運ぶことはなかった。

でね、かなり物件を見た結果。決まったよ、ようやく。
目黒区民になった。
東京って高いね。何もかも。(今更実感)
でもさ、東京ってカラオケ安いね。びっくりする。
ちなみに、鎌倉には駅前にカラオケ屋さんは1件しかありません。

しかし、この2週間というもの、テンション落ちまくっていたなぁー
何もかも嫌。何をしても涙がでちゃう。
何しててもイライラして、誰にも会いたくない。
こんなことって初めてだった。
私って、結構暗いんだ・・・とか関心してみたりもした。
でも、ようやく家も決まり、親とも話しを済ませて、今週末に鎌倉へ行く予定。

ところで、今日ってさ、"Mother's day"だったよね。(なぜか英語)
しかし、この立場的に、「母の日」って微妙じゃない?
感謝の気持ち?といえども、家出をしている身なので非常にしづらい。
よくよく考えてみれば、母の日に母と過ごさなかったのも初めてだったかもしれない。
そんなことを考えながら、
「あっ・・・ヤバッ。ブログ全然書いてないじゃん。」と思いだしたのだった。
そして、親にも連絡を入れてみるのだった。
あぁ、愛犬ミッフィーが恋しい。yaya忘れられてないかな。足腰弱ってないかな。
目黒探検しなくちゃなぁー


上京(その2)

大失敗、しかけた・・・
NHKの仕事で、やらなきゃいきない事が普段の倍あった。
つまり、番組2本分なんだけど。
昨日は朝から役者養成強制収容所へいたの。(うそです。ただの事務所です)
普段はこの収容所(だから、違うんだってば)は遅くても5時前には終わるんだけど、
新たに受けるオーディションのエントリーシートを書かなくてはならず、
・・・というか、以前書いたもののダメ出しの出直しだったわけだ。
書いたり、今後について話したりしていたら、
ガァ~ン!!!20時。

それから作業をしに職場へ向かう。
頑張れば1本分は完成するだろうし。

そ・れ・に・
「だって私、東京だも~ん☆終電なんて怖くない~♪」
って思ったから、夜0時30分すぎまで余裕で作業をしていた。
この時、別の番組担当の方が一人いて、2人でコツコツ作業をしていたんだけど、
帰りのエレベータで一緒になったの。

D 「やぁ~マズイなぁー終電がぁ!!」
yaya心の声 「大変ね。遠くに住んでる人って☆」
D 「yayaさんは大丈夫?」
yaya 「はい☆近くなんです!」
D 「いいなぁーボクは走らないとマズイかもしれない!」
yaya 「どちらですか?」
D 「池袋です。」

yaya 「え”っ!?」
yaya 「近いじゃないですか?だって」
D 「いや、でも45分が最終だよ!」
yaya 「・・・私も走ります。」

ってことで、2人でダッシュ!!!
結構ギリで帰宅することができました。

そうだよね。
当たり前だけど、東京だって、山手線だって、「終電」ってあるんだよね・・・・。
なんか24時間走っているとまでは思っていなかったけど、
「終電」があるって意識が、ほぼ皆無だった。
夜中も電車が走っているものだと、思い込んでた。
危ない。

でも、沖縄の地元の友人でこんな人がいた。

H 「東京ってば、電車が時間通りに来ないってば!」
yaya「そう?結構時間通りにくると思うんだけど?」
H 「この前なんかよ、10分近くも待たされたさ!」
yaya「事故とかあったんじゃない?」
H 「ナンも放送されなかったやし、時刻表持ってても意味ないさー(怒)」
yaya「何?持ち歩いているわけ?」
H 「当たり前さ~♪(自慢気)」

見る
横須賀線の時刻表。何か嫌な予感。

yaya「これで、どこの電車に乗ったわけ?」
H 「どこでもよ!東京でも横浜でも。」
yaya「横須賀線?」
H 「いやぁ、なんでもよ。とにかく!」

彼は、1枚の時刻表で全ての電車の乗り換えを調べていた。
そりゃ、来ないだろ。

yaya「電車ってのは、それぞれの駅でも、電車でも時間が同じなはずないでしょ?」
H 「・・・・。」
yaya「だからよ~」

電車がニガテな気持ちって良く分かる。
けれど、さすがに私も彼の勘違いにはビックリした。
でも、その後の彼はもの凄い不満そうで、がっかりしてたなー

上京(かもめ編)

ドアtoドアで、実家から銀座テアトルシネマ(映画館です)は2時間かかる。
今日はというと、都内で移動したのに1時間40分。
迷子になった。
銀座テアトルが1丁目にあるのに対して、私が歩き疲れて見た住所は七丁目。
えらい遠回りをして行ったみたい。
結局、道が分からないとどうしようもないんだね。
ちなみに、大学のころに会社勤めてたんだけど、京橋と銀座の間・・・。
毎日通勤していたのに、ダメだね。

銀座テアトルでは、念願の「かもめ食堂」を見たの。(19日までだよ!!!)
小林聡美さん、片桐はいりさん、もたいまさこさんの濃い三人が出演で、
フィンランドで営む「かもめ食堂」での出来事が淡々と進むストーリーなんだけど、
これが「食堂」でしょ?しかも和食。
なんだか、お腹が空いちゃうんだよね。
しょうが焼きを作るシーンがあるんだけどさ、これがたまらん!!
(ちなみに、私偏見があって、しょうが焼き嫌いでした)
でもね、
ジュゥゥゥってフライパンで焼いた豚肉に焦げ目が付いて、
肉汁が生姜の香りとともにジュワァ~って出てくるの。
豚肉の端っこがカリっとしたところに、醤油、みりん、砂糖、酒を入れて、
最後にすりおろした生姜を入れて、味を絡める。
お皿に盛った肉に、フライパンの肉汁&しょうが達をかけて、できあがり!
うわーっ!!美味しそう。

まぁ、他にも鮭を焼くシーンや、シナモンロールを焼くシーン、
オニギリを作るシーンなど、美味しいシーンがいっぱいあるんだ。

映画全体は、ローライフレックスで取った写真(クセノタールレンズ)っぽい色あいで、
ちょっと青、水色、緑色がキレイなのね。
朝の市場のシーンとか、トマトやピーマンの色が目立ってキレイだし。
あぁ、この感じも好き!って思いまくり。
しかも、フィンランドって夏は白夜でしょ?だから薄明るいの。ずーっと!
とにかく、いい感じだったなー。
フィンランド行きたいなぁ~・・・・・。(もはや妄想が突っ走るばかり)

でね、夜ご飯はもちろん!しょうが焼きでした。
これがまた、美味しいんだ。
「私ったら、やっぱり料理が上手かも」って自画自賛。
「これなら、フィンランドで食堂開けるかも!」って先走り。

念のため、フィンランドの位置を世界地図で調べた。
「あっ。無理。」
多分、わたし、体温が保てる暖かさではないな・・・。
そんなんで(どんなんだ?)、フィンランドは遊びに行くだけにします。
食堂を開くなら、やっぱり南米とか?アフリカとか?チュニジアとか!!!
暖かい所にします。

明日は、「ジャスミンの花開く」って映画の試写へ行こっと。
都内に来て、映画を見る時間が増えたのは、うれしいね。

上京(すずめ編?)

最近、いないなーって思っていたけど、
結構いるんだね。
「スズメ」って。
都内だけでなく、実家の方にもあまりいないなって思ってたのに、
今いるところは毎朝たくさんのスズメが、うさぎ跳びしてるよ。(歩いてるのか・・・)
よく見るとさ、スズメって結構複雑な模様しているよね。
なんか絨毯みたいな。
目の周りに黒いフチがぐるりとあって、意外と変な顔だよね。。
でもね、瞬きするのね。これは可愛い。
可愛くないのに、瞬きすると可愛いなんてちょっとうらやましい。
だってさ、少なくとも
「yayaちゃんって瞬きすると、カワイイね!」
なんて、言われたことないし。気が付かないでしてるものだし。
一日に何度もするから「カワイイまばたき」なんて意識していたら日が暮れるし。
でも、少しだけ普通より気になるカワイイ仕草があって、それが人の目に逐一付けば、
それって「カワイイ子」になりえるよね~。
なんか意識の問題かねぇ。
いつもする無意識の動きの中にかぁー
・あくび
・咀嚼(モグモグ)
・掻く(ボリボリ)
・伸び
なんか、、、ただのダラケた姿で醜い部分ばかり思いつく。
だめだ。ふりだし。

ところで、月曜日にバンド(の広告)のオーディションが入った。
私、バンドって組んだことないけど、特技に「ピアノ」って書いたから、
キーボード担当になったの。(大丈夫か?)
クラシックならいいのにな。
ショパンエチュード集より「幻想即興曲」いきます!
とか。
でもさ、パンクバンドなんだって。大丈夫私?
それ系の服とか持ってないんだけど。(大丈夫じゃないよ)
しかも、NANAの曲やるんだって。(本気でヤバイんじゃない??)
とりあえず、バンドの練習へ行ってきます。
さて、爪きらなくっちゃ。

なに?ダイエットに効果ありだって?

yaya「タラソ&ゲルマニウム配合のマッサージジェルを買ったのよ~ん!!」
M「ふぅ~ん。やせるわけそれ?」
yaya「そりゃそうよ!これで夏はナイスバディーだわ!!」

ダイエットを繰り返して今回は何度目だろう。
私の場合、タバコがやめられない!って人のように「痩せられない!」
という訳ではまったくない。やせるんですよ、着実に。
問題は、痩せた緩みに太るんです。確実に。(ダメダメだわ・・・)
でも、今回は気合が違う!
なんてったって、事務所の社長に言われたからね。

<ある月曜日>
社長「マネージャー、ちょっと体重計持ってきて頂戴!」
マネ「はーい」
yaya心の声「神様、仏様、ありえませんように・・・」
社長「はい、yaya乗って!」
yaya「・・・・・・・はい。」
!!!!!!(悲劇勃発中)
yaya心の声「お願い、今なら大地震起きちゃってください。」
社長「・・・・・・・・・・・・」
yaya心の声「話をしてください、社長。無言は恐怖です。」
社長「痩せなさい(ニッコリ笑顔)」
yaya「はい。(ひきつる笑顔)」

人の笑顔って、時たま、スンゴイ、怖いね。

とまぁ、こういう訳なんだな。
で、銀座ソニービルへ行ったついでにカワイイお菓子を買おうかなって思いながら、
今回はこれを手にした訳なのよね。
「シェイプ・アップ・スパ」話題のタラソ&ゲルマニウム配合!+ヒアルロン酸入り
チョコじゃない、チップスじゃない。
タラソだ!これだ!!

yaya「だからさ、私はこれから毎日お風呂でコレを使うの!」
M「おーおー!痩せろ痩せろ!!」(妙に肯定的で腹が立つが)
yaya「あぁー痩せるわよ。驚くわよぉー、なんたってタラソ入りだもの。」


M「ところでさ、タラソって何??」

yaya「・・・・・さぁ?・・・・・・・・塩?」

うわーダメじゃん。

タラソ:基本的に海水を使った美容法だが、海藻や泥も使用される。だってさ。

カピバラAB型?なんでそうなる?

珍しく☆合コン☆へ行ってきたの。
私と中学の同級生が幹事で、開いたわけさ。
相手は会社の同僚。私は同事務所のタレントちゃんOとミス鎌倉の同期E。
しかし、完全に自分をネタにお笑いキャラになってしまった。(まじめに話していたのに)
お相手くん「でさ、どんな男性がタイプなの?OちゃんEちゃん?」
OとE「う〜んとね・・・・」
yaya「えっ?」話に参加するのに出遅れた。
お相手くん「どんな顔とかさ?ワイルド系とか?色々あるじゃん?」
・・・・・ってかさ、なんかおかしいんだな。
yaya「あのさぁ〜、なんで私には聞かないわけさ!!」
お相手くん「じゃぁ、yayaちゃんは?」
yaya「『じゃぁ』ってなにさ、『じゃあ』って!!」

ひどいでしょう?

お相手「まぁーいいじゃんいいじゃん?ワイルド系?」
yaya「・・・まぁ、タイプはないけど。オタクっぽい人好きかな」
お相手「・・・・・・・・。」

お相手「Oちゃんって、犬っぽいよね」
お相手「Eちゃんは、猫かなぁー」
お相手「yayaは・・・カピバラっぽいね」
なに?何??何???カピバラって、どういうことよ!?

ね、意味が分からないでしょう?
これでカピバラっぽいって言われたの二度目なんだけどさ、
そもそもカピバラって言われても、ピンっとこないんだけど。
私は今月、上野動物園に行ったから分かるけど。(だから、ショックでした)
もう少し身近なものにしてもらった。
「ハムスター」。
あっそう。もういいよ、何のフォローにもなっていませんから。

場は盛り上がり続けて、楽しいひととき?を過ごしていたその時。
お相手「yayaちゃんって、AB型?」
yaya「えっ?そうだけど・・・・何か?」
お相手「やっぱりなぁー。yayaちゃんってABっぽいもん。話方」

私は決してAB型がどうのう思いませんよ!自分もそうだしね。
しかしね。
唐突に、「AB?」って聞くには、何かしらの理由やらひっかかる部分があるよね。
微妙じゃない?
でも、間違っていないから何も言い返すこともできず。

そんなわけで、出会いはお笑いの相方探しのようになってしまい、
今宵もまともな時間に帰宅して、blogとか更新してるんだわ。

yayaの自己紹介
「AB型。さそり座の左利き。趣味はカメラ集めです。
女優をめざしています。どちらかというとカピバラに似です。」

これ、駄目そうな臭いがプンプンするよね。

東大生1000人にアンケート

週刊誌で、こんな記事を見つけた。
「東大生1000人に聞いた、女の子のタイプ!」だって。
ちょっぴり立ち読みしてみることにしたの。
こんな集計結果だったらしい。

1位 ちっちゃい
2位 かわいい
3位 目がパッチリ

これをyayaに当てはめて考えてみた。
1 でっかい(170cm弱。小さいとはいえない)
2 かわいいとはいえない(だって・・・そりゃキツイよ。でかいし)
3 目がつぶら(うち85%以上が黒目)

ちっちゃいとか、何なわけ?どうしようもないって。
私も中学の頃は小さかったです。はい。先頭でしたよ、当時は。
でも、やっぱりダメなんでしょ?

そして、ライターさんのコメント
「東大生ならば、『賢い人、頭の回転がはやい人』という意見が多いと思いきや、
以外にも、小さくて可愛い女性が好みのようだ。男性はだれでもタイプは同じ・・・云々。」

なんだそれ?でかい女は、もはや小さくなれないんだってば!
頭の回転はやくて、賢い女の方がぜったいいいじゃんね。
(まぁ、どちらにせよ難題だけど。賢いとかなら努力のしようがある)

小さくて、かわいい女の子なんて、
踏まれてしまえ~。
目のでっかい女の子なんて、
ゴミが入ってしまえ~(しょぼい)

さらに、「今彼女がいますか?」の質問に対して
いない人が6割近くだそうよ。

ここにもライターのコメント
「やはり、勉強をしてきたからであろうか?彼女もちは少ない・・・」みたいなことが。

何言ってるわけ?違うって!
でかい女が範疇にないからよ。全く。

もういいや、どうにもならんし。
痩せよ・・・・。


ぬぉ~!!りんご飴が・・・

歌わせていただきます。

♪「りんご飴落としちゃった」♪(クラリネット壊しちゃった風で)

yayaの大好きな、リ~ンゴ飴。
屋台で二個買い、リ~ンゴ飴。
とーっても大事にしてーたのに、
割り箸、抜ーけてゴーロゴロ・・・

ど~しよっっ(ゴロッ)
落ーちた!!!(バリッ)

おー拾っちゃえ、3秒ルール
まだ!まだ!いける!!!
おーリンゴから、真っ赤な飴が
はがれてる・・・
チャンチャン!


ね。悲劇でしょ。可哀想でしょ。
ずーっと楽しみにしていて、冷蔵庫に入れてあったのに。
最も好きな食べ物なのに・・・。
なかなか買えないのに・・・。
屋台で絶対、二個買いしちゃうくらい好きなのに。
リンゴと飴が同時に口に含まれて、初めてリンゴ飴が成立するのに。
飴が無残にもはがれて、リンゴがむき出しよ!

こんなに楽しみにしていたyayaに、悲劇を招いた誰かに恨みを込めて
洗って食べてやったわ!!
お椀に入れて、フォークでね。

ところで、
今日はね、人と再会する運命だったの。(大げさです)
昨日、ふと会いたいなと思っていた、お世話になったディレクターさんに
スーパーの入り口でばったり!お互いに住んでいる所じゃないのによ。
しかも「痩せた?」だって☆
調子に乗って「はい♪」と応えました。

更に、
昨日「スケッチできる人yayaの友人でいない?」と聞かれて、
その時、思いついた友人にもレジでバッタリ!!
(というのも、私、美大卒なんですよ。美に疎いですけど)

彼は、いつも特殊メイクして街を歩いているから、
顔に絵が描かれていない時の、彼を見つけだせたyayaも凄いわよ。
今は、マジシャンのアシスタントで美術、小道具をしてるんだって。
だから「ミニチュア作るのは、まかせて!」とのことだった。
絵画科の友人だから、yayaの何百倍もスケッチをしてきている人だし。
とりあえず、電話番号を聞いてウキウキで帰ってきた。

ウキウキなのはいいけど、
私、雨降ってるのに、
店の外に傘を忘れて帰ってきてしまった。
びっちょり・・・・。


上京(引っ越し準備編)

つまみぐい好きです。

昨日から、引っ越し準備のため、実家に帰ってきた。
狭い部屋に何を入れればいいのか、考えなくてはいけないのに、
鎌倉駅に降り立ってから、思考回路がポーズ状態。
友人のギャラリーで写真展しているから見に行ったりと、
完全に目的を失っている。
この町は、春〜秋まで時間が止まってしまうので危険。
帰宅。
とりあえず、お腹空いたし家にあるものでもあさってみよう!!
テーブルの上にあったボーロを発見。
しかも、サイズが大きくて歪な形のボーロは、
程よく焦げ目がついてて、なんだか美味しそう。
さらに、外国のお菓子☆って感じで赤いフタ付きの丸いケースに入っているの。
(駄菓子屋でよっちゃんイカとか入ってる入れ物のオシャレバージョン)

yaya「ボーロって、好きじゃないけど、これ大きくっておいしそう。」
しかも、カルシウム配合!!って書いてあるじゃん。いいねー

ボリボリボリ。
yaya「うん。甘さ控えめでいける」
ボリボリボリ
yaya「おっ!牛乳と合うじゃん」
ボリボリ
yaya「歯ごたえもいいかんじ」
ボリボリボリボリ・・・

2時間後、母帰宅。テーブルの上を見て、
母「あぁー言っておけばよかった」
yaya「何が?」
母「あんたさー、このボーロ食べたでしょう?」
yaya「うん。コストコ(輸入商品を扱うお店)で買ったの?」
母「ちがう」
yaya「あっ!ベース(米軍基地)?いいねー」
母「やっぱり(人の話を聞いちゃいない)」
yaya「なに?食べちゃまずかった?あげるものだった?」
母「違うわよ!」
yaya「じゃぁ、いいじゃん。うまかった。何さ?」

母「あれ、ミッフィーのよ。」
yaya「・・・・・・・・。」
あっ、犬用か。

カルシウム配合。ちょっと大きめ。甘さ控えめ。
なるほど、確かに犬用。しかも大型犬。

母「絶対食べると思った。」
yaya「それなら、言ってよ。」
母「入れ物みなさいよ。」

<入れ物>
"Natural Treat"
☆DOG-TREE☆カルシウムボーロ(ラージ)
注意
・本品は犬用のおやつです。用途をお守りください。与え過ぎにご注意下さい。
・2ヶ月未満の子犬には与えないでください。

与えられすぎちゃったよ。自ら。

ナレ「思考回路が停止したyaya、ボーロのショックは小さかったようだが、
はたして日曜日までに支度が終わるのか?次回、上京(引っ越し完了編)に続く。」

m_As_a_key.SAEKI.julia.missa.まりこ〜☆

ミクシーでバトンがまわってきたの☆
関係ない方、ごめんなさいね。
切り変えが面倒なので、blog上でお答えしちゃうわけさ!
では、はりきっていこう!!

1)回してくれた方の印象をどうぞ
賢くて、おだやかで、女性的。けれど語る時には常に熱い!
なんとも女の子としてはカワイイなと思える人。
始めは頭がいいから、年上っぽい!と思ったけど、
よく話したら年下っぽい可愛らしい面が沢山ありました。
好きです(ここで告白すんなって・・・)

2)周りから見た自分はどんな子だと思われていますか?5つ述べてください。
・悩みがなくて、常に楽しそう(半分事実で、半分努力)
・見た目と中身のギャップが大きい
(おとなしそうだったのに・・・と言われ、最終的にはやかましいと言われる)
(箱入りお嬢様だと思われがちなんだよねー)
・世間知らず(浮き世離れしているといわれる)
・絶対自分(相手が)よりヘンな奴だ!と安心?される(そんなことありません)
・何を考えてるんだか分からない(あまり考えていないんですけどね・・・)
・良くも悪くも、超自己中(あっ・・・6個になっちゃった)

3)自分の好きな人間性について5つ述べてください。

・楽しく生きている
・自立している
・ちゃんと賢い
・おバカをできる
・正直

4)では反対に嫌いなタイプは?
・つまらなさそう(楽しくありません人生・・・タイプ)
・口ばっかり
・自分の意見を持っていない(言えなくてもいいと思う)
・せこい
・うそつき

5)自分がこうなりたいと思う理想像とかありますか?
・立ちくらみしちゃうようなオオラを発していたい。
・「いつも本当に楽しそう。好きな事ばっかりやってるなぁーこいつ。」と思われていたい。
実際に、いつも楽しいなぁーと感じ続けていたいもんね!!
・パワーを吸い取られても吸い取られても有り余っている人でいたい。
・人にエネルギーを与え続けられたら、いいですねー。
・人の話をちゃんと聞ける人でいたい。
(まぁ、ようするに今欠けてるなと自分で思う部分ばかり・・)

6)自分の事を慕ってくれる人に叫んでください。
私、努力しますから、気長に見守ってください。
振り回されたら怒ってやって下さい。気が付きますから。
カミナリが鳴ったら電話してやって下さい。恐がりですから・・・
(まったく、私ったら手間のかかる人間だな。)

7)そんな大好きな人にバトンタッチ5名!
どーしよ。問1に関して素直な意見が欲しいし、でも怖いし。
ちょっと良い事書いてくれる人がいいかなー
私、褒められて育つタイプだしさ。
・・・なんて考えてもバカらしい。
自分が尊敬している楽しそうに生きている人に送ることにするよ。
本当は5人じゃ足りないんだけどさ。

8) タイトルに回す人の名前を入れてびっくりさせてください

はっはっはー。ちゃんと書いてちょうだいね!

上京(引越し・結婚式準備)

カツオを食べようかと思ってね。
新玉ねぎのサラダにカツオのさしみをのせて、あっさりドレッシングで・・・。
あぁーお腹がへった。

引越し完了です。部屋ゴタゴタだけど、荷物は何とか。
いやぁ、持っていくもの考えるのって面倒だね。私には向いてないな。
引越しのバイト(梱包)を高校の頃にしたことあったけど、
あれは他人の家だから、早くできるんだね。(無責任だけどさ)
だって、こんなやりとりで準備をしていた。

母、仕事から帰宅。
母「準備どうなの?」
yaya「やってるやってる!これは、本でしょ、こっちも本でしょ、これも本でしょー」
母「生活に必要なものは?」
yaya「あっ。そうだ。カメラ!」
yaya「1眼レフカメラとー、2眼レフカメラとー、魚眼レンズとー、ポラロイドとー」
母「生活に必要なものからやりなさいよ・・・」
yaya「あっ!フィルムも。インフラレッドとー、モノクロとー、ポジとー・・・」
母「そんなんで、いつになったら終わるの?」
yaya「余裕、余裕。あっ!!三線も持っていこうかな~。音楽必要だよね~」
yaya「あっ。ディジュリドゥどうしようかな。やっぱりいるかな?」
母「そんな迷惑なもの持っていかなくていいでしょ!」
yaya「一人でさびしい時とかさ」
母「通報されたらどうするの?やめなさい」

でね、泣き泣き「ディジュリドゥ」はあきらめた。
でも、やっぱり「三線」は持ってきた。
こんな具合だったので、部屋は荷物でいっぱい。
しかも必要でないものが半数以上を占めている。

夕方の5時半からは、友人の結婚式だったから大忙し!!
引越しの荷物を運んで、急いで支度をして参加した。
<挙式>
バージンロードで扉が開いて花嫁さんが入ってきた瞬間からウルウル・・・。
私、駄目だ。感動しちゃうんだよね。
誓いのキスシーン。駄目だね、私一人でニヤける。恥ずかしくなってしまった。
お前が照れてどうする?って話だけど、やっぱり。照れちゃうんだよねー。
そのくせ、凝視しちゃうんだよね。

<披露宴>
花嫁さんが、お色直しするでしょ。
この時のエスコートシーンでも泣いちゃうの。おいおいと。
お母さんへ宛てた手紙を読むシーンとかさ。もう駄目。
「お母さんへ」ってところで目頭熱いもん。
でね、勝手に人の手紙に自分の気持ちを乗せて、妄想が膨らんで寂しくなっちゃうの。

まぁ、そんな訳で結婚式で泣いてきたわけだ。今回も。
ブーケは私の隣にいた女性が、ガッツリと取っていたっけ。
でもさ、ブーケは受け取ってしまうと、プレッシャーだよなー。
「げっ、次かよ・・・」みたいな圧力。そんなのやだやだ。

しかし、ここんとこ、結構たくさんの友人を送り出しているなぁ。
まだ若いのに。(気持ちはいつでもティーンですから!)
さぁて、引き出物で頂いたケーキに手をつけようかな。
でも、ダイエットがぁ~

Recent Entries
Categories
Monthly Archives
Search this site