Top Page: メイン
Previous Archive: 2006年6月
Next Archive: 2006年8月

上京(驚きの帰省編)

昨日、横浜でかなり理想的なデートをした!
本牧にできたレストランへ行ったんだけどね、ヨットハーバーの横にテラスがあって、
夕日がランドマークタワーとマリンタワーの間に沈む様子が見えるの。
ゆっくりと時間が流れて、南国音楽が心地よくかかっていて、ヤシの木が風になびいてたわ。
東南アジアのシーフード料理がなかなか美味しいの。
いやぁー最高だね。贅沢な休日だった。
もし結婚しておばあちゃんになったら、こんなテラスで毎日ディナーしたい・・・。

さて、「上京(驚きの帰省編)」といこう。
<目的>
実家に届いてしまっていた郵便物と請求書を受け取ること。
そう、目的はこれだ!

鎌倉は、紫陽花が咲き終わる頃。
観光がてら紫陽花で有名な成就院へ行ったけど、すごい人でびっくりだった。
やっぱり明月院なんか行かないで良かったな。
恐らく、ディズニーランドの行列みたいに歩き見物になるよ。
紫陽花は、少し乾いておりました。
まぁ、喧嘩別れに近い状態で上京した私は、
それなりに両親の様子やら、愛犬の具合が気になったわけだ。
犬はすっかり自力で立ち上がれなくってね、
これは、驚きというよかちょっとショックが大きすぎて悲しくなった。
それでも私が帰ってきたら、一生懸命立とうとするし、
散歩もこっちの様子をうかがいながら、頑張るんだもん。やんなっちゃう。
そんなんじゃ寂しくなるじゃない?


とりあえず帰宅して喉が渇いていたからキッチンへ直行!
yaya「あれ?なんか違う。」
母「そうよ。キッチン替えたの!」
そうだ、システムキッチンが以前は白で統一されていたものが、黒い。
母「コンロ、壊れかけていたから工事したのよ~」
yaya心の声「知ってます。弱火できないからカレー煮込むと焦げまくったし。」
yaya「すっごい!火加減イイ感じじゃないの。」
母「煮込み系も中華系もいけちゃうわよ!」
なるほどー

続いてトイレへ行った私。
yaya「ぬぉ!!!!なんだこれ。色が違う!」
母「そうなのー取り替えたのよー」
今度は緑色のトイレが白いトイレへと変化しているではないか!?
yaya心の声「やりおる・・・」
以前は流す時に使っていたレバーが壊れてしまっていたため、
流す時にはレバーでなく、直接栓についた鎖を引っこ抜いていた。
そのため、人を呼ぶと逐一説明をしなくちゃならず、何より恥ずかしかった。
が、直ってる。
どころか、トイレが全て新品になっている。
流す時は、リモコンじゃないか・・・。調子がいい。

私がいない間に次々と新品になったことにちょっとショックを受けつつ、
リビングのソファーに落ち着いた。
yaya「は????ハッ!ハ、ハ、ハ、?!」
母「そうなのよん☆」(軽く嫌味臭い)
yaya「ハイビジョンになってるじゃぁぁないっすか!?」
母「気づいたらね、なっていたのよ」
yaya心の声「んな訳ないだろ!!!」
どーいうこと?
テレビがでっかいAQUOSになっていた。

その夜

父イタオ(初登場☆)「明日、何時に出かける?」
yaya「昼間いっかい出かけるけど、一度戻るよ」
父イタオ「「昼すぎに居てくれないかなぁ~?」
yaya「いいけど、なんで?」
父イタオ「テレビの設定があるから、留守番頼むよ」
yaya「あーのー、分かる気しますけど、どういった設定で?」
父イタオ「地・デ・ジ♪」
yaya心の声「ウゼー!!!しねー!!!な~にが『地・デ・ジ♪』だ!!」

yaya「うん。いいよ・・・」(意外と弱い)
父イタオ「じゃぁ、忘れずに!」(強気)
yaya心の声「地デジイタオめ。」

あぁー、完全にW杯の影響だー!なんで今になってデッカイHVテレビ?
ってか、こんなじゃ実家通いに戻しますけど?
「両親が寂しく2人で過ごしているかな。」
なーんて心配もちょっとしてたけど、かなり楽しそうですね。
ヨロシイことで。

その後、地デジのおじさんが工事に来て、その夜私は都内へ戻った。

おNEWコンロの自慢話を聞いた時間、2時間。
ピカピカのトイレに腰掛けた回数、6回。
新たなテレビで美しい画面と過ごした時間、3分。
帰りの電車で「地デジ」をうらやんだ時間、エンドレス・・・

そりゃ、本来の目的も忘れるわ!
帰りの電車で気が付いたけど、郵便物をゴッソリ忘れて帰ってきた。
何やってんだよ・・・地デジイタオのせいだ。(泣)

ナレ「こうして、yaya久々の帰省はモンモンとした感情と、
   また郵便物の受け取りに帰らなくてはならないという用事を残して終わった。
   はたして2度目の帰省時には、どんな驚きが待っているのだろうか。」

まじめなBlogよ。映画「RENT」

2ヶ月以上前から前売り券を買って、とにかく楽しみにしていた
映画「RENT」をようやく観に行ってきたの。(満員で4回フラれた)
これ、トニー賞も取っている人気のBWミュージカルが元なのよ。
私がミュージカルにハマッたきっかけになった作品でもあって、
yayaが浪人生の頃に山本耕史さんが主演していて、出会ったの。
それで大学1年の時に、BWからジャパンツアーがあった際に観に行ってきて、
その後、NYへ行った時に2回観に行ってやっぱり感激したのを覚えてる。
だから、オリジナルキャストが送る映画と聞いて待ちまくっていた作品なわけだ。
(のくせして、最終週に観に行くことになったけどさ・・・)

良かった。泣きまくりだった。
ストーリー知ってるのに、号泣!!
むしろ知ってるだけに、そのシーンの直前には既に泣きはじめていた。
ミュージカルに忠実で、不自然さの少ないミュージカル映画だったよ。
ロックミュージカルだからノリも良いし、NYのクリスマス舞台だから映像も美しい。
何より、ヒロインのミミって女の子がめっちゃセンス良くて、歌うまいんだわー

知ってる人も多いかもしれないけど、この原作は「ラ・ボエーム」っていうオペラなの。
それを現代版に置き換えて、病気を結核→エイズにしているんだ。
主役はミミって同じ名前のままだしね。(キャラは相当違うけど)
それから、作曲のジョナサン・ラーソンはNYプレビュー公演の前日に亡くなったの。
自分の作った作品を公開して、見ることもできず死んでしまうって、あるんだね・・・。
でも、それから今でも人気のあるロングセラーミュージカルなんだから、これまたスゴイよね。
BWミュージカル界で生き抜いているんだからさ。

ゲイのエンジェルって女性(男性?)が出てくるんだけど、
まぁー女らしいし、男らしいし、魅力満載!!
惚れます。

主題歌にもなっている"seasons of love"って曲も最高なのよ。
1年間を分換算しようよ。時間を大切に人生楽しまなくちゃだめだよ的な歌詞。
鬱ぎみだった自分にさよならできてくる。命を大切にしようって思える。
とりあえず、NYへ旅立ってしまおうかと思えてくる。(yaya限定か・・・)
あぁ~行きたいなぁNY。住みついちゃいたいなぁ~NY。
毎週ミュージカル観て、ミュージカル作って、過ごしたいなぁ。
現実とは大きく差があるけど、勢いも大切だよなー
そういえば、NYへ観に行った時。
ロジャーの役だった人はBWでアイーダの主演してたよ。
ダンス教室で一緒になって友達になった白人の子は映画に出てたな。

しかし・・・さすがにオリジナルキャスト、老けたなー
ロジャーもマークもおじちゃんになってる。仕方ないけど。

7月7日までbunnkamuraル・シネマで上映しているので、是非!!
でもね、舞台「RENT」も来るよー。
これはね、やっぱり生がいいんですってば☆☆☆

あぁー、アメリカ行きたい病再発・・・・・。
明日は、「ストロベリー・ショート・ケイクス」の試写へ行ってくるのー
そうそう、「美しい人」と「弓」って映画よさそげ。

また都内で迷子っす・・・

六本木で映画「ストロベリーショートケイクス(試写会)」を観ました~
池脇千鶴さん、中越典子さん、中村優子さん、岩瀬塔子さんの4人が主役の映画。
それぞれに災難がふりかかって乗り越えていきましょう。っていう感じのストーリー。
(相変わらずオオザッパですけど・・・)
面白かったよー
でもね・・・
いちごのショートケーキ
ラーメン
たこやき
缶ビール
を一人でモリモリ食べたくなるし、
絵を描きたくなったり、
一人暮らししたくなったり、
飲みたくなったりする。
さらに、裸のシーンやらSEXシーン多いからね、昼間より夜に見たほうがいいね。
(別にどうこうってわけでもないけどさ・・・)

さて、映画が終わったらすっかり雨は上がって、なんだか歩く気分になった。
六本木から目黒まで歩いて帰ろうかしら?
車だったら六本木から目黒は走ったことがある。きっと大丈夫だ。
まずは、六本木ヒルズを探してみよう!!(ヒルズからしか道が分からない私・・・)
六本木交差点からヒルズを探したんだけど、よく分からない。
でっかいビル、でっかいビル・・・
徒歩15分。ようやく見慣れた六本木ヒルズを発見!
すっかり嬉しくなってヒルズでお買い物☆(何やってんだyaya)

さて、日が暮れてしまう。帰らねば。
どっちよ?こっちか?分からん。広い。東京は広い。
とにかく歩かなくっちゃどこにも着かないし、と思ったんだけど。
結局全然分からなくなって、私くし日比谷線へ乗り込みました~
・・・あえなく挫折。

広尾まで行って歩いてみましたー
でもね、また迷子になってしまって気づけば恵比寿。
えっと・・・なんででしょう?
標識には「渋谷」と書かれているし。どうしてでしょう?

結局自宅に着くまで2時間近くかかってしまった。
あぁ~
東京って狭いと思ったのに、広いんだね。
東京って建物高くて見渡せないんだね。
東京って車たくさん走っているんだね。

大変だったー
どうしたら、都内の地理を覚えられるんだろう。か?

ちなみに、映画は秋に公開だそうよ☆

上京(血みどろ帰省編2)

前回までのあらすじを説明しよう。と言いたいところだけど、
長ったらしいので、ブログ履歴から探してもらうことにして。

ナレ「実家に帰省したものの、次々に替わっていたキッチン、トイレ、
   そして衝撃の「地デジ」に戸惑いを隠せず、
   本来の目的であった、郵便物の回収を忘れたyaya。再び鎌倉の地へ足を運んだ・・・」

yaya心の声「今度こそ、何も驚かない!私は郵便物を忘れない!!」

何度も反芻して、忘れないようにしているけど、
どうにも鎌倉駅に下り立つと、時間の流れといい、頭の回転といいルーズになってしまう。
危険地帯。

実はね、今回の目的は「郵便物」だけではなくて、「海の家」のお手伝い!
私、大学生の頃、海沿いの沖縄料理のお店でバイトしてて、まぁそこで酒を覚えたんだけど。
今は他の名前で夏期だけ海の家を出しているの。
で、オーナーJさんから招集かかって、来たわけだ。
海!海!!るんるん♪

まずは、実家に着いて一番に郵便物をカバンへ!!(当然。)
タンクトップ、スカート、島サンダル(安いビーサン)に着替えて、
自転車で海岸へGO!!!
いや、いいね、なんか曲とかかかってきちゃうよね。
「歌を歌おぅ歌おぅ、歌を歌って、太陽に挨拶しよう~♪私たち真夏のファンP~☆」
海岸に入る時に、坂道をゴゴゴゴォーって自転車で突っ込むのが楽しい。快感。

お店に入るなり、内容を聞いてちょっと引いた。
J「今日、お客さん150人で、BBQだからよろしくね。」
yaya「はい。・・・はっ?150人って・・・」
この日のキッチンは沖縄料理で一緒にバイトしていた沖縄出身のヒナちゃんと私。
カウンター(バー)は2人。地元のTくんとウェイクボード繋がりのTさん(どっちもTかよ)
両方行き来してくれる、同じくウェイク繋がりのKちゃん。
そして、声のでかいオーナーJさん・・・・。

とりあえず、BBQに出す肉を切ることにした。冷蔵庫を見てびっくり。
あぁ。
牛肉の塊、牛肉の塊、豚肉、鶏肉の足、足、足、足・・・

とにかく牛肉の塊から処分することにした。これね、5キロくらいの塊ね。
ダラ~ンと、うな垂れた牛の死体をギリギリギリ。
まさにスウィーニートッドのパイ作り状態。
あぁ、外はすがすがしい浜辺で、かき氷の旗が夏らしくて、海はキラキラ輝いているのに。
ここは生肉の臭いがたちこめて、私の手は血まみれ、飛び散る肉片。
鶏肉の盛り付けも厄介。
「右足、右足、右足、、おっと左足はだめ、皿からはみ出ちゃった。」
30分後
相当はまった。これね、楽しいよ。肉ってコツをつかむと良く切れるね。

夕方17時。150人のお客様が集まった。
あの、なんででしょう?ほぼ全員女性。
実は、「ラウラ」という若い男性2人組アーティストのコアなファンクラブBBQライブなんだと。
ハワイアン音楽で、ウクレレとギターでほんわかぁ~な音楽を奏でていたわ。
BBQは地獄。
奴らの食いっぷりの速さに驚いた。
客「あのーもぉお肉ないの?」
yaya「あります、盛っています」
客「こっちも肉~」
yaya「今、切ってます。」
客「鳥はないの?どんどん出して頂戴!!まだまだいけるから」
yaya「はい。今、順番に出していますから・・・」
yaya心の声「このデブ、肉ばっかり食ってるから太ってるんだ。
        その醜い水着姿を神聖なる海岸で出すな!それから白に赤水玉はやめろ。臭い。」

なんかな、今回のお客さん暗い人多くて、イマイチ。
そのくせ、フラダンスやってるオバチャンが多いから、クネクネ腰振ってるし。
どっこでも腰フリフリしてるんだって。頭に花付けちゃって。
しかも、お客さんに地元の人はいないらしいんだけど、聞いた話によると、
鎌倉・湘南地区の人間はみんなフラをやっているものだ。と思っているんだって。
初耳。それは大きな誤りです。

一通り肉を出しまくって19時になったらピタリ。と止んだ。
ビンゴ大会だよ・・・
ライブだよ・・・
さて、私たちもひと段落して生ビール片手にビーチで乾杯。
今の時期は、19時半くらいに夕日が沈むんだけど、
海一面、浜辺の波打ち際までサァァ~ってピンク色になるんだな。これが!
たまらない絶景を見て、ハワイアンソングに浸って、久々の友人と語る。
最高でした。

ま、最終的には、またライブの後に肉コールかかって、
血みどろになりながら肉片を出し続けたんだけどね。

ナレ「肉、肉、そして汗と潮の臭いを焚き染めて、
   あわよくば地元に来ていた都内帰りの車に乗り込ませてもらい、
   臭いだろうな・・・私。と思いながらも、今回は忘れ物なく帰ったyaya。
   どうやら夏場は海の家で過ごすことにしたらしいが・・・?
   はたしてyayaの夏はいかに?ひと夏のアバンチュールは訪れるのだろうか?」

おまけ
母「あら、帰ってきたの?」
yaya「悪い?」
母「犬の散歩行ってきて頂戴」
母「それから、お店がセール始まるの、ハガキ作って頂戴」
yaya「えっ?いつまで?」
母「来週。160枚刷って持ってきて」
yaya「・・・・」
ちくしょう。また来なくちゃだめじゃん!
自宅
yaya「ミミコォー(愛犬ミッフィー)」
ミッフィー「・・・」
yaya「なんだ無視かよ。テレビつーけよ」
ジャンッ
yaya「あっ・・・でかい。キレイ。地デジ・・・」
再び軽く衝撃。
yaya「なんかむかつく。ダウニー盗んで帰ろう」
マイボトルに詰めたダウニーは、毎日の洗濯で活用させて頂いています。

帰省(マンゴーと旅行の恨みは怖い編)

ミーハーな気分満々で「MI・Ⅲ」を見てきた。
スパイ大作戦を爆音で聞きたくなったから・・・。
私にとっては、内容はまぁどうでも良くって、モヤモヤする気分を晴れにしたかった。
ただそれだけ。だからテンションも上がって、いい感じだった。

その後、さらにミーハーだが「パイレーツオブカリビアン・デッドマンズチェスト」を見た。
先行上映だったから、めっちゃ混んでたけど。
やっぱりディズニー作品って面白いかもって改めて思った。
海賊の作品って面白いよね。なんか薄気味悪いのにオシャレで。
ジョニーデップが海賊なら、なおさら良いし★
作品見ているうちに、どんどんディズニーランドのカリブの海賊へ行きたくなった。
いや、今も行きたい気持ちがおさまらない。

さて、前置きはこれくらいにして、また実家へ・・・
目的は、「母にセールハガキを渡す&住所書きをする」
160枚のセールハガキをなんとか完成させて、母に渡しに行ったの。(親切・・・)
今回は舞台を見てから帰ったので、終電で鎌倉へ。
鎌倉駅に着くなり、ウインドサーフィンサークルの先輩方から連絡が。
海で飲んでるんだと。
私の地元の友人は、夏場はたいてい海で飲んでいるの。
もちろん参加して、深夜3時に帰宅。

母からの伝言とファイルを発見
「住所録です。よろしくね!」
まぁ、寝てるわけだから仕方あるまい。
明日一緒に住所書きして、午後には都内へ戻って仕事しよっと。
こんな調子で夜は寝てしまったんだけど、過ちだった・・・・。

次の日 am9:00
「おきなさーい、朝ご飯冷めるわよ!!」
実家にいた時だって、こんなドラマのような目覚めは珍しかったからビックリ。
下に起きてきたもっとビックリ。
色んな種類のパン、コーヒー、サラダ、卵、牛乳、そして・・・マンゴー!!
とりあえず屁理屈を言うと、冷めるものは無かった。
yaya「うわぁほぉい、マンゴー、マンゴーだわ。でかい。」
毎年おばぁと、友人の家がマンゴー園をやっているので、沖縄から送ってもらう。
このマンゴーがマジで絶品なんですって。
本当にね、フルーツの王様はマンゴーだよ!
先週送ってもらったマンゴーだから、6個あってもまぁ、あと一つはあるだろう。
yaya心の声「残りのマンゴー、頂いた!!」
朝食が終わって、両親が目を放した隙に冷蔵庫から頂くことにしよう。
そして今夜のデザートもマンゴーにしよう。

しばらくして・・・冷蔵庫をあさるyaya。
yaya「あれ?」
父イタオ「・・・」見ている。
yaya「ない。」
父イタオ「あぁーないよ」
yaya「まだ送られてきたばかりなのに」
父イタオ「もぅ全部食べちゃったもんなぁ」
yaya「はっ!」
母「一口だけと思って、今朝の分は残してあげたけど、あんた持って帰ると思って」
父イタオ「食べておいた。」
ガーーーン・・・

母「あんたの事だから、探すと思ってたわ」
父イタオ「うまかったぞー」
yaya「知ってますよ、さっき食べたもの・・・」
母「お父さんね、毎朝皮むいて、丸ごと一個食べてから会社に行ってたからぁ~」
yaya心の声「なにぃ!?マンゴーをかじって食ったんかい!?」
父イタオ「熟れたマンゴーは皮をむいてそのままが一番良いんだ!」
yaya「はぁ?何言っちゃってるわけ?」
父イタオ「一日一個♪、三日で三個♪」
yaya心の声「歌うな。1個2000円のマンゴーを、毎朝一つかよ!」
父イタオ「yayaの分はもうない」
yaya「・・・・・・。」

yaya心の声「クソジジイが!!!!」
食べ物の恨みは怖いんだから。
よりによって、最も好きな果物のマンゴーを。
まるかじりなんて。うらやましい・・・。
水前寺清子のマンゴーバージョンなんか歌いおって。ワジワジする。

さて、続いてハガキ書き。
yaya「じゃぁ、書くからぁー」
母「よろしくね」
yaya「はっ、母は??やらないのかしら・・」不安。
母「だって私、今日から旅行だもの♪」
yaya「・・・・。」
yaya心の声「でたぁ~鬼だ、鬼」
母「お友達とね、伊東の温泉に行くの。岩盤浴が付いてるから3回は入るわ!」
yaya「なに、それ。」
母「一緒に来れればよかったのにねぇ。残念残念。」
yaya「残念って誘われてないけど、わたし」
母「だって、来ないって言うじゃない?」
yaya「一度も言ったことはありませんけど・・・」
母「あら、そうだったかしら?忙しいみたいだから」
yaya「もう、いい・・・・」

母は旅行へ、私は全てのハガキ宛名書きをして、結局夜に帰宅。
なんだかなぁ。
マンゴーは手に入らないし、もう夜だし。ふんだりけったりだった。

ナレ「気分は落ち込み、実家に帰るたびに驚きが待ち受けるyaya家。
   この後、鎌倉でハガキを出し忘れ、夜に三宿で投函をしていた。
   今頃、母の店ではセールが始まり、yayaの作ったハガキを片手に、 
   お客様がいらしている頃だろう・・・。
   また、どうしても丸ごと一つを食べたいyayaは、ついに沖縄へ電話。
   今年の夏も、マンゴーをたらふく食べるつもりらしい・・・」


あら、ジョニーDが怪人に?でも面が・・・

朝9時から昼すぎまでレッスンで気持ちよくダンス。
仕事がちょっとあったので、働く。
そして夕方18時30分、新橋へ。

劇団四季の作品はいくつか見たことあるけど、
1万人のファンの方には申し訳ないけれど、
好きになれなかった。
ミュージカル好きならオーディション受けたらいいのにと言われたこともあったけど、
「ないな」と思ってた。
日本人の金髪巻き髪を見ると、引いてしまう。
やりすぎな感じで、清潔っぽさが欠けている気がして、
歌はうまいけど、なんかなぁー感動しないな、みたいな。そんな感じ・・・

の私に昨日、稲妻が落ちたよ。
「劇団四季の『オペラ座の怪人』はすごいらしい」ってCMでやってるけど、
あれ、スゴイよ。マジで・・・。
昨日は招待状を頂いて、汐留カレッタ(電通ね)にある「海」劇場へ。
席は2階のど真ん中!超良い席だった。
(見たことある人いると思うけど、「オペラ座・・」の場合2階席って結構いいの)
以前にBWで見たことがある私は、普通の期待を持っていったわけだけど、
始まるやいなや、引き込まれてしまった。
ファントムがクリスティーナ(ヒロインの歌い手)を地下室へ連れて行って、
二人でラブソングを歌うんだよね。これがすごく良い声をしているの。
本当に涙が出てくるくらい。
日本語訳にするミュージカルって興ざめしやすいのに、全然。
ファントムが嫉妬に駆られて嘆くシーンも、一緒に泣いてた。
人を歌声で泣かせるって、スゴイことだよね。
殆どの人間が持つ「声」って道具を、ここまで使いこなすとは・・・。
本当に、スゴイ。
まぁ、感動しすぎて歌の先生に連絡、早速レッスン入れてもらうことにしたよ。
こういうとこ、流されやすいんだよね、わたし。

ミュージカル好きの方、四季好きの方、食わず嫌いの方、歌好きな方、バレエ好きの方、
舞台美術に興味のある方、怪人好きの方、この作品はオススメするわ!

夜0時は六本木ヒルズへ!
この前見たパイレーツ・オブ・カリビアンⅡの公開前に伴って、
ジョニー・デップ特集してたんだ。
「チャーリーとチョコレート工場」、「コークスブライド」の2本立て!
チャーリーは以前見たことがあったけど、ウンパルンパ好きだから見たかった。
コークスは、アニメだしなぁ・・・と見ていなかったけど、色の使い方が面白いのね。
ストーリーは「ほぉ~ん」って感じだった。
でもね、この作品達ってちょっとミュージカル仕立てなんだよね。
だから、もぉー頭の中でいろいろな歌がグルグルちゃって、
4時に上映終わったけど、フラフラ・・・・。

昨夜の夢では、ジョニーが仮面かぶってファントムだし、
流れる曲は「ウィリーウォンカ♪ウィリーウォンカ♪」ってアップテンポだし、
仮面を取ったら、何故かトミーズ雅だったってオチなんだけど・・・。
(仮面から顔面がはみ出していました。)

ってこんな変な夢を見たのには、ちゃんと理由があるんだわさ!
ファントム役の人、最高の声に素晴らしい動き、惚れ込む演技力だったんだけど、
仮面かぶると顔が大きくて、トミーズ雅っぽかったのね。
面が窮屈そうな様子で。

いや、もちろん良かったんだよ!!ホント。
・・・・四季ファンの方。本当に申し訳ありません。言葉が過ぎました。

キティの間引きをしながら、ちょっと書く。

最近すごい気になるCM。
SeaAmericaの「あの映画の舞台にようこそ」ってやつ。
なんかさ、行きたくなってくるんだよね。
渋谷駅にも大きなパネルがあったー

チャミスルのパブリシティCMのOAが始まったの!(出てるんだワタシ)。
でもね、今回はバーテンダーバージョンだったから、違った。
4本立てのストーリーになってるCMで、チャンドンゴンのファンって設定で、
一人で飲むお客さんの役やってるの。
もし見た方、駄目だしをしてください。夜にやってるみたい。

そういえば、面白いことがあった。
私、ご当地のキティを集めています!?

実はこんなことがあった。
昼間、携帯の着信音「運命」が流れた。(つまり、母からの電話)
母「弟から電話があったわよ」
yaya「ほぅ。それでどうしたって?」
母「あんたに福岡のお土産があるらしいから」
yaya「え?なんで?(旅行へ行く人に対し、過剰な嫉妬を覚える近頃の私)」
母「なんか、ミクシーで知り合った福岡の主婦がいてね」
yaya心の声「大学生の弟と知り合う、福岡の主婦。怪しい響きだ・・・」
母「で、あんたの話になったみたいなの」
yaya「・・・」(解釈に時間がかかる)
母「で、福岡限定のキティちゃんを送ってくれたのよ」
yaya「・・・・・」(解釈する前に次の難が降りかかる)
母「だから、鎌倉のお土産『ハトサブレ』でも送らないとね。」
yaya「はっ??」
もう、なんだかさっぱり分からん。

長い説明を短く(ないけど)すると、
音楽の趣味で福岡の主婦と知り合った弟は、ご当地キティが好きな姉がいることを話したらしく、
それならばと弟の住む京都宛てに、「お姉さんに」と福岡キティを送ってくれたそうな。
その話を弟から聞いた母は、お礼に鎌倉のお土産に「ハトサブレ」を送りましょう。
と、私に電話してきたわけだ。
こんなことってあるんだねぇ・・・。
それにしても、母の電話は分かりにくいことこの上ない。


実は、「ご当地キティ」は、こんな感じで増えていったの。
2年前に、たまたまご当地『沖縄三線K(キティ)』をもらって付けていたんだけど、
それを見た友人が、お誕生日に、『ウミホタルK』と『千葉の花K』を買ってくれたの。
3つ付けていると、それを見た友人が、「では名古屋を」と言って、
『シャチホコK』、『東山コアラK』、『名古屋バスガイドK』、『天ムスK』をくれて、
それを見た友人が、「では静岡も」と言って、
『茶摘みK』、『浜名湖ウナギK』、『浜名湖ウナギ稚魚K』をくれて、
更に、『日光のサルK』、『慶応大学K』、『東大K』とバラエティ豊かになり、
『津軽三味線K』、『三保の松原K』、『京都の京野菜K』、『京都十二単K』と数は増え、
その数20個を超えたの。
なんとなく増えたものの、自分でも楽しくなってきて、
この間、初めて自分でキティを買った。
『鎌倉大仏K』・・・。
水色の大仏のヒザに腰掛けたキティなんだ。
数が増えて携帯電話よりもストラップがでかいので、
近頃は10個を超えると間引きするようにしているんだけどね。

そんなわけで、色んな方々からキティをもらいまくり、
ご当地キティコレクターになりつつあるんだ。
ここで、私に下さった方に改めて「ありがとう!!!」。

ま、何でこんな話になったかって、なんかネタないかなぁって考えながら、
10個を超えたキティを間引きしている最中だったからなんだけどね。
今週末にでも鎌倉へ帰って、福岡に送るお土産でも探すかな。

あぁー梅雨明けないねぇ。
大雨すごいな。
低気圧が続くと、毎日腰が痛いよ。
『美しい人』観にいきたいなぁー『ゲド戦記』の歌いいなぁ。
新しいカメラ欲しいなぁー
晴れたら、動物園へ行きたいなぁ・・・・。
ブチブチ言ってないで、面白いネタでも考えよう。(って芸人か私は?)

ちなみに、鎌倉my名物はレ・ザンジュの「リーフパイ」だな。これは美味いよぉ~!!

それから、「運命」とかを着信音にするのは、恐怖感漂いすぎてあまり良くない。
「うわぁ、来た・・・」ってちょっと落ちるもん。

2時間50分で本郷到着。

仕事が終わって、雨もやんだら気分が良い。
久々に会社で前に一緒だった友人と会って、お昼をした。
映画の話で(まぁいつもの事なんだけど)盛り上がり、話題は尽きない。

あまりに気分が良いので、
「ダイエットなら、歩いて会いにきたら?」という軽いメールを悪ツレMよりもらい、
「行ってみちゃおっかな♪」と軽い返事をしてみた。
そして、行き方を書いた長いメールが届く。
7つのポイントに分けられた文字案内。
「~をゴリッと曲がる」とか非常に分かりにくい道案内・・・・。
まるでウォークラリー状態。

でも車で何度となく通ったし、結構楽しいかもという浅はかな考えにより、
渋谷から本郷三丁目まで歩いて行った。
しかも、お昼をした友人が「勝どきへ行くんだよね。」という言葉を耳にして、
強制的に連行。
話相手と、迷子にならないためにはナビが必要だもんね。

大盛り上がりでMに書いてもらった文字地図(図ではない・・・)を頼りに、
テクテクテクテク・・・
外苑前で暑さにうなだれ。
市ヶ谷の川沿いで挫折しかける。
飯田橋で「長い・・・」を連発。
本郷の標識を見て走る走る走る!!

2時間50分後、ようやく目的地に到着。

あのね・・・遠い。


用事は特になかったけど、目的地で「骨占い」ってのをしてもらったら、
ワタシね、
「海綿体」だって・・・・。
骨占いになってないじゃん。

あっ、そうですか。
はるばる来ても、占いの結果は不親切だね。(当たり前だけどさ)

本当に、何の用事もないので、そのまま電車で帰りました。
暑い夏。yayaは懲りずに都内を歩いて制覇するわ!
でも、一緒に歩いてくれた友人に感謝だよね。ありがとう~
そして、「良く歩きました!」とMにはごほうびに夕食へ連れていってもらった。
ごちそうさま~

納豆食べながら赤面・・・

晴れたじゃない?
yayaも穴からようやく脱出っぽいよ。
朝方生活開始!
6時に目が覚めたけど、無理矢理二度寝して、
7時半には無駄に起床。
朝ドラなんかチェックしちゃって、
発声をガンガンしながら、洗濯ごりっと済ませて、
歌連しながら、掃除機かけて、さらに雑巾がけして、
本棚をドリルでバリバリ修復して、そこに本を並べ、
運動して汗を沢山かいて、シャワーを浴びて、
金八先生のソーラン節見ては感動して、
夕方からはお笑いライブを観に銀座行ったら、
・・・電池切れ。

(そして夜)
自分が出てるCMをはじめて見た。
ぐったりしながらご飯作る気にもなれず、
余りものを出して、TVをつけながら流れ食い。
納豆をネバネバと食べている最中に流れたわけだ。
一人で納豆食べていて出会うとは・・・。

ネバネバネバネバ・・・
yayaのアップがドン!!!
yaya「うぐっ・・・」
ナレ「彼女の心は決まった」
yaya「アップ来る!」
TV中のyaya「チャミスルください」
yaya「アップだー地デジじゃキツイほどアップだぁ」
ネバネバネバ・・・
カランッ(グラスから氷が落ちたSE)
バーテン役のTちゃん「願いは叶うまで秘密にしておくものよ」
再びyaya格好つけた姿。
yaya「・・・・・・。」
yaya心の声「おい、ワタシ、格好つけてるけど、ただののんべぇじゃんか」
yaya心の声「おい、ワタシ、どこ見てる・・・」

いやね、この瞬間赤面して納豆混ぜる手が止まるし、
再び納豆に目が行った瞬間、
yaya「地味だ・・・。」
と笑ってしまった。
気力ゼロの今夜の夕食は白米と納豆とヒジキ。
暗いよぉー実に。
一人だと、恥ずかしさをぶつける相手がいないしね・・。

あぁ・・・
阪神が中日に負けているではないか。
しかも5対2って、どゆこと?
がんばってよー
yayaに元気を。
明日に勇気を。

Recent Entries
Categories
Monthly Archives
Search this site