Top Page: メイン
Previous Archive: 2007年5月
Next Archive: 2007年7月

隣の席に神降臨、髪ください

なぜかさっぱり分からない。

今回の主人公は、縁結びで知られている上司であるわけだけど、
しかも、たしかこの人、部長とかだったりするハズなんだけど、
彼の趣味は席の配置、レイアウト変更(憶測)。
髪が長いのね。とにかく○○武者みたいに、バサーっと。
そして、このヘアーを一本拝借すると、どうもご利益があるらしい。

木曜日
怪しい足取りで、私たちのフロアーをぐるぐるぐると歩き回る。
たまに、「ほー」とか「あはぁー」とか指でリズムを取りながら、
何やら考えている様子だった。

金曜日
また、歩き回っている。
指を打つリズムがとても軽快。
今度は「ええと・・・」「うーん」とか何か、もしゃもしゃヒトリゴト。
そして、
神「ええと、yayaちゃんの席あたりをどうにかしようと思ってねぇ」
yaya「はぁ」
yaya心の声「えっ、これずっと考えてたの?このお方」
神「この隣のスペースに、もいっこ机を置こうかと思うのですがね」
yaya「はい」
私は、席の一番はじっこだから、そこに2つの机を並べるらしい
神「でね、隣にしようかと思うのです」
yaya「は?」
神「こうやって、机を並べて♪」

この人、楽しそうだ・・・

神「yayaちゃん、お隣に行こうかと思うのだけど、ご迷惑じゃないかな?」
yaya「は?いや、そんなことないですよ」
yaya心の声「ここで、迷惑ですと言える人がいたら見てみたい・・・」
神「いやぁ~yayaさんの隣、yayaさんの隣にねぇ~」
yaya「あははは・・・どうぞ、どうぞ」
yaya心の声「どして?やはり縁結びの神は直感で私を心配したのかしらね」
yaya心の声「それは、正しいよ・・・」
神「ほんとぅ?じゃぁ、今週末には、引越し作業しますんで」
yaya「ええ」
神「じゃ、ども、よろしくね」
yaya「あっ、は~い」

日曜日
既に、セッティング完了していた。

早い。

というわけで、なぜか部長の神が、隣にちょこりと座っている。
もちろん今も。
今までは、でっかい机を使っていたわけだから、
荷物をわんさか持ち込んで、どかぁ~っとなっている。
構わないよ、ぜんぜん。
でもさ、不思議だよ。なんで、私の隣?
もっとでっかい机に、どっかり構えて、部署を見渡そうよ。
管制塔でも作って差し上げるから、がっつりフロアーを眺めようよ。

そんなわけで、お隣に神が来たので、
ちいちゃくなってるわ。
しかし、これでご利益があったらスゴイね。感謝するわ。
さて、毎日、髪をひっこ抜くタイミングを伺わねば。
毎朝、拝んでみるかな。

舞台行って腰痛で、初○(マル)C付き写真

舞台を観てきた。

「拝啓、萩原伸次様
僕たち元気でやってます。」

ってやつ。

ここの劇団は何回か観たことあったし、期待していた作品だったけれど、
結果は、期待以上。素晴しかった。実に!
超短編をザックザック公演って感じの形式だったけど、
テンポいいでしょ、キャラいいでしょ、ってか女の子カワイイでしょ。
役者さんも熱くて、悪目立ちした人いなかったし、声よく通るし。
でね、最後の作品に、それまでに演じた作品の特徴的な部分が、
ものすごいスピードで繰替えされるわけだ。
これ、感動しちゃったもんね。

多分、相当稽古キツかったと思う。

そして、その後・・・
自分の夢はモクモクと膨らみ・・・
むはははははっ。
私、筋が通っちゃったもんねー
やりたいことの計画が、だいぶ見えてきちゃったもん。
(って、普通もっと若いうちにできるもんだろ・・・て感じだけどさ)
ってテンションが上がりきって、

腰痛。
渋谷で閉店前の薬局行って、湿布を購入。
湿布を4枚貼って寝たら、寒くて目が覚めた。
っていうか、一人で背中に湿布を貼るのって、えらい大変なのね。
初体験!「背中に自分で湿布貼り」。
剥がれるわ、届かないわ、冷たいわ。
おかげで、だいぶ改善。


i-forest001.jpg

"Thinking-Forest"って東京大学情報学環の福武ホールの工事現場の壁をメディアにしてるって話だ。
そこで開かれたイベントへ行ってきた。すっかり時間が経っちゃったけど。
3分の1仕事、残り戯れる、遊ぶ、飲むって感じで楽しかった。
で、CHERINと一緒に写真撮影。撮ってるのも、写ってるのも自分です・・・
真ん中の黒いイケメンは、友人タッティ☆
写真の仕事では、「こんなの使えない」って言われちゃうけど、
とりあえず、面白い写真を撮りたい衝動に駆られて、遊んじゃった♪
レリーズ使うとやっぱり楽しい写真がたくさん撮れるからスキ☆

調子に乗って、マルC(シー)を作ってみた。
こぴーらいとね。
○(マル)の中に、丁度良いサイズのC(シー)を入れるのだけど、
バランスが・・・微妙に難しい。
ぬぅー
まっ、こんなもんか。

yaya、臭いですが「真実だらけの青春物語」

自分が何年か前に出演したCDのPVが届いた。

<高校1年・春>
すごく人をスキになったんだ。どうしようもなく。
多分、初恋だね。
中間テスト前で、「漢文が分からないよ」って電話したんだ。
すっごい悩んで、かけるか、止めとくか永遠考えて・・・
本当は、漢文で分からない部分なんて、あったわけじゃないけれど、
勉強が手につかないくらい考えちゃって。
どうしようもなかったんだ。

<高校1年・夏>
彼らは、毎年、部活のメンバーと「真鶴」へ自転車で出かけたの。
ありえない距離を自転車で走って、夜にはみんなから電話をしてくれた。
10人くらいの所謂、コキタナイ男子が電話をくれるの。
そこで食べたミカンダンゴに全員当たって、次の日みんな休みだったりして。
すごくヘンな人たちだけど、本当に電話が楽しみにだった。
これは、高校2年の夏にも実施されて、やっぱりかけてきてくれた。

<高校2年生>
相変わらず、この人のことが好きだったんだ。
クラス分けで、彼は文系、私は理系クラス。別々の教室になっちゃった。
だから、たまに彼のいるクラスに用事をつくって、ちょくちょく足を運んだの。
映画の話と小説の話ばっかりしてた。
映画「シャイン」を観たって話があって、その原作本の「すべては愛に」って本を片手に、
教室へ走り込んで、ドキドキしすぎて息が切れてしまったことを覚えてる。
何年も経って、
「あの本を読んで、オレは本を読むようになったんだ」って言われて驚いた。
「yayaが本をたくさん読んでたのがくやしかった」って・・・。
その後、何度か会ったり、話したりして、
今思えば、人生で初めてのカレだ。
けれど、シャイな人だったし、ワタシもどうしていいか分からなくて、
一緒に2人で帰ることもできなかった。

その頃、モデルの仕事をしていて、とにかくつまらなくって。
「ワタシね、ジョユウさんになる!」って言ったことがあった。
今思えば、世間知らずもいいとこだけど。

<高校2年・冬>
進路相談の時期にさしかかって、
国立大学、私立大学、短大、就職って教室に分かれて、説明を受けたんだ。
ワタシは理系の国立希望だったんだけど、いくつかクラスに参加できる形式で、
私立のクラスの説明会にも足を運んだの。
彼がいてね「オレは監督になる」って言ったの。
本当にびっくりした。けれど、なんか嬉しかったんだ。
私、やっぱりジョユウになりたいから、芸術の大学受けるって言ったのもこの頃。

ある日、
「私、ぜったいにジョユウの仕事して、良い演技するから」
って話したことがあったの。
そしたら、
「オレ、絶対に監督になるから」って。
いつか、いつか、絶対に一緒に仕事をしようって、約束したんだ。
アマイ考えよね・・・
それにすら気がつかなかったけれど。

<高校3年・夏>
彼には彼女ができて、あまり話をすることがなくなったの。
そんな最中、学校で共通の友人が、
毎年恒例の「自転車真鶴ツアー」の途中、海の事故で死んじゃったんだ。
今でも、恐ろしいくらい覚えてる。その時の光景。
母が泣きながらワタシに話してくれたこと。
ものすごく行き場がなくって、彼には彼女がいるから電話もできなくって、
1人で放心状態の日々が続いた。
何もかもが、どうでもよくなってしまった。

<高校卒業>
彼は、映像系の学校へ行って、私は、みごとに大学全滅。
けれど、絶対に夢をかなえたかったから、浪人をしようって思ったの。
彼とは話をすることなく、そのまま離れちゃった。
恋もおしまい。
高校、卒業。

そして・・・
大学生活が続いて、私たちは再会したの。
彼は、すっかり映像を作る仕事をしてて、格好よくなってた。
そして、念願叶ったんだ。
それは、まだ映画ではないけれど、
彼が取った仕事の依頼の一つ、PVに出演してほしいって話がきたの。
すごく、すごく嬉しくって。もちろんOKした。


<そして今日>
何年も経ってしまったけれど、そのPVがポストに入っていた。
「遅くなりました」って、相変わらず汚い字で書かれたメモがくっ付いてて、
笑っちゃった。
泣いちゃった。


今、彼は幸せな結婚をして、映像の仕事で会社の社長をしています。
彼、着実に夢を掴んでいっています。
今、私は毎日夢を追って、仕事をしながらも日々モンモンとしています。
私、いつか掴んでみせます。


大切な思い出、大切なヒト。
唯一の初恋のヒト。
頑張って欲しいヒト。
いつか、また一緒に仕事をしたいヒト。


うれしかった

集中して徹底的に遊ぶ!!

日曜は収録。
しかし、時たま休みもあるわけで、
先週、今週と2連続で日曜は休みとなった。
どうしようか?なにか豪快に遊び狂いたい!!
先週は伊豆へ温泉行って、本栖湖撮って、ホタルを見てきたぞ!
すごいねぇ。何万引きものホタルが山々を飛び回って、
近くに流れる河原に舞い降りて、ヒラヒラと光り続けるの。
そんな幻想的なホタルに見とれながら、おもわず鷲掴み!ガシッと。

yaya「ホタルってさぁ、ずっとは光続けてはいられないのだね」
プリンツ「呼吸に合わせてるみたいな光り方だよね」
yaya「約3秒光って、また消えて、また3秒くらいですかね」
プリンツ「これはお尻にどっちの成分が入っているんだろうか?」
yaya「ルシフェリンが元か、ルシフェラーゼが元か?」
プリンツ「どちらかがお尻に入ってて、そこにどちらかが分泌されるんだろうね」
yaya「だろうね」
幻想的なシーンなのに、それが気になってしょうがない・・・
これ、知ってる人いたら教えてください。私も調べてみるわ。
オスがメスを呼び寄せるために、ピカピカと光っているわけだけど、
世のオスってのは、必死なんだね~
命がけだもんね。

さて、今週といえば、土曜日におおはしゃぎしてきた。
まず、渋谷で前の事務所で一緒だったタレントの平野麻樹子ちゃんとランチ☆
キレイな子と一緒に食事をすると、なんでこんなに幸せなんでしょうか?
しかも、彼女は賢さがあふれる上に、優しさあふれてて、なごみます。
ってな感じで、女性の美しさに包まれてきたわけさ。

夕方までいったん自宅で用事と仕事を済ませて、
夜は、またもや前の事務所で一緒だったケイコちんとプリンツの3人でディナー。
麻布十番にある、麻布十八番って店を予約。
アンチエイジングレストランで、野菜がうまかった~
デザートに出てきた、青汁のクレーム・ド・ブリュレがスキな味だった。
すごく居心地の良い空間だし、ここ、オススメね。
ケイコちんと私の会話は、あまりにアホなんでスキップ・・・

さて、夜はまだ始まったばかりだし。
彼女を送り届けてから私たちも六本木へ!
友人ユドューを呼び出して、3人でビリヤード。
乗ってきたところで、ダーツ!
自分が勝って気分の良いところで終わりにしたわ!(身勝手・・・)
しかし、せっかくテンションが高いわけだし、そのままクラブへ!
踊れ、踊れ~
疲れきるまで踊り狂い、気づけば朝7時。
お疲れさまでした。
もぅ、グッタリでございます。

こうやって、真剣に集中して遊ぶのはいいね。
徹底的に遊ぶ!
さぁ、仕事に戻りましょ。
原稿、原稿♪

Recent Entries
Categories
Monthly Archives
Search this site