Top Page: メイン
Previous Archive: 2007年7月
Next Archive: 2007年9月

蜘蛛の子達よ、ヒトコト言ってからにしようよ

あぁ・・・オリオンビール飲みたい。
『高校講座』が夏の再放送になった。
『ぴあのピア』は夏の特集とリクエスト週になった。
って、これ制作側だから、まだ放送はなってないみたいね。
(リンク貼りながら、いま気が付いた)

さて、本日も元気に仕事に向かってたんだ。
代々木公園の木々と会話して、夏って素敵だね!とかいいながら。
それで、今日のスケジュールの件で相談があったから、
さわやかな風を感じながら、プロデューサに電話。

P「おかけになった電話は、現在電波の届かない・・・」
yaya電話を切る
編集室は電波が届かない。
というわけで、編集室に電話。すぐにADのY坊が電話に出た。
yaya「あっ、Y坊?おつかれ!」
Y坊「お疲れさまです!」
yaya「伊良部さんいる?」
(このCP、奥田英朗の本に出てくる精神科の医師"伊良部"のイメージそのものなのだ)
Y坊「いや、いないですよ」
yaya「あっ。どこにいるか知ってる?」
Y坊「出張っていってたかな?」
yaya「は!?何の連絡もなかったけど・・・」
Y坊「チケットって言ってたし、海外らしいです」
yaya心の声「ったく、なんで一言も言わないで勝手に・・・」
yaya「んで、いつ帰ってくるって?(口調がもはや1オクターブ低い)」
Y坊「あっ・・・12日だそうです」
yaya「っだぁ~~???」(鬼)
Y坊「・・・・・・・・・・・」

ってな展開で、仕事の引継ぎも、何の連絡もなく、
消えていた・・・。

数時間後・・・
国際電話が鳴る
P「あっyayaちゃん?」
yaya「どうも。――なんだか出張だそうで」
P「あっ、そうなんだよね」
yaya心の声「くそ、伊良部め『そうなんだよね』じゃないじゃんか」
P「でさぁ~、明日なんだけど、急なんだけどテープの・・・(あーだこーだ)」
永遠と話が続く↓

yaya「・・・で、どこなんですか?今!」
P「ん?えっとねぇ~色々アジア♪」
yaya「はぁ・・・色々ね、いろいろ」
P「場所、後でメールするよー。じゃぁよろしくね」
yaya「どこか、いなくなる時は、ちゃんと言ってください!って言ってるじゃないですか」
P「ごめんねぇ」
yaya「・・・・・・・・」


いつも、この甘い声でかわされてしまう。
こんなんでいいのか。
引継ぎ、出張してからするのは、やめようよ。
ってか、一応その間とりもつの私の役回りになるんだからさ、
行ってくるからね!くらい言おうよ、昨日会ったんだしさ。
電話越しでは、カタコトのアジア~ンな英語がキンキン響いてた。
確かに、英語圏にはいないようだ。
アジアで時差がないだけ、電話時間がまともだから、まだマシか。

こんな伊良部プロデューサーに、常々怒鳴ってるワタシ。
ある日、師匠が
「yayaちゃんは絶対Pと合うと思ったんだよね!キミは彼を怒るから♪」
って言ってルンルンしてた。
この師匠だって、連絡が突如としてつかなくなる
羽根が生えた蜘蛛の子の一人だ。

夏休み時間に入った今。
制作部隊とその長は、蜘蛛の子を散らしたように、
連絡がつかない・・・

スパッツじゃないんだってさ

久々のCM撮影in湘南台。
今回は足モデルです。
だから、昨日は鎌倉に帰って準備♪って思ったんだけど、
結局地元の友人やらと会って、海の家に行ってしまって、
ぐで~んぐでんに飲んでしまったため、都内にいるよかアクティブだった・・・
撮影に遅れないで行けて、よかったぁ。
足エステシーンの撮影だったんだけど、
カメラさんやディレクタが、撮影環境を整える間、
画角を見るために、ワタシ、ベッドに横たわっているのね。
で、エステティシャンは、その間、手持ち無沙汰な様子で、
ワタシの足を、マッサージし続けてくれるわけ。
なんて幸せな・・・お仕事。
しかし、抜群の気持ちよさに眠気が襲う。
寝不足だったため、ひたすら睡魔との戦いだった。


さて、
最近、丈の短いスカートやAラインのワンピースを着るときに、
下にちょとレースが付いた黒スパッツ履いてる人、多いよね。
自分のファッションとは、かけ離れているので無視!してたんだけど、
たくさん見かけてたら、なんだか着たくなってきたんだよね。
ずっと見てると、意外とカワイイのではないか。と思うようになって、(流されやすい)
撮影は朝に終わったし、横浜でそれ系のワンピースを探した。

yaya「すみません、スパッツと合わせるAラインのワンピースが欲しいんです」
店員「あっ、この辺りは全部、合わせられますよー」
yaya「じゃ、コレとコレとコレ、試着しますぅ」
着替え
店員「あっ。かわいい~きっと"○○ー○"と合わせると似合いますよー」
yaya心の声「ん?なんだなんだ?今、スパッツって言わなかったけど」
店員「あっ、こっちもいいですねー。さすがに"○○ー○"ないと短いし☆」
yaya心の声「えっ?また言ったぞ、謎の言葉」
「聞き取れないけど、恐らくあの黒いレースのスパッツのことに違いない」
しかも、店員さんは私が"スパッツ"という度に、謎の言葉で修正をするの。
こんなわけで、"○○ー○"と呼ばれるスパッツに似合うワンピースを購入。

さて、都内に戻った私。
その"レース付きスパッツ"が欲しいのだが、
洋服屋さんに売ってなかったけど、どこに売ってるのだろうか。
恐らく、靴下売り場だろう。
しかし、何と呼ぶのか分からない・・・
そういうの着る感じのファッション誌も持ってないし。
恥ずかしながら、雑誌を読みあさって、名前探しをした。

"レギンス"

というらしい。
早速、靴下屋さんへ駆け込む。
あったよ、レギンス。めっちゃあった!
でね、スパッツってのは、別のおばちゃんとか買う場所にあった。
"スパッツ"って札が掛かってた。
"レギンス"を手に取ったyayaの横に、腰の曲がったおばあちゃんが来た。
レギンスを手に取って、
「ありゃぁーこのスパッツは、下がレースだねぇ・・・普通のは無いのかね」
って言って困ってた。

実に、流行に遅れている自分に反省し、
新たなファッションに挑戦したyayaですが、
"スパッツ"と"レギンス"、何が違うのかサッパリ分からないな。

阿波で夏休み

行ってきたわよ。徳島!withプリンツ。
まずは、渦潮を観に、鳴門へGo!
船に乗って渦の目の前まで行ったり、橋の上から渦を眺めたり。
橋は、写真に写ってるでっかいもので、ワタシは高所恐怖症・・・
本気で血の気がひいて、足がガクガクしてしまった。
ありえないくらい怖いよ。

パークヒルズってとこでお茶をしたけれど、ここまた最高。
淡路島が一望できて、青がきれいなのさ。

それから、川が美しい!
プリンツがガマンできなくなって泳いでたけど・・・
もはや、でっかい小学生。
ワタシはしなかったよ。

神山という町は、棚田が並んでいて、そこかしこでスダチを育てていた。
ここは、夜の天の川が最高に美しいの。
流れ星は、3回願い事言えるくらいシューって空を通り過ぎるし。
まぁ~美しい三昧でした。
神山には滝もある。
30分のありえない坂道・山道をどんどん登り、雨乞いの滝へ足を運ぶ。
滝を見たら、浸からずにはいわれない私たち・・・
速攻で靴脱ぎ捨てて、滝つぼへドボン。
気持ちよかった~
魚に足を噛まれて大騒ぎだったけど。

もちろん、食も満喫したわ!
夜中の徳島ラーメンはちょい甘で、生卵を入れるのね。絶妙な味。
そして、四国と言ったら、やっぱりうどん!
yayaはうどん嫌いなんだけど、プリンツ行きつけだったうどん屋へ行って、
ぶっかけうどんを食べた。無事、克服。おかわりできちゃうよ。
それから、お魚がおいしいのさ。
鯛めし、別腹ですね。
そして、ここの人々、とにかくスダチをよく使う。
プリンツママの手料理には、たいていスダチをかける。
香り高くて、ほどよくすっぱいスダチ!
絞りまくりだった。

何より、一番の感動は・・・
阿波踊りでしょう。
町が祭りなのよ!全体がどんちゃん騒ぎ。
プリンツ一家が桟敷席を用意してくれて、一等席で見させていただいた。
街中で、桟敷席でない場所もまた最高だった。
眉山の麓にある道が、どこも踊り手でいっぱい。
女踊りはエロチックで、チラリズムで、ドキっとした。
来年は踊りたいね、是非とも!
眉山は、本当に美しい曲線で、夕方は絶景。

というわけで、とにかく徳島を満喫したyaya。
会社に戻っても、頭の中が未だ阿波踊りしちゃって、
なかなか社会復帰できておりません。

大変、すばらしい休暇となりました。

DSC_0021.JPG
Camera:NiconD80
鳴門の渦潮は想像以上に豪快


DSC_0106.JPG
Camera:NiconD80

街中で阿波踊りをしている

当て書き?このフニフニっぷり

某CMのロケで、奥さん役を演じた~
今回は、30代の人妻役だったわけだけど、
ちゃんと30歳以上に見える演技ができたかしらね。
フタをあけてまぁびっくり!
共演して頂いた、俳優の尾崎右宗さんをはじめ、
監督にカメラマン、アシスタントに音声さんと、タマビ出身者が大暴走!
同大学出身の先輩と一緒に仕事ができるというのは、なんだか嬉しいものだね。
時間は31時終了。
朝日に向かってお疲れ様!という長丁場だったけど、
それでも、現場は楽しく、和やかで、気持ちの良いものだった☆
尾崎さんも、とても素敵な方で、幸せだぁ~
魅力的な方でした。

さて、31時というのは、朝なんだが、
電車に乗って揺られているうちに、爆睡。
乗り過ごす。
「やっちまったわ」と思いながら、また爆睡。
また、乗り過ごす・・・
結局、最寄り駅になかなかたどり着けなかった。

070819_0522~0001.jpg
夫役を演じてくれた尾崎右宗さんと・・・

070819_0122~01.JPG
セリフで苦戦するyaya

昼には鎌倉に行かなくちゃだったのだが、
目覚めたら、午後だった。ゴンっ。
プリンツが車出してくれたから、フラフラしつつも鎌倉へ行けた。
ドイツから帰国していたバレリーナの友人Rissaとお茶して、
メキシコ帰りの弟から、怪しいお土産をもらって、
目が覚めたら、都内の自宅に戻ってきてた。
なんて、迷惑な女なんだ。
しかし、この激睡魔と闘いながらも(負けたけど)、鎌倉へ行ってよかったな。
Rissaは、ドイツのバレエ団で主演獲得です。すごいよね!すごい。
幼馴染が、こうやって活躍する姿は、嬉しいし、刺激になる。
これから、さらなる活躍が楽しみな期待の星の1人だわ☆
私も、文句ばっかし言ってないで、動かなくちゃね。

次の日は、収録だった。
今回は、師匠と私の間にフィルターをかけてくれるbm様がお留守。
ということで、収録は緊張したねー
ゲストに、写真家の吉住志穂さんにお越しいただいた。
素敵な花や虫の写真を撮っているんだけど、
なんかさ~写真家!って響きが素敵ですな。
写真がまた美しいの。時間をかけて、丁寧に、タイミング良く、
一瞬を捉えている作品たちが、とてもひき付けるものだった。
実際に仕事&飲みまでご一緒したけれど、気さくで魅力的な女性だった。
歳も近いということで、意気投合。のんべい横丁で、ぐでんぐでん。
いや、ぐでんぐでんだったのは、私1人なんだけどさ。(吉住さんジュースだった・・・)
写真にテレビの話。"ものをつくる"という共通点。
貴重な話に、おいしい"イナゴ"の佃煮。幸せじゃ。

結局、フニフニになったノリでプリンツの家へ行こうと思ったんだけど、
駅で横たわっているチャリに足をぶつけて、うずくまる・・・
その後、偶然通りかかった友人あってぃんに拾われて、
マンションの入り口まで送っていただいたわけだ。
プリンツ激怒。
はい。当然ですね。
フニフニしながら反省。
この展開、CMのストーリーに似てる。
公私共にフニフニじゃないか。
あのCM、当て書きだったのでは、なかろうか。

反省しましょうね。ワタシ・・・

沖縄県&徳島県の絶妙コラボレーション

BSハイビジョンで、日本の夏祭りを特集。
本日は、徳島県の阿波踊りだって。
うわぁ~楽しそう。
比嘉愛未ちゃんかわいい。
宮本信子さん素敵・・・

冷蔵庫をあさっていて、ビール発見。
沖縄にいるおばあを思い出しながらオリオンビールをゴクリッ。
あっ!徳島で頂いたスダチがあった!!
ららら~ん☆

orion%26sudachi.jpg
沖縄と徳島のコラボ直前の様子

ということで・・・
オリオンビールにスダチをin!!
うまい♪
あはぁ~踊りたくなってきたぁ。
アタシ、女踊りやりたいわぁ。

というわけで、仕事再開withビアー。(だめじゃん)
今夜書いた原稿は、明日、見直おしてから納品しようっと。

短い文書だからといって、無駄にリンク貼ってみた・・・・

ヒツジ・パズル

朝からヒッキーで原稿書き。
外で働くみんなをよそに、お家にこもってパソコンパチパチ。
自分に優しい性格だから、一本書き終わったところで小休止。
近くの商店街へ水と歯磨き粉を買いに行ったのさ。
でもね、つい商店街を練り歩きたくなるわけで、
本日も、ゴールまで行ってきてしまった。

ワタシは"ひつじ"とか"カンガルー"が、結構好きです。
今日は、そんな"ひつじ"とyayaの温かな出会いについて!

店内をのぞくと、そこには一匹の羊がこちらを見て立たずんでいた。

yaya「うわぁ~。"ひつじ"デハナイデスカ・・・」
羊「ども、オレ、ひつじの小太郎!」
yaya「あっ、どうも。暑い中、ご苦労様です」
小太郎「本当だよ、ったく、疲れが溜まるねこの季節は」
yaya「出会い頭にすみませんけど、結構リアルな作りですね」
小太郎「だろぅ?ちょっとなら、さわってもいいぜぃ」
yaya「あっ、どうも。ほんじゃちょっとだけ・・・なんか目つき悪いですねぇ」
小太郎「それよりさぁ、遊ぶ?遊ばない?」
yaya「あー。どうしよっかなぁ・・・」
小太郎「原稿、終わったんだろ!?この羊好きめ!」
yaya「しかし、ワタシは歯磨き粉を買いに来たまでで・・・」
小太郎「このやろぅ!楽しませてやるぜぃ!」

負けた。小太郎に負けて、手にしてしまった。

自宅にて、軽くジオラマ風。
そして、撮影。

1.jpg

yaya「よく見れば、これ、パズルじゃないですか」
小太郎「気づかなかったのかよ。遊ぼうって言ったべ?」
yaya「今どき『べ?』って・・・いかがなものかと思うが」
小太郎「黙れぃ!まぁ、ゆっくりはずしてみろって」
yaya「では、さっそく」
江戸っ子だか、浜っ子だか知らないが、この羊、口が悪い。

yaya&小太郎「あっ!!」
バラバラバラバラ・・・・
yaya「ゴメン、一気にいっちゃった」

小太郎の無残な姿。
バラバラ事件@yaya家
2.jpg

yaya「ごめんよ。組み立てるから」
小太郎「-----」
yaya「ひぃぃぃ・・・分からん」
小太郎「-----」
yaya「全部のパーツが似てて、つながらないよ(泣)」
小太郎「-----」
yaya「コタロウ~!!せっかく出合った羊なのに」
小太郎「-----」

15分が経過・・・・
3.jpg
yaya「なんとか形になったけど、なんだか変みたい」
yaya「ちょと背中の肉が、足りなくなってますねぇ」
yaya「ちょと痩せたのかな♪」
小太郎「んな訳ねぇだろ!捜せよ!!」
yaya「あっ・・・息、吹き返した」

小太郎「どうなってんだよ、動き難い」
yaya「ちょっとだけ、ちょこっとだけ、いただきましたん☆」


今夜のツマミに・・・
☆羊のチーズ☆
4.jpg
yaya「ワイン無かったんだけどね」
小太郎「だからって、黒霧島かよ!」

yaya「それにしても、小太郎はメスだったんだねぇ~」

Recent Entries
Categories
Monthly Archives
Search this site