Top Page: メイン
Previous Archive: 2007年9月
Next Archive: 2007年11月

娯楽がないとダメなんじゃ

市川崑の金田一シリーズにハマッって残すところ後一本。
「病院坂の首縊りの家」!!

山田洋次監督の『武士の一分』も面白かった。
檀れいさん、私もあなたのような嫁が欲しいです。
夫婦って、芋の煮付けの味とかで自分の妻が作ったものとか、
分かってくるものなのかな。
夏にホタルが庭を舞っている中、
目の見えない旦那様が、「ホタルは出ているか?」と聞いて、
「いいえ、まだですよ」という妻の優しさにドーン!
私だったら・・・
「うん!超~!!!キレイ」とか言いそうです。
方言もよかったな。
今度上司に呼ばれたら、
「お呼びでがんすか?」とか言ってみたい。

日本映画、ドラマを観る日常の中、山田洋次監督のセミナー@会社があった。
お題は『演出とは?』。
今回は、小津安二郎の作品の偉大さを話しながら、演出やホームドラマについて語ってくれた。
200人ほど集まったディレクター・プロデューサー・カメラマンの中、
会社が作ったドラマを批評しながら、演出について話を続ける監督。

役者をしている人はいない場だったけれど、こんな事も話してた。
「役者が何か演じようとするってのは、ダメなんだよ。
特に芸人は面白いことをして見せるってことに力を注ぐけれど、
その事、その人自身が面白い、おかしいよ!って言ってあげるんだ」。
何もしていない状態での、その役者の存在感そのものが良いのだ!といった話をしてた。
だから、演出をするときに、「演じるな!」的なことを監督は言うんだって。
寅さんでも、渥美清が面白いのは、面白くしようとしているからじゃなくて、
君、その顔、君自身がヘン(可笑しい)んだよってことに気がつかせたという。
人にとって演じていない時に可笑しいと言われることは苦痛であるけれど、
役者はそれに耐えなければいけない。
と話してた。
演じないことが演じていることにつながる。
「あぁ!こういう人、いるいる」ってリアリティを求めているそうだ。
リアル。
平田オリザか!?
うーーーー。
頭じゃ理解できますけど、それってすごい難しい。
3カメくらい使って、自分の日常を記録してみたいもんだ。
貴重なお話でした。

最後に小津監督の名作「東京物語」のラスト数分を見せてくれたんだけど、
この作品は山田監督が小津監督の話するって聞いたから、再度観てたんだ。
いやね・・・
この作品は、やっぱりスゴイ。
家族がテーマひたすらダラダラ、カット多すぎドラマだけど。
(とはいえ、私はこのくらいスローなテンポ、わりと好きなんで)
次男(亡)の嫁原節子は良い人すぎるくらい親切だし。
長女演じる杉村春子のムカツクこと腹立つこと!上手すぎ!
笠智衆の文句一つ言わない、あの「そうか・・・あぁ・・そうか・・・・」という台詞。

どこの家庭でもありうる生活の切れ端が、人を"考えさせる"物語に完成してる。
あと10年経って両親に会った時にでてくる感情と、
30年経って、自分が東京にはるばるやって来るような環境になったら、
きっと、それまた違う感情を持つようになるのかもしれないな。
今の自分、どちらの環境にもいないのに、泣きっぱなしだった。

親孝行はできる時にしなくちゃだ。

そして、エンターテイメントが無くなったら、やっぱり世界は終わりだよ。
世の中の娯楽を無くしちゃいけない。
世の人が楽しめるものを、感じとってもらえるものを、
出し続けていきたいなぁ・・・

好きなんだ~女と男飲み

羊が好きなyayaはまたしても羊を発見。
育ちすぎたガジュマルの木をバックに、終始無言で佇む次第。
その名は、おトメさんである。
8月23日にうちにやってきた、メス羊・小太郎は暴力が絶えない。
普段は柵の中にいるものの、おトメと会わせていいものか・・・?
仲良くなれるだろうか。

sheep02.jpg
おーい、トメさ~ん!小太郎に会ってみますかー?
おトメ「・・・・・」
なんか言ってよ。
ってか、これ、羊?ヤギ??
なんか、分からなくなってきた。

さて、武蔵小山で女飲みときたもんだ。
NHK高校講座「情報A」のMC、ミサコちんと、その幼馴染のチエちん。
近所なんですわ。実に。
まぁ、その前の日もミサコちんと飲んでたんだけどね。
話って尽きないんですな。
4時間くらい飲んでたんかな?
全員スッピンで"銀だこ"前集合。
その間、3人が飲んだものはビァーのみ!
注文したオカズは、枝豆・大根サラダ・ホッケ・また枝豆。以上。
って、オヤジ飲みじゃないか。
いや、女優さんですから、油ッ気は減らすんです。
甘いカクテル、デザートのメニューすら見なかった。

3人に共通している点といえば、トイレからの戻りが早い(半端じゃなく)。
「お手洗いって言って、遅い女性って、何してるんだろか?」
って話になったわけだ。
先日、プリンツにもこう言われたばかりだった。
プ「ねぇ、君ちょっとオトコ並みにトイレから戻るの早くないか?」
yaya「えっ?そうか?」
プ「ちゃんと、段取り省いてないだろうねぇ~」

女3人「省かねぇよ!!」

段取りの確認を3人でしましたが、省いていませんでした。
唯一違ったのは、鍵をかけ忘れることぐらいだった。
これは、気をつけた方がいいね。
ドア開けた人が悲鳴とか上げちゃうから。

ってなわけで、写真はミサコちんが撮ってくれてたから(甘え・・)、
そのURLを貼っつけてと。
塩山みさこのBlog
こんな感じで盛り上がってたのさ。
散々飲んだ後なのに、顔色1人も変わらず・・・
ツルンツルンのお肌です、ミサコさま。

ちなみに、帰る時に、「必ず帰宅したら連絡すること!」と私は言う。
友人ではあるけれど、仕事上では大切な出演者であるからだ。
ミサコさん、どんなにヘベレケな時でも必ず連絡が来ます。
で、昨日もちゃんとメールが来たんだけど、
オイラ、ぐでぐでで返信しながら寝てました・・・
マネ失格!
ごめんにょ。

小太郎VSおトメ

家の窓から外を眺めるのは良いもんだ。
私の定点観測も、8ヶ月を過ぎた。
大量の写真の整理が面倒臭すぎて、気が滅入る・・・

定点観測をしている家の奥に、こんな洗濯物発見!
aka.jpg
赤。ばっかりだ。








<これまでのあらすじ>
2007年8月23日、yaya家に一匹の羊がやってきた。
ぼーっと歩いていたyayaに羊が話しかけてきて、騙されたのである。
名前は小太郎(コタロウ)。メスの2歳である。
言葉使いが悪く、少々暴力をふるう部分もあるが、柵の中で飼っているので、
今のところ、特に大きな問題があったことはない。
主人の私は留守が多いので、昨日、小太郎の遊び相手として、
おトメというオスの羊を連れて帰った。
気性は穏やかで、女性的なところがあることから、乙女→おトメという名に至った。
だが、現在のところ、この2匹は引き合わせていない。


「おい。女!」
yaya「ひょっ?」
「おい、ここだ!」
yaya「あふぅ、この声は・・・」
h1.jpg
yaya「小太郎・・・」
yaya「なんでしょう」
小太郎「なんか~臭う。うん、獣の臭い」
yaya「そうか?私にはよく分かりませんけれど」
小太郎「おい!隠すな。誰かいるだろうが!!」


デーン!!
h2.jpg
yaya「おトメさん・・・」
おトメ「・・・・・・」
小太郎「おぅ、オマエ、名前は何だ?」
おトメ「・・・・・・」
小太郎「おぃ!しゃべれねぇのか。コノヤロウッ!」
yaya「いや、おトメさんです」
小太郎「古臭い名前だな、ふっ、まぁ良いとしよう」
yaya心の声「小太郎だって人のこと言えないくせに、そもそもメスでしょうが」
小太郎「どうだ、こっちに来て話でもしようじゃぁないか」
yaya「小太郎、おトメちゃん怖がってるってば」
小太郎「おぃ!こっち来て面見せろってのが分からんのか!?」
小太郎「おぃ、女。この檻から出せ!」
yaya「落ち着いて」
小太郎「おぃ!おらぁ~」
yaya「暴力反対!!!」


h3.jpg
キ~ック!!
yaya「あぁ・・・」(目を覆うyaya)

h4.jpg

おトメ「メェェェェ・メヘェェェェ・・メェェェェ・・メヘェェェェ」

小太郎&yaya「おぉぉぉぉ~!鳴いた~」
小太郎「スイッチ入れないとしゃべれないんだな」

yaya「小太郎独りで留守番じゃ寂しいと思って、おトメちゃん連れてきたんだよ」
小太郎「おぅ、そうか」
yaya「羊同士、仲良くしなよね」
小太郎「フンッ!オレは誰ともつるまない性質なんだ」

もっかいプッシュ!
おトメ「メェェェェ・メヘェェェェ・・メェェェェ・・メヘェェェェ」
h5.jpg

小太郎「・・・にしても、お前、デカいな」

小太郎「かわいい鳴き声じゃないか(惚)」

h7.jpg

yaya「惚れたか。恋か?」
小太郎「・・・・・・・・・・・・・・(惚)」
yaya「ねぇ、小太郎、おトメさんヤギだって」
小太郎「・・・・・・・・・・・・・・(沈)」


ライオンとブタの物語

夢って半端なく残酷なことがある。

幸せ~って夢はあまり見ない私。(昔から)

もしも、ブタがサバンナで、ブーブー鳴いていて、
ライオンとブタが共存したら、やっぱりライオンがブタを食べるのだろうか。
昨夜の夢は、そんなブタとライオンの愛らしい物語だった。

ある地方へ、家族と従兄弟家族と一緒に、遊びに行った。
そこには不思議なペットショップがあって、
妙にでっかいクチバシに、ピンクのザラメをくっつけたインコや、
緑と薄いオレンジの斑を持った気性の荒いネコ、
温厚で人間のように椅子に座れる、雄ライオン、
ライオンを怖がることをしない、たくましい雄のブタがいた。
店長は、インコやネコを外に出すのはいけないが、ライオンとブタを貸してくれたので、
彼らを引き連れて、駅のホームへ!
家族も従兄弟たちも喜んで、ライオンとブタと2ショットで写真撮影大会!
観光客もわんさか集まってきて、散々遊んで、本当に楽しかった。
ライオンもブタもちょっとお疲れぎみ・・・
そんな中、雨が降ってきて、私は両親に促されるまま電車に乗った。
電車に乗った直後、「あれ?どうして?どこいくの?」と聞くと、
「もう、十分に遊んだから帰るのよ」と平然な顔をして返事をする母。
えっ?じゃぁホームに残してきたライオンとブタはどうするのさ!
雨はどしゃぶり、このままでは彼らが・・・・
慌てて次の駅で電車を降りて、乗り換える。
が、初めての土地で乗り換えがうまくできない。
なんとか反対方向の電車に乗り、ライオンとブタのところへ戻った。
その間、「いなくなりませんように・・・」と何度も唱えて。
2匹とも雨に打たれながら、仰向けに寝ているではないか。

でも、
よく見ると、
様子がおかしい。


生首になっていた。

どうして?2匹とも、ゴロリと首だけになって、
青緑色に顔色を変えて、雨に打たれていた・・・

ライオンの首の上に小さなガラスの置物があって、
そこに泣きながら話かけると、
「自分(ライオン)もブタも会話ができないし、
何度もどうしてそんなに仲よくできるのかって聞かれたんだけど、
人間のことばで答えることができなかったから、
これはロボットかもしれないと人々が言って、首を切られたんだ」
そう言ったの。
温厚なライオンを信用することができなかったんだって。

なんとかならないの?って泣きじゃくったんだけど、
なんともならないから・・・って。
ライオンもブタも、二度と目を開いてくれなかった。
周りを歩く人たちは、生首を気持ち悪がって、避けて歩いてる。
もしも、あの時、電車に乗らずに彼らの元にいれば、
こんなことにはならなかったのに。
そう後悔しながら、2つの生首を抱いて、泣き続けた。

けれど、よく見ると、ブタの方は、ロボットだった。
切れた首の切り口に機械が刺さってて、
本当によくできたロボットだった。
ライオンは、「自分だけ、本物だったんだ」ってショックを受けたんだって。
そこで夢はおしまい。


清々しい青空。
涼しく透き通った風。
金色が眩しい朝の太陽。
現実には、ついて行けないほど、さわやかな朝が訪れていた。

秋の天気は、気分を無視するほど残酷に美しい空で、
私は悲しくなった。

この残酷さ、夢から醒めた夢ならばいいのに・・・

これじゃ
子供向けのファンタジーミュージカルにできないよね。

ラブホで誕生日は勘弁して!

眠るとき、腕を取り外して立てかけておきたい。
本気でそう思った。

本日、yayaはまたひとつ歳をとったわけだが・・・
(そして、このblogもスタートして丸4年経ったんだね)
忘れもしない誕生日を迎えた。
とりあえず、0時ちょうどは、自宅の風呂で塩もみしている間に過ぎた。
忘れてたわけではないけど、まぁ忘れてたって言うんだろうな。こういうの。

昨日からうちに来ていた母ハチエ。
夜も遅くなったが、帰る気配が全くない。
うちにはシングルのベッドがひとつ。
このままじゃ、私は床ではないか!
2人で夜の22時過ぎからホテル探しをしたんだけど、
どこも満室。
気が付けば、終電が終わっているではないか。

何を思ったか、母ハチエ、とんでもない発言をしたの。
ハチエ「女同士じゃ、ラブホテルは入れないのかしらねぇ?」
yaya「女同士よか、親子で入る気が知れん!」
ハチエ「そっか。やっぱ入れないかな」
yaya「絶対イヤです」
ハチエ「そう?」
yaya「親子ラブホで誕生日なんて、ありえません!」
ハチエ「平気よ。あんた生まれたの朝だから」
yaya「そういう問題じゃない!」
ハチエ「ベッド小さいわねぇ・・・」

諦めてお互いお風呂に入ることにした。
母が入って、私が続いて入った。(その間に過ぎたんだけどさ)
で、気付けば母は私のベッドを占領。
しかも、うまい言葉に流されて、長々とマッサージをすることになった。
まどろみの中で母は「まぁ2人で寝れないこともない」と言い出した。

仕方なしに隣に寝たわけだけど。
でかいんだよ、うちの家系は・・・
母ハチエの身長、165cm。yayaの身長、168cm。
寝返り、うてない。
腕がしびれる。
2人横に並べない。
この腕!取り外せばうまく並べるのに!!!

こういうのって、先に寝たもの勝ちだね。
負けたよ、ハチエ様。
私、まったく眠れず、一人朝5時半から公園へ逃亡。
公園から帰宅後、しばらくして、(ウトウトしてしまった)朝8時。
「やっと生まれたころね。オメデトウ!」
眠りを勝ち取った母ハチエが、さわやかにコーヒーを入れていた。

でもね、こんな誕生日忘れられないね。
母と2人、一つのベッドで寝るなんてこと、
20年以上ぶりであり、二度とないかもしれない。
ものすごい疲れたけど、素敵なお誕生日を迎えたなぁと感じた。

でも、二度と泊めないと心に誓う。

愛されるということ

公園の自動販売機で買ったコーヒーを、青空眺めながら、
「やっぱりマズイね」って大笑いをしながらすする。
夕方になると、肌寒くなって「凍る~」と叫びながら、
寄り添って歩く散歩道。
途中で見つけたイチョウの葉を拾って、小説に挟む。
道は落ち葉でいっぱいになっていて、歩くとザクザク音がして、
足踏みしながら、何の曲か当てっこして「へたくそ」と笑うの。
夜になれば星がキレイだから、星座を教えてもらって、
家まで送ってくれて、「またね!」とバイバイするの。
きっと、一番最高の笑顔で「ありがとう」と言うわ。


高価なモノをたくさんもらうより、
苦しい時に飛んできて傍にいてくれる。

自分が会いたい時に「会いたい」と言われるのではなくて、
寂しくて仕方ない気持ちに気づいた時に来てくれる。

「アイシテル」の言葉を100万回言われるより、
愛を感じる一瞬を、1回だけ感じたい。

これが、最高の幸せ。
私が心から、愛せる人。
たとえ、1年に1度しか会えなくなっても、
きっと信じ続けることができると思う。


でも、これって・・・
贅沢すぎる願いなのかな。

Recent Entries
Categories
Monthly Archives
Search this site