Top Page: メイン
Previous Archive: 2008年2月
Next Archive: 2008年4月

運動の春・TANGOよ。

最近、「よく食べ・よく動く」。
食欲の春?運動の春?

週末に、今年度2度目の雪や山へ!!初スノボだよ。
私は、自称「晴れ女」である。
一緒に行った相手も、必ず出先は晴れるという。
でもね、吹雪だったよ。しかも現地に着いてからね・・・
よく考えてみたら、私たちが会うと雪が降る。
今年会った中で、すでに4回が雪だったような。
晴れ+晴れ=雪。
いったい、夏は何が降るわけ?

吹雪だっていいさ、滑れるようになってやろうじゃないの!
男気あふれて山滑り。滑るっていうか、落ちるって感じだったね。
始めは、コーヒーカップみたいにくるくる回っちゃうし。
それでも、わりと楽しく滑れるようになったわ♪
さて、雪山ではリフトに乗らなくちゃよね。・・・私これがダメらしい。
リフト降り場で、必ず転がって、従業員さんゴメンって。
私は利き足が反対だから、リフトに乗るとみなさんゴメンってなるし。
教える方は大変だっただろうな。感謝です。
リフト降りは、一番の恐怖だった。

帰って来て、どうも動きたい衝動に駆られる。
そこで最近は、久しぶりにジム通い。
すっかりハマってしまってる。体の調子もよろしいね。
そんで、念願のTANGOを習いに行くことになった。
サルサをやってる友人に、タンゴやりたいのだけど知ってる?と聞いたところ、
「最近、アルゼンチンタンゴやってるの!」だって。
素晴らしいタイミングね!ってことで即決。
バレエでタンゴは経験あるけど、本場アルゼンチンタンゴは初!
アコーディオンに合わせて踊っちゃうわ。
バラの花、差しちゃうわ。

恋人は花粉症

お知らせ込みで・・・
面白いCM撮影をしてまいりました!
町田にある、焼肉店「李家本舗」の宣伝。

とあるカップルが焼肉屋さんに行って、美味しい韓国料理を食べて、
最終的に、偽?ヨン様&チェ・ジウになってしまう。
という展開なんだけれど、(内容はそのうち・・・)
今回、ヨン様役のお方が重度の花粉症で目まで真っ赤。
撮影までマスクをしているから、メガネは雲っている。
ナレーション撮りはティッシュの箱を片手に録音。
非常に気の毒。

全員のボケとツッコミが耐えないし、現場はとっても楽しかったー
内容はかなり笑えるCMになっているはず。
花粉症の彼も見もの!

01.jpg
この写真で私、かなり深刻な顔をしているのだけど、
これは、お肉を見つめて、唾をゴクッっと飲み込んでいるところ。
ある意味真剣・・・
しかも、私の左にいるスタッフさんは、ドライヤー片手に待機。
肉を食べるとそよ風が吹く?

02.jpg
ブルーバックにて記念撮影~
左が花粉症のヨン様。鼻ズビズビ・・・
真ん中が今回のディレクター。三枝木D。
右が私。ヨン様の恋人役。

ケーブルTVでの放送なので、見れる人は限られているかな・・・
ですが、是非、見て下さいね!
Jcomにて、 4月1日よりOAです。

東京コレクション~カメラマンに打ちのめされて~

3/10~3/15の間、六本木midtownを中心に行われた東京コレクションへ行ってきた。
NYからスタートして、パリ、ミラノ、東京とファッションショーが行われるのだけど、
その最終地点が、この東京ファッションウィーク!!
今回は、2008~2009年の秋冬コレクションだ。
エコロジーをテーマにしたデザイナーが多く、Earthカラーが多かった。
私は、ディレクタ業で撮影へ行ったから、ヘマしないかってもうドキドキ・・・
てんてこまいになりながらも、無事に全日を終了~
途中経過をblogに書きたかったけど、余力なしだった。
コレクションで撮影した彼女↓はいかにも、私が好きなタイプの格好だ。

tfw03.JPG

camera:NikonD80 iso1000 f5.6 s80

press席で撮影してたんだけど、オフィシャルスチールカメラマンがスゴかった・・・
たった15minほどのショーを、バシバシ撮影したかと思うと、次の会場で編集開始。
次の日の号外新聞記事のトップ写真を飾るんだ。
カメラマンの仕事ぶりを盗み見してたけど、その凄さにショックを受けてしまった。
ファッションショーは、モデルがranwey(モデルが歩く花道)を思いのほか速く歩く。
しかも、身長は185-190cmは軽くあるんだよね。だから大股なわけよ。
真ん中に立ち止まってポーズするのは、2.3秒だし近すぎるから、歩く時に撮るの。
そうすると、撮影したくても絞りが変化し続けるから、切り替えを瞬時にしなくちゃいけない。
つまり、センスが勝負みたいなところあるし。

私は、彼らに嫉妬して打ちのめされて、いてもたってもいられなくなった。
最終日、ショーを撮るチャンスはあまり無いと思って、練習することにした。
仕事後に行われたショーが2本あったので、スチール持って会場へ!
いや、まさに戦場・・・
時間との戦い。写真は時間を切り取るものだなって実感する。
しかも、どんな照明でどんな雰囲気のショーになるかは、始まらないと分からない。
始まってから、どう設定するか考えるなんて勝負、ハラハラして面白すぎる。
緊張感max!と思いながらもシャッター切ってきた。

tfw01.JPG

camera:NikonD80 iso1000 f5.6 s80

tfw02.JPG

camera:NikonD80 iso1000 f5.6 s60

これは、今回のコレクションのトリ、"G.V.G.V"のコレクション。
モデルが良いと、なんか格好いいもんだな。
自然光で撮る作品が多かったけれど、こういうポートレートを撮っていくのも、有りかもしれない。

ネコはイヌにあらず

行ってきたよ。
劇団四季版のミュージカル、"CATS"。
めっちゃネコだった・・・。
手足、腰の動きとか、ネコネコしてるのね。面白かった。
既に行ったことある方は、分かると思うけれど、劇場がすごいのね。
シアター全体がCATS用だから、ガラクタの園って感じ。
スタートして直ぐに、ビックリする劇場転換があって、
聞いていたにも関わらず、驚いた。
豪華だなぁ

作品全体は、まぁ、、、そんなストーリーよねって感じで置いといて。
名曲"Memory"を歌う彼女が、びっくりするほど美しい声だった。
後は、マジックネコってのが出てくるけど、彼の踊りは上手かったねー
体重を感じない動きができるのは、素晴らしい。
この歌と踊りのために、観に行くってのもアリかもしれないね。
本当、歌声に感謝です。

さて、劇団四季のカーテンコールなんだけど、
なんで、あんなに長いのかね・・・・
いつまで経っても終わらない。
むしろ、カーテンコールになると、「さぁー始まるぞ!!」って、気合が入っているような。
ネコ達は握手しに観客席を練り回るしね。
どうも、ついて行けないところはありますが・・・
あれは、根強いファンがいるんだなーとつくづく実感。
でも、ファンは大切よね!

そんな訳で、ミュージカルを観てからレストランでワイン。
昼間っから、五反田で。なんて時間の贅沢かしら・・・

さて、ここで1つ気になったこと。
CATSの最後の曲なんだけど、ちょと「は?!」って歌詞があった。
超大盛り上がりの中、よく歌詞を聞くとだいぶ笑える。
「ネコはイヌに有らず~」だって。

知ってるよ。

ロンドン版を観たいなぁ。


Recent Entries
Categories
Monthly Archives
Search this site