Top Page: メイン
Previous Archive: 2010年9月
Next Archive: 2010年11月

釘付けの料理番組"Nigella Kitchen"

どこにいても相変わらずテレビッ子。

お国柄の出るCMも面白いし、昼ドラは海外だって昼ドラだ。
(最近のCMは世界で統一している企業が多い?見た事のあるものばかりでいまいち面白くない)
家にいる時は大抵つけているので、お陰さまというかなんというか
天気予報と交通情報はいち早く聞き取れるようになった。

そんなテレビっ子の私が釘付けになった番組が、
BBC2 "Nigella Kitchen"
という夜の30分番組。
ちなみにBBC2は日本でいう3chみたいな感じで、
朝はキッズ番組、昼はガーデニングやら田舎料理など紹介。
キッズ番組も素晴らしいものがあるので今度紹介~

他のチャンネルでも色んな指向の料理番組があるけど、
この釘付け番組は他の番組とはカラーが全く違う。
何がって、、、
撮影方法と映像の美しさ!!!
(さらに彼女のセクシーな美しさもあるんですけど)

番組と魅力を簡単に説明すると、
Nigella Lawson という美しい女性シェフが一人で進行。
別の部屋で数人の友人や家族が料理を待つという設定で、
会話をしながら窓越しで待っている姿が時々映る。
広いダイニングキッチンに立ち、計りも使わず目分量でどんどん作る。
ちなみに「今日のおさらい」とか「レシピ」は無いので、
WEBで復習ができないなら、その場でどんどんメモが必要。
30分間の番組の中で4~5品をつくる。

カメラは彼女の顔、料理、雰囲気、待ち人を撮影するんだけど、
まるで映画を見ているような美しさ。
雰囲気でいうと、ハーゲンダッツのCM。(分かりにくい?)
とにかく撮影するアングルがどんどん変わっていくので、
ある時は、
ただ玉ネギを切るにも、まな板を少しぼかし写し込んで、横から斜め下に眺めるように。
(まな板ナメでってことです)
ある時は、
彼女の視点でキッチンの料理する側から包丁にピントをあわせて。
(とにかく全体的に被写界深度が浅い)
ある時は、
柱ごしに彼女のエロチックつまみ食いをする姿。

と、それはそれは丁寧で美しい撮影に余念が無いのだ。
ピントをボカした映像からだんだん合わせたりと遊んでいるし、
この30分にはカメラマンとディレクターのセンスと意地が感じられる。
どんなに野菜が嫌いな人でも、つい食べてしまいそう。
美味しそうに撮すんですわ!!

と、ここまで褒めて「そうでもない」と言われてしまったら残念だけど、、、
どうでもいいや。私は釘付けでした。

最後にできた料理を一口食べて
"U~~~n Very Happy"と彼女が言う姿がまた素敵。

日本でも栗原はるみさんが
「あぁ~~幸せ」とかいう姿は結構似合うとおもうけど。
日本にも完成した料理が美しい番組はたくさんあるけど、
作る行程をこんなに工夫してみたら、より一層面白いだろうな~
だって、料理番組って放送時間の8~9割が作ってる時間でしょ?

なんて番組制作を懐かしむ自分なのでした。
はぁ~面白い番組作りたいなぁ。。。

喉が痛すぎ!イギリスでおすすめ(らしき)薬を服用

イギリスの中心部はストライキで昨夜から24時間地下鉄が走っていません。
私の体調はセントラルヒーティングと乾燥で昨夜から喉が痛くて眠れません。

私は、こっちに来るまで大きな勘違いをしていた。
雨がよく降る=イギリスは湿度が高い
ってね。とんでもない!!
びっくりする程、乾燥している。さらにセントラルヒーティングなので、
洗濯物が数時間で乾いちゃうほど、部屋はカリカリに湿度が低い。
硬水だしと、肌対策はしていたんだけど、喉対策を忘れていた。
日々、「ちょっと喉がイガイガする」とは思っていたんだけど、
もう無理。眠れないほどトゲトゲしていて、熱っぽい。
(しかもこのイガイガの感覚は味わったことがない)

とりあえず日本から持ってきた自分に効く薬、葛根湯を服用。
まったく効果が無い。。。
つうかより酷くなってるし。

我慢できないので薬局Bootsへ行き、風邪薬を購入することにした。
アラブ人っぽいターバンを巻いた優しい薬剤師さんが、
症状にあった効き目の強い薬とのど飴を教えてくれました。

"Fle-Max All-in-One" chesty cough&cold powder
という風邪薬。
お湯に溶かして飲むレモン味の薬だそうで、早速試したけど、
うん、なかなかの美味。でも熱いうちに飲まないと苦みが、、、。
お湯を入れた瞬間「ジュワワワワ!」と泡立ったのはビックリした。
効き目があるかはまだ不明だけど、1時間後とりあえず眠くなってきた。

"Sore Throat Relief" dual action

というのど飴。
味は、はちみつレモン?の甘ーい飴。
効き目がありそうな味ではないけど、これもまぁまぁ美味しい。
1日12粒までという限度があるらしい。

驚いたのは金額。
薬は16袋入ってて£3.8。飴は24個入りで£2.20。
普通の解熱剤は20粒くらい入ってても60Pくらい。
日本円にしたら100円しないんだから安いかもしれない。
なるほど。

後は、オレンジジュースとザクロジュース、
チキンスープが良いらしいので、これらもひっくるめて、
ひとまず1日様子を見て、効果の程を確かめてみよう〜

風邪薬の効果の程と引っ越し大騒ぎ?

ストライキは24時間後に無事に緩和。

夫は地下鉄の代わりに、船で帰ってきたとのことで、
「ロンドンの街は美しすぎる!!」と感動をしていた。
船の中には売店もあって、同僚と一杯やってきたらしく、嬉しそう。
「こんな素敵な船通勤があるなら、たまにはストもいいもんだなー」
と縁起でもないことを言っていたけど、きっと素敵な景色なんだろうな。
機会があったら行きたいと思う。

さて、風邪はというと、激悪です。
美味しいレモン味の薬とハーブキャンディーのおかげで、
喉の痛みは緩和されて楽になったものの、
子泣き爺が背中にいるのでは?というほどの怠さ。
ボーーーっと熱い。とにかく体が熱い。鈍い。
寝ている途中に起こされた時なんて、グラグラします。

これって、、、
薬が効き過ぎ??

いずれにせよ、治っていません。
とはいえ、blogは書けているし、快方に向かっているのかな。
薬は喉の痛みを取るということに特化して、効いています。

さて、そんな最悪な体調なものの、今週末から新居。
飛行機便は既に届き、今住んでいるところに山積みになっていて、
それらを日曜日には運び、移動しようと話したいたんだけど、
なってこったい!!!
船便が23日くらいまで来ない。との連絡。
既にイギリスには到着しているけど、まだかかるとか。
「じゃぁ、しばらく新居で待たなきゃね」
なんていった直後、まずい!ということに気づいた。

家具がない。。。。

実は、こっちでは家具付きの家が多いのだけど、
私たちは家具を持ってきたので、家具なしの家を借りた。
ということは、船便が届かないと、ベッドがありません。
ということは、もちろんソファで仮り寝もできません。

床。。。。

「2人用の寝袋を1つと、1人用の寝袋2つとどっちがいい?」
そんな質問しないでください。
でも、一応考えてみる。
寝袋は暑い時、足を出したいのに出せないデメリットがある。
2人で一つでは暑すぎるよな。
やっぱ1人用、2つかな。
うーん、でも船便で前に買ったのが一つあるし、
合計3個もいらないから、やっぱりダブルかな。

あーーーよくわからん。
とりあえず、体調が正常になるまで待って、
対策を練ることにしよう。
いつまで経っても落ち着かない。


人生を変えた"The Fantasticks"が日本公演

大学1年の頃、ピアノが弾けるという理由で誘われた
初のミュージカル、それがOff BWの"The Fantasticks"。
生のピアノとハープで演奏をし、小さな円形の劇場で演じるもので、
ストーリーはロミオとジュリエットのちょっと笑えちゃう版?
あの時は1日8時間くらいピアノを練習して、
毎日毎日ジャズピアノに苦戦した楽しい日々でした。
私の人生を大きく変えた舞台のうちの一つなんです。

それが、まさかの亜門ミュージカルになり、6月にロンドンの公演を、、、
終えていた。
そして10月から日本公演がスタート。
しかもBunkamura...
うらやましすぎる。
見に行きたいです。あたし、、、。

宮本亜門さんは大尊敬の演出家さん。
スウィーニートッドの時には厳しいお言葉を頂いたことを覚えてる。
あのキャストは大竹しのぶさんがいらして、素晴らしかった。
今回は、鹿賀丈史さん(納得、きっとエルガヨの役だよね)、神田沙也加チャン(?)、、、
彼女がヒロインなんだ。そうなんだ。
バラエティでしか見た事なかったけど、きっとお母様の血を受け継いで、
美しい高音を出してくれることに期待!!
8月に記者会見していたのに、忙しくて知らなかった。
すごく興味あるけど、、、。

どうなんでしょう?
どなたか9日から公演スタートだそうな。
見た方、感想をお願いします。

、、、て、なんのこっちゃい!!

チケットはこちらから購入できます

って、回し者じゃありません。

"Try to Remember"でも聞いちゃうよ。
ああ、懐かしすぎ。。。
また、集まって何かつくりたいなー

つらつらすみません。
次回はロンドンで観たミュージカルについて書きます。

Michael Jacksonミュージカル『THRILLER Live』

まだ風邪を引く前の日曜の話。
「今日はミュージカルでも観に行こうかな~」
と、嬉しい独り言が聞こえてきた。
聞き逃しませんぞ!!

私「何にする????」
私「何にします??演目は!!!」
夫「やっぱりWickedかな~」
私「なに~~~!!!!行きたい、ウィキッドーー」
夫「貧乏学生は留守番!」

ガーン。

でも、積極的に劇場と時間、半額チケットの購入場所をチェック。
Wickedの歌を口ずさみながらも、最近気になっていたミュージカル、
そう、マイケルのスリラーを思い出した。
色んな理由で言うか迷ったけど、一応、、、
私「マイケルのスリラーもミュージカルであったよね」
目が光った。。。

「よし、スリラーに変更!!」

えーーーー。Wickedじゃなかったのー??

ということで、個人的にはオリジナルのWickedを観るべく、
心の準備と歌の復習(なぜ?)、色んな思いを馳せていたため、
自らマイケルのミュージカルを教えたことを後悔したのだけど、
タダでミュージカルに行けるのに断るわけが無い。
一張羅に着替えてピカデリーサーカスへ出かけた。

午後6時、格安チケットは売り切れ、
劇場の正規価格で2階席の先頭をゲット!
20時開演のチケットでも劇場ならギリで買える。
こんな眺めです。

Thriller01.JPG

写真は緞帳。
超クラシックな半円3階建ての劇場に、
King of POPがでかでかと映る姿は、
何とも劇場の歴史、時代の流れを感じます。
昔はいったい、どんな演目が上演されてきたんだろう。

2Fにはラウンジがあって、バーテンがお酒を出しているので、
そこでギネスとか買って、みんな劇場内で堪能。
ここはだいぶラフな格好でも入れるし、飲食できる。
子供はマイケルの格好をして観に来ていてかわいい~

ショーは幼年期のマイケル演じる男の子からスタート。
Jackson Fiveのレパートリーも豊富で、主演の子は歌がうまい!
全体的に女性のダンスはちょっと微妙、、、
夫曰く、日本の女性の方が上手らしいです。
ところが、ちゃんと盛り上げるということに関しては抜群だ。
全体的にバランスのとれた楽しい構成でした。

さらに今回はハプニングによる大サービス?があった。
マイケル役の男性、白パンタロンでダンスをした瞬間、
「あっ、、、」
陽気な音楽と主に、観客が指差し苦笑い、、、

こ、、、
股間が、、、
パックリ。いっちゃってるよ~~~ん。

残念。大事なところ、丸見えだよ!お兄さん!!

陽気な歌と共に主役はいなくなり、代わりにダンサーが数人。
その間も彼の歌は続いている。(袖で歌ってる)
数分後、新しいパンツに履き替えて登場ー!
思わぬハプニングにも歌い続け、歌いながら履いた彼に、
劇場内が大拍手!
器用ですな、プロですな。

さらに、たぶんジャネット役の女性。
今度はお腹のあたりに手を当てている。。。
(下ねた好きだなぁ)
ズルズルと落ちて行くピチピチの皮パンツ。
姉さん、腹回りの上にストッキングが見えてますって。
ちょっと体格が良すぎるジャネットは、肉がパンツを押しやって、
だんだん脱げているのだ。
それもかまわず踊り続ける。
うーん。プロですよ。

このミュージカルは細かいストーリーは無い。
マイケル役が主に3人。
マイケル歌担当が3人、ダンスが2人、そのうち、1人は両刀!
その両刀の男性、白人はもろに格好いい。
まさに、私のドストライクでした。
黒髪、緑目の彼は19歳だって!!!なんじゃそりゃ。
(ドストライクと言った自分は犯罪者の気分、、、)
この人 です。この容姿で歌えて踊れる。
なんで神は二物も三物も与えたんだろうね~

さて、マイケル好きもそうでなくとも楽しめると思う。
何より、全部生演奏で、ギターがめちゃ上手なので、
音楽を聞きに行くのでも十分楽しめる。
前日なら半額チケットも購入できるし、平日マチネならより取りやすいはず。
あまり難しいミュージカルはな、、、という方、気分の方、いい感じですよ。
しかし、歌、ダンス共に50歳までバリバリでこなしていたマイケルが、
いかに凄い人だったかを改めて感じる機会になった。

そして、初めの話に戻るけど、
言うか迷った私の予想はみごと的中。。。
帰宅後から現在進行形でウチに日系マイケルが一人いるのは言うまでもない。。。

Michael Jackson Musical
『THRILLER Live』


荷物だけ引っ越しして船で帰宅

風邪はだいぶ良くなったけど、あのレモン味の薬が効いていたかは微妙。
咳をとめるシロップを購入したけど、これは効果大だったな。
"adult MELTUS for Chesty Coughs and catarrh"
スプーン1〜2杯くらいをゆっくり飲むんだけど、胸がスカー!っとしました。

さて、本題です。
先日、船便が届かずに私たちは寝袋になるのか疑惑があったのだが、
あまりにも不憫だということで、今の仮住まいを1週間延ばしてくれた。
あぁー感謝します。

とはいえ、昨日から新しい住まいの方が入居可能。
ということで、今ある船便の箱(20箱)を新居へ!
「道が混雑しないうちに運んだ方がいいよ」という引っ越し業者のアドバイスを聞いて、朝の8時にスタート。
まっちょい男性が一人でやってきて、ちゃっちゃか運んでくれる。
でも、一人だからと思い、ついつい運ぶのを頑張ってしまった。
空いていれば車で30分だよーということで、その引っ越しトラックに私たちも乗せてもらい、一緒に移動〜
良く見ればトラックったらベンツなのね!!
ごくごく普通〜の配達車両やトラックはベンツなんだから、ここにいると日本で考える高級車の感覚は薄れて
いく。。。
アドバイス通り30分で到着、ちゃっちゃか運び出し、
あらま、1時間半で引っ越し完了〜素晴らしい!

余談ですが、良く見かける車というとアウディな気がする。
日本でいうトヨタ並みに良く走っているけど、アウディが一番好きな私にはもってこいですな。
ちなみに、アストンマーチンやロールスロイスはやはり高級なのでそんなに走っていない。

新居に置く家具なども足さなければいけないので、
前日に購入したマッチョいメジャーで採寸★
インチ中心表記のため、センチの肩身が狭く残念、、、

一通りやることも終了、お昼頃だったのでロンドンブリッジ近くのボロマーケットへ行こう!そうしよう!
Greenwich-LondonBridgeなら地下鉄より船の方が早い。
乗り換えもないし♬私は初の船体験!!
すごーい、超揺れるー絶景ー、ウチが見えるー!!
ひとしきり盛り上がり、あっと言う間に到着。
ワンコも一緒に船に乗ってて、気持ちよさそうでした。
そして、これまで「ロンドン橋落ちる〜落ちる〜落ちる〜」で有名なロンドン橋は、実は普通の橋だった事を知り、
頭に描く有名な橋はタワーブリッジという別の橋だった事を初めて知った。素敵な橋でした。
もう少し勉強しなくちゃね、、、
恥ずかしいわね、、、

さて、LondonBridgeに到着してマーケットへ行ったら、、、
閉まってる。。。
空腹で不機嫌なので夫婦で無言。
日曜日は閉まっています。皆さん、行かれる際は気を付けてくださいね。

Borough Market
地下鉄London Bridgeそば
木 11am - 5pm
金 12pm - 6pm
土 9am - 4pm

近くでパエリアを食べて帰宅、そのまま爆睡。
早く引っ越ししたいな〜

『英語』で夢を見る

予め書いておきますが、非常にくだらない内容です。
タイトルのわりに、、、。

ごく当たり前の事だが、私のいる街では日本語は通じない。
コンシェルジュのおいちゃんに無理くり日本語を教えたので、
「オハヨ〜ゴザイマ〜ス、ドウゾー」と言ってくれるようになったが、
(どんな吹き込みだって話なんだけど)
当然ながら、日常会話は英語。

「英語を毎日話すと、そのうち英語で夢を見るよ!!」
と海外経験のある友人からは聞いていたし、
実際、学生の頃にアメリカに1.5ヶ月いただけでも見た気がする。

そして、まもなく在英1ヶ月にして、初めて英語で夢を見た。

<内容>
「ねぇ、このマッシュルームをこうやって調理するとね、、、」
どうやら私は夫に一生懸命、調理法を伝えている最中。
どう話したかは記憶にないけど、英語でした。
「こうして、こうして、それでね、、、」(説明)
そして数分後、夫が一言。

「ちゃんとスペイン語で話さなきゃダメだ!!!」
(スペイン語でまくしたてた)
ガーーーン。。。

という結末。

英語で夢見たのに、スペイン語で話せって怒られてる!
意味分かんない。つうか、なんでスペイン語?
そもそも、夫婦の共通言語は日本語ですよね?
ちなみに私はスペイン語でまくしたてられたけど、
スペイン語は全く知らないです。

ちなみにマッシュルームと話す時になぜか頭の中でスペルを描いていたようで、朝起きてそのスペルが気になった。
だってさ、睡眠学習だったら凄いじゃない?
チェック、、、。
スペル違うし、、、。
誰だよ、睡眠学習とか言ってルの。
全然違うスペルで単語を覚えているようじゃ、夢中の英会話もあてにならないなー
こうして、朝からスペルの学習をするのだった。
Mashrooms
Mashrooms
Mashrooms....

次回の目標は正しい英語の夢。だな。
道のり遠そう、、、。

Recent Entries
Categories
Monthly Archives
Search this site